こんにちは!.HYAKKEIライターの佐久間亮介です。今回は、キャンプ場へ行く前に!キャンプ初心者が揃えておくべきキャンプ道具って何なのかを紹介していきます。

絶対にこれは必要!というキャンプ道具。

テント

絶対にこれは必要!というキャンプ道具。|「キャンプって何が必要なの?キャンプ初心者が買うべき道具とは?!」の2枚目の画像

キャンプをするときに寝るのはテントですよね。キャンプをこれから始めてみたいと考えている初心者の方は、まず各キャンプメーカーから販売されているエントリーモデルのテントを買いましょう。おおよその購入金額は1万円~4万円前後です。

寝袋(シュラフ)

絶対にこれは必要!というキャンプ道具。|「キャンプって何が必要なの?キャンプ初心者が買うべき道具とは?!」の5枚目の画像

「キャンプ=寝袋で寝る」というイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、その通りです。
寝袋は、夏用・3シーズン(春夏秋)用・冬用などいくつか種類がありますが、キャンプへ行く予定の季節に合わせて購入しましょう。
また、寝袋の素材はダウンと化学繊維に分けられます。初心者の方が手にするのは、扱いやすく比較的安価な化学繊維系の寝袋になるかと思います。

マット

絶対にこれは必要!というキャンプ道具。|「キャンプって何が必要なの?キャンプ初心者が買うべき道具とは?!」の8枚目の画像

これが意外と重要なキャンプ道具です。っといいますのも、テントで寝るということは、地べたに寝るということとほとんど同じということだからです。
想像してみてください。土の上で寝ると固くて痛いですよね?キャンプ初心者の方はマットの重要性を見逃して悲惨な思いをされる方が多いです。
そうならないためにマットは必ず持って行きましょう。極端な話、家で使っていないマットレスを持って行ってもいいです。実際にそういう方もいらっしゃいます。

テーブル、チェア

絶対にこれは必要!というキャンプ道具。|「キャンプって何が必要なの?キャンプ初心者が買うべき道具とは?!」の11枚目の画像

皆でBBQやご飯を食べるにしても必ず必要になってくるのがテーブルとチェアです。
折りたたむとテーブルの中にチェアが収納できる一体型のものもあれば、別々のものもあります。大きさや素材によって値段が大きく変わりますので、積載する車の大きさや人数によって選ぶようにしましょう。

BBQグリル

絶対にこれは必要!というキャンプ道具。|「キャンプって何が必要なの?キャンプ初心者が買うべき道具とは?!」の14枚目の画像

「キャンプってBBQを楽しむんでしょ?」
そう考えている方、まずはそのままのイメージでキャンプ場へ行ってみましょう!もちろんキャンプでするBBQはすごく楽しいです。
しかし、キャンプ初心者を抜けだしたキャンパーはバーナーを買うようになります。これも実際にキャンプ場へ行ってから気づくことですので、まずはBBQを楽しむためにBBQグリルを買いましょう!

ランタン

絶対にこれは必要!というキャンプ道具。|「キャンプって何が必要なの?キャンプ初心者が買うべき道具とは?!」の17枚目の画像

電池やガス、ガソリンなど燃料によってランタンは種類分けをされることがほとんどなのですが、キャンプ初心者の方は扱いやすい電池式のLEDランタンを購入しましょう。1家族1個といわず2〜3個あって十分なくらいですよ。

家にあるものでも代用可能な道具。

包丁や鍋などの調理用品

家にあるものでも代用可能な道具。|「キャンプって何が必要なの?キャンプ初心者が買うべき道具とは?!」の2枚目の画像

キャンプ用品メーカーからも販売されていますが、まずは家にあるものを持ちだして使っても全く問題ないです。包丁、まな板、鍋、プライパン、トング。この辺りが一通りあればキャンプを楽しめますよ。ただし、炭火に対応していないプライパンや鍋をBBQで使うと真っ黒にすすけたり、使い物にならなくなる可能性がありますので、その点は注意が必要です。

カセットコンロ(バーナー)

家にあるものでも代用可能な道具。|「キャンプって何が必要なの?キャンプ初心者が買うべき道具とは?!」の5枚目の画像

BBQグリルのところで述べましたが、バーナーは必ず必要かといえばそうではありません。しかし、キャンプに慣れてくると欲しくなるアイテムであることは間違いないです。
もし余裕があるならばキャンプ用のバーナーを購入し、そうでない場合は自宅で使用するお鍋用のカセットコンロを持ちだしても全然問題ないです。

お皿、コップ、お箸

家にあるものでも代用可能な道具。|「キャンプって何が必要なの?キャンプ初心者が買うべき道具とは?!」の8枚目の画像

この辺りの物は家のものを代用してもいいですし、初めてキャンプをする方は紙皿や割り箸でもいいでしょう。道具にお金をかけるよりも、まずはキャンプ場へ行ってキャンプの雰囲気を掴んでください!キャンプに慣れたら道具を購入し、ゴミをなるべく出さないように配慮しましょう。

まずはキャンプ場でレンタルするのが一番かも?!

まずはキャンプ場でレンタルするのが一番かも?!|「キャンプって何が必要なの?キャンプ初心者が買うべき道具とは?!」の1枚目の画像

ここまでキャンプに必要な道具、家のものでも代用できる道具を紹介してきましたが、どれだけ安く揃えても最低で4〜5万円ほど初期費用がかかります。
年に何度か、そしてお子様が大きくなるまで何度もキャンプをする予定の方はお気に入りのキャンプ道具を購入された方が結果的には安く、楽しいキャンプをすることができます。
しかし、まだやるかどうかもわからないのに数万円もお金をかけるのはなー・・・と思う方もいらっしゃると思います。
そういった方はキャンプ場の手ぶらレンタルセットを利用しましょう!
場所によってその内容は異なりますが、「テント、マット、寝袋、テーブル、チェアのキャンプ初心者向け手ぶらセット」を準備しているキャンプ場もたくさんあります。
レンタルは5,000円〜フルレンタルセットで10,000円程度のところがほとんどです。
ぜひぜひ、まずはこのレンタルセットを利用してキャンプの雰囲気を感じてみてください。


いかがだったでしょうか?
キャンプは本来お金のかからないレジャーですが、キャンプの魅力にハマっていくとどんどんキャンプ道具が欲しくなるものです。(笑)
自分ですべて揃えるも、レンタルを利用するのもどちらでも結構です。まずはキャンプ場へ行ってキャンプをし、自然の中で過ごす時間を楽しみましょう!

この記事を書いた人

佐久間 亮介

日本全国キャンプ場と名所を巡りながら旅する旅人。月間50万PVのキャンプブログ「http://camp-in-japan.com」を共同運営。 キャンプでたくさんの笑顔が生まれたらいいなーっと思いながらブログを書いてます!

関連トピック

トピックから記事を探す

 次の記事へ 
佐久間 亮介

キャンプをより身近に、たくさんの人に!

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

もっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

New Posts

最新の記事

もっと見る

特集

特集・連載コンテンツ

もっと見る

トピック一覧

トピックから記事をさがす

もっと見る
▲TOPへ

ログイン

コメントを投稿するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

ログイン

コメントを通報するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

コメントを投稿

このコメントを通報する