• ハウツー・まとめ
  • キャンプに関するハウツー記事一覧です。タープやテントの建て方、ロープの結び方、焚き火の起こし方、ギアの使い方といったキャンプで役に立つアウトドア基本情報から、チルなキャンプ時間を過ごすヒントまで、初心者の方から上級者の方向けに丁寧にご紹介します。

ハンモック泊の場所選びから設置まで〜アウトドア歴40年の達人に訊く〜

ベテランの人と一緒にできれば良いけれど、身の回りにそんな人はいない。なんとなく見た目や説明書通りにやっていれば形になっちゃう。

キャンプを始めた方の中で、そういう方も多いのではないでしょうか?けれども正しい知識と正しいやり方で行うと、ぐっと楽に、そして楽しくなるのがキャンプ。

なんとなくなぁなぁでここまで来ちゃったという方、
キャンプ始めてみたいけど詳しい人が周りにいないからわからないという方、
そんな方々にお届けする「アウトドア歴40年の達人に訊く!」連載です。

ハンモック泊の達人はアウトドア歴40年の寒川一さん

教えていただくのは、アウトドア歴40年の達人、寒川一さん。
神奈川県の三浦半島を拠点に、災害被災時に役立つアウトドアのノウハウを、楽しく、実践的に学ぶ体験型の防災キャンププログラムを提案する「STEP CAMP」を運営し、焚き火カフェというユニークな取り組みもされています。

そして教えを仰ぐのは、フードディレクターのさわのめぐみさん。
さわのさんは、物語に登場するお料理を再現、アレンジするなど、お気に入りの物語にもう一味加えた楽しみ方を提案する「ものがたり食堂」を定期開催されています。料理のプロだけど、キャンプは完全なる初心者。この連載でキャンプのいろはを学び、立派なキャンプ飯を作るのが裏ゴールです。

今回のテーマは、アウトドアの名脇役、ハンモック。あるのとないのとでは快適さに雲泥の差が出るハンモックですが、意外と知らない?正しい楽しみ方を教えていただきました!

ハンモック泊のやりかた

STEPは全部で8つ!さぁそれでは見ていきましょう。

STEP1:場所選び

まずはハンモックを張る場所選び。そこから見える景色や風通しなど、好みは色々あると思いますが、ここでは誰でも快適に過ごすベースとなる選び方をお伝えします。

木と木の間隔

高くなり過ぎず、低くて地面に付くことがなく、きれいな放物線を描けるのは5メートルが目安。もちろんハンモック自体のサイズにもよるところではありますが、大体の目安として覚えておきましょう。5メートルというと感覚で分かりづらいですが、一般的な車が入るくらいの間隔だと思ってください。

ちなみにベテランになると「ハンモック目」とやらが養われるようで、感覚でハンモックに最適な場所が掴めるそうです。その目、是非とも持ちたい!

木の太さ

目安としては、両手で木の幹をつかんだ時にいっぱいの太さかどうか。太い分には良いですが両手よりも細い場合は心もとないです。

木の丈夫さ

木が腐ってないか、立ち枯れていないかも確認しましょう。負荷をかけた時にボキッと折れてしまうと危険です。

地面のコンディション

まず見るのは、柔らかいかどうか。ここが固かったりコンクリートだったりすると落ちた時などに危険です。

そしてもう一つ大事なのがフラットかどうか、ということ。
仮に斜傾になっていると一見乗りやすいように思えるかもしれませんが、降りた時に勢いよく転げ落ちてしまうことも。乗るまでではなく、降りる時のことも考えた場所選びが大事です。

STEP2:ツリーウェアで木を保護

場所の条件がクリアできたら、いよいよハンモックを張っていきましょう。

まずはじめにすることがツリーウェアといういわゆる木の保護パットを巻いてあげます。これは木に負担をかけないためにも重要な養生処理です。

ここがハンモックの頂点になりますが、高さの目安はちょうど目の高さくらい。この高さだと、ここを起点に放物線を描き、真ん中の一番低い部分が腰の位置くらいの高さになるんです。そうすると座りやすいというわけですね。

この高さがうまくいかないと何度もはり直すことになるので、意外に重要なポイントです。

これで木の養生はOKです。
皆さんはこの処理をしっかりされていますか?自然あっての楽しみなので、しっかり保護してあげましょう。

STEP3:事前に設計を描く

ツリーウェアを巻いたらハンモック本体を張っていきます。

ハンモックには、布地のブラジルタイプと手編みのメキシコタイプの2種類あります。今回は寝心地の良いメキシコタイプを。

先端の輪っかになっているところを「アイ」と言いますが、取り出す時はこのアイを持って取り出すのがポイント。ハンモックはサイズが大きいので、こうして両端を重ねた状態で出せば絡まらずに済みます。

ハンモックを出し終えたら、まずはこうして設計の全体絵を描きましょう。そうすることで縛る位置や、真ん中の座る位置の高さのイメージを湧かせることができます。よく気が早まってすぐに張ろうとしてしまいがちですが、そうすると何度もやり直したりすることになります。

STEP4:ハンモックを吊るすロープを結ぶ

設計を描けたらロープを木に結んでいきます。

アウトドアロープはシンプルな1本ですが、これを真ん中で単純に半分に折っておきます。

先に巻いたツリーウェアの中央をぐるりと周回させ、

先ほど折ってできた輪にもう片方を通します。

出来上がりはこちら。シンプルで簡単ですね。

STEP5:ハンモックとロープを繋げる

吊るすためのロープを木に結んだら、続いてハンモックと繋げます。この繋げる際の結び方が大事なポイント。簡単で強力なロープワークをご紹介します。

関連記事一覧