新連載スタート!バン旅百名山に挑戦する二人って何者??vol.1

新連載企画!~バン旅百名山~オフグリッドなエコ旅 1年間の記録~
今回の連載では、2人の大学生が北海道から鹿児島までの日本全国の山へ「学生初、バンライフをしながら1年間で日本百名山制覇」までのプロセスを追い、#バンライフ #日本百名山 #天然温泉 #登山ルート #アウトドアギア #オフグリッドな生活 などをご紹介していきます!

1.バンライフで100個の山を登る男たちとは!

突然ですが、皆さんはバンライフ(VANLIFE)という言葉をご存知でしょうか?

バンライフとは「いつでも、どこでも、快適に過ごすことができる動く家」として、今、様々な世代やSNSで注目を浴び、バンライフを始める人が急増しています。

最近のアウトドアブームの流れによって、「非日常的かつ圧倒的自由な生活」を求め、日本を旅する若者の憧れの1つになってきているのです。

まず初めに、そんなバンライフで1年間生活する2人の大学生をご紹介します!

(左)池田拓司 (右)小杉峻佑 

小杉峻佑 大阪府茨木市出身の20歳、(以下、コスギ)

台湾で350人に教育について突撃調査するなど大学内で活動するとともに、九州にある山々をレンタカーを借りまくりながら登山をするにつれ、登山や自然の魅力を再発見します。

instagram :  https://instagram.com/shun.k_11?igshid=svn8jeqmjfq

池田拓司 兵庫県西宮市出身20歳、(以下、イケダ)

東南アジア6ヵ国をバックパック1つで旅をしたり、常に新しいことを求めてるなか、登山やサーフィン、キャンプなど、アウトドアの非日常な空間を過ごす魅力に惹かれています。

instagram : https://instagram.com/i_takuji13?igshid=17nwomuwz6l09

2.そんな2人は、ロードバイクで九州から関西まで帰省した過去があった⁉

このプロジェクトが始まる1年ほど前、2人で初めて挑戦したのが、大分県から兵庫県までロードバイクで打破する横断企画。

「節約しながら実家に帰省しよう!」と話したのをきっかけに、ロードバイクで大分県から兵庫県まで横断を計画。距離にして合計660km、2日半で完走します。

実際、交通機関を使った方がコストとしては安かったのですが、お互いの性格を知るきっかけにもなり、貴重な経験になりました。

3.実はイケダ、Redbull の世界的イベントの日本代表に選ばれていた。

「画像:RedBull」

Redbull が運営、企画する「Redbull Can You Make it? 」

なんとこのイベントお金、スマホは一切使用せず、Redbullのドリンクを通貨に、現地の人と電車のチケットや食べ物を物々交換のようにしながら、ヨーロッパを横断する2年に1度の旅の世界大会。

世界198カ国、200チームがヨーロッパに集まり、日本代表枠には4チームが用意され、イケダのチームは半年間の動画審査や投票の末、日本代表の枠を獲得します。

「画像:RedBull」

https://canyoumakeit.redbull.com/

しかし、新型コロナウイルスの影響によって、大会は延期、そして中止という流れでこのイベントは幕を閉じることになりました。

矛先をどこにも向けられない感情を抱きながら、大学もオンライン授業になってしまい渋々受ける2人は、休学という選択肢を視野に2021年の過ごし方を再計画し始めます。

次のページ:イケダとコスギが山と出会ったきっかけ。

関連記事一覧