• ハウツー・まとめ
  • キャンプに関するハウツー記事一覧です。タープやテントの建て方、ロープの結び方、焚き火の起こし方、ギアの使い方といったキャンプで役に立つアウトドア基本情報から、チルなキャンプ時間を過ごすヒントまで、初心者の方から上級者の方向けに丁寧にご紹介します。

初心者のためのブッシュクラフト入門#03|ライターやマッチなしで火をおこす方法を学ぼう

こんにちは、フリーライターの古性のちです。初心者のためのブッシュクラフト入門も、いよいよ今回で3回目を迎えました。

・第1回『「ブッシュクラフト」って何?自然と遊びながら学ぶ、生きるために必要な’5つのこと’』はコチラ
・第2回『体温を守るためのシェルターを作ろう』はコチラ

生きるために必要な知識、シェルターの作り方…ときて、3回目は火のおこし方を学びたいと思います。引き続き教えてくださるのは、サバイバル・インストラクターの川口 拓さん。

川口 拓(かわぐち たく):
1971年生まれ。2001年より WILD AND NATIVE を主催、2013年、一般社団法人危機管理リーダー教育協会を設立。現在も自分で学びながら、ネイティブアメリカンの大地と共に生きる術、哲学、アウェアネス(原始の感覚の使い方)、サバイバル技術などを、一般の方々から現役自衛官、警察官の方々に至るまで、幅広く共有している。

川口さん、どうぞよろしくお願いします!

はい! 今日はよろしくお願いします。

今日はちょっと曇りで、お天気がしゃきっとしませんね。

ですね。でも、雨上がりの森も良いでしょう?

うんうん。マイナスイオンたっぷりな感じです。

早速ですがのちさん。最初に教えた「人間が生きるために必要な5つのこと」って覚えてますか?

えーと…シェルターでしょ、食でしょ、あとは……ぬくもり……?

シェルターとぬくもり、一緒ですね(笑)

ぬくもりを保つために必要なものは……

火だ!

ですね。あとスーハースーハー普段吸っているものは……

空気!

ですね。

なんか思い出してきました。えーと。シェルター、食、空気、火……あと水

正解です。食・火(光と熱)・空気・水、そしてシェルター。これが、人間が生き残るために必要な5つの要素ですね!

今日はその中の、ぬくもりを保つために役立つ「火のおこし方」と、その火を使った「簡単な食事の作り方」を学んでいきたいと思います。

お、一気に2つも学べるんですね。レベルアップして帰りたいと思います。よろしくお願いします!

ライターやマッチ無しで火を起こす方法を学ぼう(雨上がりバージョン)

ちなみに今回は雨上がりなので、濡れている薪しか見つからないと思うので、その際の焚き火の方法をレクチャーしていきたいと思います!

お願いします!

その1. 火をおこす材料を調達しよう

まず、火をおこすために必要な、薪集めから始めていきましょう。

薪の材料になる枯れ枝は、森の中を少し歩けば大量に見つかります。でも、実はそれを集めるだけだとあまり薪には向いてないんです。

そこで、のちさん。枝を集める上で大事なポイントって何かわかりますか?

うーん……そうですね……。長さ? とか? あまりに短いと、すぐに燃えてなくなってしまうのかなーって個人的には思ってます。

確かに。短い木だと少し不安は残りますよね。でも、実はそこじゃないんです。

ちょっと足元を見てみてください。そこらじゅうに、枝が落ちていますよね。

はい!

それに少しだけ触ってみてもらえますか?

お……? 雨に濡れたみたいに、ちょっとしっとりしてるかも……?

ですね。今度は、その木を少しパキッと折ってみてください。

えいっ。あ、中も結構しっとりしてます。

そうなんです。地面にすでに落ちている木は、こんな風に地面の湿気を吸って湿ってしまっていることも多かったりします。すでに土に還る過程に入っているんですね。そうすると、火がつきにくかったりするんです。

なるほど。よくキャンプとかで焚き火を作ることもあったんですけど、なかなか火がつかなかったのはこういう原因もあるのかも……。

ではどうするのが良いか。1番良いのは、立ち枯れした木を見つける方法です。

立ち枯れ?

