• インタビュー
  • キャンプや登山に関わる人々へのインタビュー記事一覧です。自然に魅せられたアウトドアフリーカー、自然と共に生きるアスリート、熱い信念を持つオーナー等、その想いやヒストリー、展望など、写真と共に丁寧にお伝えします。今後の人生の選択肢のひとつとなるヒントが、見つかるかもしれません。

世の中にない、自分たちが欲しいギアを作る。ペレグリン・ファニチャーの『モノづくりへのこだわり』とは?

様々なアウトドアスタイルが生まれ、それと同時に、独自の世界観を持ち確かなギアを生み出すことで注目を浴びているガレージブランド。中でも、近年のアウトドアブーム以前から木材を用いたギア作りをしているのが、ペレグリン・デザイン。二人三脚でモノづくりを行う見城さんと阿久津さんに、その想いやプロダクトへのこだわりをうかがいました。

何もないところからのスタート。あるのは好奇心。

——本日はよろしくお願いします。まずお聞きしたいのが、見城さんは今もプロカメラマンだそうですね。カメラマンである見城さんが何故このようなガレージブランドを立ち上げられたのでしょうか?

見城さん(以下見城):今でこそ、沢山のメディアがアウトドアに関する特集を組んで取り上げるようになりましたが、そうなる前からアウトドアが好きで、キャンプや登山などをしてました。

その頃、アメリカのByer(バイヤー)というアウトドア家具のブランドが、主に広葉樹を使ったアメリカ産らしいどこか大らかで優しい風合いの家具を作っていたんです。知人が使っていて、いつか自分も欲しいなと思っていたんですが、バイヤー社がアメリカでの家具の生産をやめてしまって、アメリカ産の気に入っていたものが手に入らなくなってしまっいました。

それと同じ時期に、同じくアメリカ製のカーミットチェアというバイク乗りのための組み立て式の椅子に出会ってしまいまして、これがまた風合いも良くてほんとうに良く出来ていたんですよね。本当に感激して、色んな人に勧めてました(笑) で、日本製で似たようなものがあるかなって思い、調べてみたんですが、日本のものでそういう外遊び用の木の家具みたいなものが全然見つからなかったんです。日本は国土のほとんどが森林なのに、どうして作っているところがないんだろう?と思っていました。

それで、『無いのなら自分で作ってみよう』という考えに至ったのが作り始めたきっかけでした。当時登山などをしていて、荒れ果てた里山とか森林を見て気になっていたので、植林された針葉樹も使って作れないものかな、という想いもありました。

ペレグリン・ファニチャー 見城 了さん

ペレグリン・ファニチャー 見城 了さん

——立ち上げは見城さんお一人で行ったんですか?

見城:最初は僕1人の趣味みたいなものでした。何の知識もコネクションもないので、ホームセンターで購入した木材などを使ってベランダで作っていました。それで「こんなことしたいんだよね」と周りに話しているうちに、友人から家具製作の経験もある阿久津くんを紹介してもらったんです。

阿久津さん(以下阿久津):無垢の木材を使った家具は好きだったし、日本の森林の問題ももともと頭にありました。だから想いにはすぐに共感したのですが、何よりも、精度はさておき既にプロダクトの形としてはできあがっていたので、見城くんの“勢い”を感じました(笑)

ペレグリン・ファニチャー 阿久津 創さん

ペレグリン・ファニチャー 阿久津 創さん

“ペレグリン”の由来、ノマドスタイルの提案

——かなり「ビジョン重視」の立ち上げだったんですね。ブランドの遍歴ってどういったものだったのでしょうか?

