• インタビュー
  • キャンプや登山に関わる人々へのインタビュー記事一覧です。自然に魅せられたアウトドアフリーカー、自然と共に生きるアスリート、熱い信念を持つオーナー等、その想いやヒストリー、展望など、写真と共に丁寧にお伝えします。今後の人生の選択肢のひとつとなるヒントが、見つかるかもしれません。

焚き火好きが作った、焚き火好きのためのブランド「IRON CRAFT」

アウトドア界に革新をもたらし可能性を広げる、ガレージメーカー特集第8弾は、instagramをきっかけに火がついた、焚き火を愛する人のブランド「IRON CRAFT」。焚き火のシーンを考え尽くした唯一無二のギアを作る同ブランドの背景、そしてこだわりをうかがってきました。

焚き火料理を存分に楽しむために生まれたギア『IRON CRAFT(アイアンクラフト)』の『ITADAKI』

キャンプの一番の醍醐味として、焚き火をあげる人は多いのではないでしょうか。

その焚き火をメインとしたサイト作りのために、そして、焚き火料理を存分に楽しむために生まれたギアが、instagramによってたちまち広まり、焚き火フリークたちの人気を集めています。

『ITADAKI』

鉄製の圧倒的な存在感を放つこのギアを生み出したのは、新進気鋭のガレージブランド『IRON CRAFT(アイアンクラフト)』。

今回、静岡県・菊川市に工房を備えるIRON CRAFTの店舗にお邪魔し、そのギアへのこだわりをうかがってきました。

 

焚き火料理が好き。味がぜんぜん違うんです

店舗に入った瞬間から、「あ、ここ好きだ」と感じざるを得ないのではないでしょうか。店内はビンテージランタンやこだわりのギアが飾られ、その中で黒く、強く佇むIRON CRAFTのギアたち。キャンプ好きには、これを見ているだけでたまらない空間でしょう。

 

——実物を見たのは初めてなのですが、もう既に欲しくなりました。

ありがとうございます(笑)。おかげさまでどのギアも好評で、ITADAKIは1週間に10台ほど作っています。きっかけはinstagramのキャンパーたちの間で一気に広がったんです。

instagramはすごいですよ。キャンプの最新ネタが日々飛び交っていますし、彼らの聖地であるふもとっぱらに通って、よく一緒にキャンプをしています。

 

——編集部もinstagramを見ていてITADAKIを知りました。でも山内さん自身は元々というか、今もサラリーマンだとうかがいました。

そうなんですよ。でもキャンプは昔から好きで、入り口は釣りでした。初めて釣ったのがイカだったんですけど、それが本当においしくて。

お話をうかがった、IRON CRAFTの山内さん

 

お話をうかがった、IRON CRAFTの山内さん

 

——釣りからキャンプが好きになって、そこから自身でギアを作るって相当だと思っているんですが、どういった経緯があったんですか?

キャンプで使えるラックを探していたんですけど、良いサイズのものが見つからなかったんですよね。焚き火のブランコも欲しかったですし、知り合いから既存のギアと同じものを作ってくれって言われたりもして。

でも調べていたら、やっぱり権利の問題でそっくり作るのはNGで。だったらオリジナルで作ろうと思って作ったのがITADAKIです。

IRON CRAFTの代表作であるITADAKI。これ一つで焚き火も調理も思いのままだ

 

IRON CRAFTの代表作であるITADAKI。これ一つで焚き火も調理も思いのままだ

 

——作ってみようと思っても、誰でも作れるわけではないと思いますが、何かものづくりについて以前から携わっていたんでしょうか?

仕事でやっていたわけではないですが、昔から手先が比較的器用だったというのはあります。学生時代も図工や美術が得意でしたし、キャンプに限らず自分で何か作ることは昔からやっていて。

 

そのルーツはと言えば、地元が富士の山奥で、小さい頃からナタで木材を切っていたり薪風呂に入っていたりしたんですよね。親の仕事がプラモデル関連の仕事だったんですが、余ったのを持ち帰ってきてもらって作っていたりもしました。でも同じ種類のものばかりで飽きちゃうから、自分でカスタマイズしたり。

工房にあるワークスペース、ここから類い稀なギアが生まれる

 

工房にあるワークスペース、ここから類い稀なギアが生まれる

 

——小さい頃から、自分で火を焚いたり、何か作り出すことが生活の一部になっていたんですね。

関連記事一覧