です! 聞きなれない言葉かもしれませんが、すでに枯れているけれど、立っている木のことですね。そういう木たちは地面の湿気を吸っていないので、焚き火にはうってつけの薪になります。

ただ、「まだ倒れていないものを薪として使うのはどうなのか」という意見も出ていたりするので、その辺りは個人の裁量で……という話になってしまうかもしれません。

なので今回はひとまず、比較的乾いていそうなものを持って帰ってみましょう!

はい! そしたら集めちゃいますね。

濡れてしまっていますが、スギの枯葉も着火剤として優秀に機能してくれるので、一緒に持ち帰りましょう。

その2. 火床を準備する

さて、薪になる素材が集まったら、今度は火床を準備していきます。

のちさん、火が燃えるために必要不可欠な要素は何だかわかりますか? 3つあります!

うーんなんだろう。酸素? は何となくイメージがわきます。でもあとの2つがわからない…。

酸素は正解! あと2つは熱、そして燃料が必要です。この3つが揃うと火は燃えるんですね。火床はこれらのうち、熱をより大きくしてるものなんです。熱が高い焚き火は、ひんぱんに世話をしてあげなくてもしっかり燃えてくれるんですよ。

今回はオーソドックスなすり鉢型を作っていきましょう! 簡単にできます。

はい! 簡単大歓迎。

こんな風に、簡易スコップでザクザク穴を掘っていきます。この形は中心に向かうほど低くなるので、燃えてできた熾(赤く熱した炭火)が中心に集まって熱量をより大きくしてくれるんですよ。エコでしょう?

よし、こんなもんかな。のちさん、石を拾ってきて敷き詰めてください!

はーい!

大きめの石は周りを囲うように。小さな石は熱量を高めるために、中に敷いていきます。

外側の石、こんな感じでどうですか?

ばっちりです! ぎっしり詰めてくださいね。

火床は少し深めに掘ったほうが、足元がもっと暖かくなるのでオススメです。

その3. 集めた枝とスギの枯葉をセットする

火床の準備ができたら、今度はさっき拾ってきた木たちから焚き付けを作ります。

焚き付け?

いちばん下の部分に引いて、火をつけるお手伝いをする子たちですね。

その上に鉛筆の芯から、太くても鉛筆の太さ以下の小枝を置きます。それから一番下の杉の枯葉の下には、二センチくらいのスペースをあけておきます。そこにこのあと紹介する着火剤を入れますよ。

縁の下の力持ち的な感じですね。

ですね! スギの枯葉はよく燃えるので、用意しておくと何かと便利ですよ!

その4. 着火剤を用意する

今回は着火するためにこんな材料を用意してみました。

時計回りに、ワセリン・アルミホイル・コットンです。

めっちゃシンプル。というか、ワセリンで燃やせるんですね。知らなかった。

ね。普段アウトドアをやっていないと、なかなかこれが着火剤と結びつかないかもしれない。

ちなみにリップクリームなんかも、欧米では着火剤としてよく用いられています。

えー! リップクリーム!? あれに火がつくイメージがまったくわかない……。

今度ぜひ試してみてください!

今日は、このワセリン・アルミホイル・コットンで、コットンボールを作ります。

作り方はとっても簡単。ワセリンをコットンで包んだものを、アルミホイルでさらに包むだけで完成です!

アルミホイルに包んでおくと、持ち運ぶ際にとても便利。僕はこれをいつも常備しています。くるっと丸められたら完成!

その5. 火をつける

それでは、いよいよ着火に移りたいと思います。

ついに! 着火タイム!

いろんな方法がありますが、今日はメタルマッチという着火方法にチャレンジしましょう!