見城:2008年頃からはじまったのですが、始めはサークルみたいなノリで「世の中には無いけど、こういうのあったら面白いよね、というところから始まりました。テレビで圧縮杉を知って色々調べて、取引を始めるにあたって飛騨高山の工場まで皆で見学に行ってみたり、 阿久津くんの知人の茅ヶ崎の大工さんの工房に、片道2時間くらいかけて通って試作品を作ってましたね。2009年に、まだ試作品しかなかったのですが、目黒にあるホテルCLASKAさんのイベントで展示してみない?と友人に誘われまして。そこが外部への露出デビューだったと思います。

阿久津:2010年にはこれまた知人に誘われて、河口湖のPICAさんでのイベントでテーブルを展示させて頂きました。そこで初めて実際に購入してくれた方とかもいて。 そうやって外部に出来上がったものを露出していくのと同時進行で、量産が可能な工場を探しました。

見城:阿久津くんは、本職が建築とか店舗の内装のデザイン・設計・施工なんですが、以前は家具作りもやってたので、家具の工場周りにも色々とコネクションがあって本当に助かりました。

——ブランド名である“ペレグリン・ファニチャー”の由来って何だったのでしょうか?

見城:“ペレグリン (Peregrine)”は、鳥の“はやぶさ”という意味があるんですが、他にも、放浪する・さま よう・ぶらつく、といった意味もあって。中学生の頃になんとなく辞書を眺めるのが好きで、その時にこの言葉を知ったんです。で、その時いつか何かに使えたら良いなぁと思っていたのを、ふと思い出しまして。キャンプって、言ってみればノマドスタイルに近いと思うんです。毎週末に、違う方角の違う気候の、違う眺めの場所へ行って寝泊まりが出来るっていう。

阿久津:前に行ったことのあるキャンプ場にまた行ったとしても、同じ場内でもどこが良いかな?って、 また違う場所を探したり。移動しながら場所にとらわれない自由なスタイルなんですよね、キャンプって。

見城:そのための家具や道具を作りたい。それで覚えていた“ペレグリン”っていう言葉がぴったりだなと思い名付けました。キャンピングカーもすごく流行って来ていて、そういう移動しながら生活する自由なスタイルって、日本でも結構認知されてきていると思うし。 因みに、本当はペレグリン・ファニチャーではなくて、ペレグリン・デザインなんですけどね(笑) すっかりファニチャーが市民権を得てしまいましたが。。

流行り廃りは追わない。プロダクトの開発におけるこだわり

ブランドとして最初のプロダクトであるウイングテーブル

ブランドとして最初のプロダクトであるウイングテーブル

——お2人の役割分担ってどうなっているのですか?見城さんが企画を考えて、阿久津さんがデザインをするのでしょうか?

見城:僕1人で考えていても煮詰まって行き詰まるので、その都度阿久津くんに相談するようにしています。違った角度から新しいアイデアを出してくれることもあるし、その道のプロだったので、先ず実現可能かのジャッジメントと実現方法を考えてくれます。素人の考える絵空事を具現化してくれると言うか。
でも、素人目線を忘れてしまうと新しい物は生まれない、と思っているので、それは忘れないように心掛けてはいます。

阿久津:ただの真似ではなく、ありそうでなかったものとか、ちょっとした新しさを付け加えられたらな、 とはいつも考えています。木という材料と、折り畳みできるという機能って、世の中に出尽くされているのでそこにどんな新しさを加えられるだろうか?と。

見城:木と革って、太古からずっと使われてきているものだから、広げられる幅、余白というのが本当に少ないよね。僕達みたいな小さなメーカーだと尚更。だから、0から1を生み出すことは到底できないので、できるだけ色々なものを見て、アイデアやギミックをストックしておいて、いつでもつなぎ合わせられるように、とは思っています。

——その上で、ペレグリンファニチャーの“らしさ”というとどういったものになるのでしょうか?

阿久津:国産、日本発というのはひとつあります。冒頭にも話があったけど、日本の森林資源を活かせたら良いな。木を使って良い循環を生み出したいという気持ちがあるので。植えられた木を使い、地域にお金が回って、また木を植えて、、、と、そういう循環です。

関連記事一覧