• キャンプや登山に関わる人々へのインタビュー記事一覧です。自然に魅せられたアウトドアフリーカー、自然と共に生きるアスリート、熱い信念を持つオーナー等、その想いやヒストリー、展望など、写真と共に丁寧にお伝えします。今後の人生の選択肢のひとつとなるヒントが、見つかるかもしれません。

職人であり、登山家でもあったからこそできた至高の山道具。シェア率90%...

いよいよ到来した雪山ハイシーズン。そんな季節に重宝する山道具を、小さな町工場から国産にこだわり続けて開発、製造しているメーカーがある。その名は、「エキスパート・オブ・ジャパン」。業界のワカンシェア率90%を誇る同メーカーの工場を訪ね、その魅力を探った。

【自然ビト #09】山は僕らにとって気分を害する出来事がない、だから落ち...

ふと目に留まった、ヤマガスキナダケさんのinstagram。奥さんや子どもと出掛けている山での出来事をイラストでコミカルに描いていて、すぐにファンになってしまいました。アウトドアが身近にあるヤマガスキナダケさんファミリーのライフスタイルの話、instagramにアップしているイラストの話などもうかがってきました。

小さい頃からの宝もので、お客さんが喜んでくれる。ネイチャーガイド熊崎さん

200の大小さまざまな滝があり、「小坂の滝めぐり」としてツアーが行われる岐阜県下呂市小坂町。 今回お話をうかがったのは、会社員を経て、慣れ親しんだその小坂町でネイチャーガイドを行う飛騨小坂観光協会の熊崎潤さん。一度は大学進学のために外に出た熊崎さんがガイドを行う理由、それは、地元愛とこの地の自然の魅力に心奪われているからこそでした。

古民家とキャンプ場のハイブリッドが生み出すもの ~埼玉県飯能市名栗「古...

古民家とキャンプ場のハイブリッド。 このユニークな取り組みを始めたのは埼玉県飯能市にある鳥居観光株式会社。同系列には関東でも有数のファミリー支持を集める「ケニーズ・ファミリー・ビレッジ」があります。 人気キャンプ場が仕掛ける新しい試みにどのような背景と可能性があるかを探ってみました。

「山に登る人それぞれに物語がある」山ノートの制作に込める思い

西日本新聞社が発行している山雑誌『季刊のぼろ*』編集部と、福祉作業所の商品をつくる「日々のてまひま」の共同開発によって生まれた”山ノート”。その制作背景と、山ノートに込める想いを、携わった方々にお聞きしてきました。(インタビュアー:株式会社ヤマップ 春山慶彦。写真撮影:株式会社グルーバー 羽田裕明) *九州・山口を舞台にした山歩き・野遊びの専門誌。創刊は2013年6月。

枠にとらわれず成長し続ける、東京発のアウトドアデザイナーズブランド「...

アウトドア界に革新をもたらし可能性を広げる、ガレージメーカー特集第7弾は、元ISSEY MIYAKEのデザイナーチームに所属していた二人が手掛ける「アンドワンダー」。始動から5年。海外進出も果たした彼らがアウトドアギア・ウェアに求めるものとは?今回はアトリエを訪問し、モノづくりへのこだわりをお聞きした。