ライターやマッチと比べると少し着火が難しいのですが、ブッシュクラフトの定番アイテムなんです。

こんな棒で本当に火がつくのでしょうか…!?

大丈夫! まずは先ほどのコットンボールのアルミを少し開いて、メタルマッチの先っぽをワセリンの中に突っ込むようなイメージで……

なるべく長いストロークを意識して、最後だけ力をぐっと込めて、火花を散らします!

難しそう……いきますよーっ えい!

シュボッ

え、すごい。一瞬でつきました。

素晴らしい! 着火には少しコツがいりますが、火口が着火しやすいものであれば、スムーズに火をおこすことができます。

そしてその火を、組みあがった細い枝たちの下に入れます。

わ、なんかすごい煙が出てます…!

枝が湿っていた証拠ですね。蒸発しているんです。

ふああああぁああ……めっっっっっっちゃあったかい……。

焚き火のコツは、しっかり薪を組むことにつきます。あらかじめ組んでおくと、中心だけ燃えていても周りに置いてある薪にも熱が伝わるので、湿り気を乾かしてくれるんです!

そうすると、薪が湿っていて火がつきにくいときなどは、ありがたいですよね。

いかに最小限のパワーで熱を伝えるかがカギになってくるんですね……!

良い感じに火が安定してきました!

その6. 料理を作ってみる

さて。ここら辺で、ちょっと小腹空きませんか?

めっちゃ空きました。ずっとぐーぐー鳴ってます!

せっかく火も綺麗におきたし、ここら辺でお手軽なキャンプご飯をご紹介したいと思います。

わーいやったー!

使う材料はこんな感じ。ぎゅっと鍋の中に必要な分だけ詰めて持って行くのがオススメです。

今日はちょっと、イタリアンなリゾットを作ってみたいと思います。

まな板は先ほど焚き火をおこしたときに使った木のあまりを使いましょう!

ナイフで表面をそぎ落として、鍋の上に置くとまな板に早変わりします。

すごい。めっちゃ便利。

必ず毒ではない木を選びます。杉などが妥当でしょう。

その際、木の先も皮を削っておくと、まな板兼かき回す棒として大活躍します!

本当だ! 1個で2つの機能を果たしてくれるわけですね。

しかも、使いやすい。

今回は鍋や飯盒を使っていますが、この要領で食器を手作りすることも可能です。

のちほどスプーンは、この方法で作ってみましょう!

楽しみ。

ぐるぐるとかき回して、具材がしんなりしてきたら、お水とお米を足します。

目安は食材が全体的にひたひたになるくらい。

お米は研いだものを一緒に入れちゃいます。あとはひたすら待つだけ。

ー 約15分後……

はいっ美味しいお手軽キャンプご飯の完成です!

めっちゃ良い匂いがする……。

自作したスプーンでいただきます! こうやってなるべく食器も自作できると、あとで自然に還せるのが良いですね。

そうなんです。今回は鍋を持参しましたが、お皿なども木で自作できてしまえば、洗剤で洗う必要がありません。少量の水を使い、スギやヒノキの葉でごしごし拭き取れば良いのでエコですよ!

そのあとは焚き火にかざして乾かしてあげれば、殺菌もできちゃいます。

ブッシュクラフト、奥が深い。

ほかにもさまざまな調理方法があるので、ぜひ調べてみてくださいね。

火の講習を終えて

ここまでが火をおこす(料理をしてみる)講習でしたが、いかがでしたか?

普段、火をおこすのなんてスイッチひとつでやっているので、本来はこんなに時間がかかるし大変なものなんだな……と改めて実感しました。自分がいかに怠けて甘えているか……(笑)すごくありがたみを実感しました。

自然の中で感じる火の温かさは、特別なものがありますよね。

ですね! そして「熱」があるからこそ食べ物も食べられるわけで。ありがたいなあと感じました。

わかります。火という存在に感謝しつつ、これからも楽しんで自然と向き合っていきましょう。

はい!

