• 関東地方
キャンプや登山入門編

千葉の高規格キャンプ場「キャンプマナビス」の人気の秘訣に迫る!

関東にあるキャンプ場といえば皆さんはどこを思い浮かべるでしょうか?千葉県の南房総・館山にある高規格キャンプ場「キャンプマナビス」は予約が取れないほど人気で、連日たくさんのお客さんでにぎわっています。そんな「キャンプマナビス」の人気の秘密について迫ります。

キャンプや登山入門編

初心者向け!都内から行ける高規格キャンプ場9選

「初めてのキャンプに挑戦したい!」というアウトドア初心者さんには、設備の整った高規格キャンプ場でキャンプデビューをするのがおすすめ。都内からさくっと行けるキャンプ場やちょっと珍しい設備があるキャンプ場まで、厳選した9つのキャンプ場を詳しくリサーチしてみました。

キャンプや登山入門編

初心者に嬉しい!都心から1時間で行ける高尾山登山コース徹底ガイド

都心から電車で1時間で行ける高尾山。たくさんの見所があり、四季折々の自然を気軽に感じることができ、初心者から上級者まで楽しめる山です。高尾山には八つの登山路があり、それらを自由に組み合わせて登ることができます。今回は、高尾山の登山コースと見所をご紹介します。

キャンプや登山入門編

都内のおすすめアウトドアショップ17選!アウトレットもご紹介!

アウトドア初心者にとって、最初の壁である登山やキャンプ用品の購入。どこのお店に行くべきなのか、たくさんの店舗があって迷う方も多いのではないでしょうか。今回はそんなアウトドア初心者のために、登山やキャンプ用品が買える東京都内の人気アウトドアショップを17店舗ご紹介します。

体験レポート

【忘れがたいあの道を、もう一度】 #26 山梨県・パノラマ台、手軽だけど大...

物語の伝わる低山里山、神気に満ちた山岳霊峰を歩いている低山トラベラーです。日ごろ気がつくと思いを馳せる、忘れがたいトレイルってありますよね。低山ときどき高山で出合った、もう一度歩きたい“あの道”のことを、さっと書き留めていきます。 執筆:大内 征/低山トラベラー

インタビュー

Moonlight Gear千代田さんが辿り着いた“ちょうどいい、高尾”の山麓暮らし

新宿から約1時間。東京屈指の人気低山「高尾山」。週末ともなれば老若男女の登山客でごった返すものの、駅前から少し離れてみれば静かな住宅街が広がる。そんな高尾山の麓で家族と共に暮らすMoonlight Gearの千代田さんに高尾暮らしの魅力を聞きました。

インタビュー

奥多摩から八ヶ岳へ。総距離186kmを10日間歩き抜いた“縦走ガールズ”に聞く...

2019年6月にYAMAPに投稿された活動日記、『奥多摩駅から松本駅を10日間で繋ぐ 奥秩父主脈 八ヶ岳主脈 中央分水嶺 ロングトレイル』。その偉業を成し遂げたのは、なんと登山歴4年という女子2人組でした。どうして10日間も歩こうと思ったのか、どんな装備で?? “縦走ガールズ”にその裏話を伺いました。

インタビュー

人に教えたくない、奥多摩の隠れ家。自分のペースを取り戻すために。絶景...

絶景の奥多摩湖を臨むカフェ「インディゴブルー」が今、奥多摩の新名所として密かに話題を集めている。都会を抜け出して気軽にチルアウトしている利用客が多いそう。一瞬で心身ともにリフレッシュできる、東京の異世界。 「インディゴブルー」をライフスタイルに取り込んでみよう。

インタビュー

東京・御岳、中古アウトドアギア専門店を立ち上げた店長が語る「ギア愛」:...

東京・御岳店をはじめ、吉祥寺店、奥多摩店と3つの店舗でビジネスを展開する中古アウトドアギアのショップ「maunga(マウンガ)」。 彼らはなぜ中古のギア販売に力を入れるようになったのか、また、ギア好きならではの葛藤、ギア選びの極意などについて、話を聞いていく。

インタビュー

憧れを現実に。普通の会社員だったカヌーイストが「至上の暮らし」を手に...

東京のど真ん中で一般企業に勤めるサラリーマンが、 どうやって、奥多摩の緑に囲まれて暮らす木工職人となったのか。 原動力となったのは、自分のなかに芽生えた現代社会に対する違和感。 自分の「好き」を手放さず素直に生きてきた羽尾芳郎さんに、 人生を楽しく変えていくためのヒントを、聞き出していこう。