次回はいよいよ最終回。水の浄化方法について一緒に学んでいきたいと思います。

はいっよろしくお願いします! そして、ごちそうさまでした!

【番外編】後日別日にも火起こしをしてみました

せっかくの火起こしが雨上がりの日になってしまったので、後日、再度火起こしにチャレンジすることに。

ですが、なんとこの日も雨上がり。

…これはどちらかが確実に雨男、または雨女ですね(笑)

でも毎回雨上がりなので、晴男、晴女なのでは…!

なるほど!

せっかくなので今日は「雨の日の火起こしその2」をやってみましょうか。

おお、違うパターンもあるんですね!お願いします!

その1. この前同様、枝を集める

この前と同じく、まずは薪となる枝を集めましょう!

今日の枝も、やっぱり濡れているものが多いですね。

今日はこの湿った枝を削り出して、細くて乾いた枝を削り出すのと「フェザースティック」を作り出したいと思います。

フェザースティック? 名前がかわいい。

(笑)そしたら、実際に作りながら説明していきますね。

その2. 火床を用意する

ここも前回と工程は一緒ですね。さくさくっと用意しちゃいましょう。
今回は前回よりも熱効率を更に上げるために、中にも石を敷き詰めてみましょう。
石に炎で石に蓄熱して、更に燃えがよくなりますよ。

なるほど! ぎっしり敷き詰めます。

その3. 焚き付けとフェザースティックをつくる

それではいよいよ、「フェザースティックづくり」に挑戦していきましょう。

はい!たのしみです。

まずは、太めの枝を選んでください。この木を、ナイフを使って”火口”にも”焚き付け”にも使える形に加工していきます。

ふむふむ。ちょっとむずかしそう。

最初はスムーズにできないかもしれませんが、ナイフの練習にもなりますよ!

加工する枝を決めたら、こんな風に太めの木の枝でナイフので中を叩きながら、枝を割っていきます。

こんな使い方もできるんですね!ナイフすごい。

この方法を「バトニング」と呼びます。”木の枝で叩く”と聞くと、強く叩くことを想像してしまいがちですが、ノミのようにコツコツ叩いてあげると、細かい作業もできるんです。

結構むずかしい…。

コツは、ナイフの刃の先端部分ではなくて、根元部分を主に使うように心がけてみてください!

そしたら、この木をこんな風にさらに細く削っていきます。それをどんどん繰り返していきます。

まずはこれで、”焚き付け”ができました。

確かに、ナイフ初心者には嬉しい練習の機会ですね。

ですね。次のフェザースティックづくりはもう少し難しいかもしれません!

それでは切り出して余った木に、こんな風に切り込みをいれていきます。

おおお! かつおぶしみたい。

かつおぶし(笑)羽毛のように見えることから、フェザースティックと呼ばれています。ナイフで何度も何度も繰り返し、切り込みをいれていってください。

より薄く、よりたくさんカールをつくることで、メタルマッチの火花だけで着火できるようになります!

全然カールにならない。

最初かわはなかなか上手くいかないかもしれません…。が、練習あるのみです!

僕のはこんな感じになりました。

めちゃくちゃ美しい…。

その4. 着火する

そしたらいよいよ、着火してみましょう。

ちゃんとつくかドキドキです!

まずは火床に、作ったフェザースティック敷いて…

上に焚き付けを組み上げます。

それではのちさん! 前回同様「メタルマッチ」の出番です。

前回なかなか上手に扱えなかったメタルマッチ。リベンジです!

それ!

ボッ

おお!

おおお!

めちゃくちゃすんなり火つきましたね!

やったー!上達している!

それを火床にいる、フェザースティックに移すと…

おー! すごい! すぐに燃えました!

すごいすごい。どんどん大きくなりますね。

こんな風に、乾いた木が見つからない場合に、ぜひ試してみてください!

次回こそ雨上がりではなく、ぴかぴかに晴れた状態でできますように…!

関連記事一覧