16 秋のはじまり 〜野川かさね エッセイ〜

木のてっぺんにある葉が揺れる。
稜線近くの雲の動きがはやい。
風がでてきた。

歩みを早めて、先へと急ぐ。
雨が降りはじめるまえに
樹林帯のなかへ。

ポツポツと雨粒が葉にあたる音が聞こえた。
雨が降りだしたようだ。

体は徐々に霧に包まれるが、
木々が空を埋めつくすほどの森では
どれくらいの雨が降っているのかわからない。

湿気が森中を漂う。
カメラを守りながら、シャッターを切る。

森のシェルターを抜ける。
まだ雨はふりつづいている。
濡れたコンクリートの上、
ブーツの底の固さを感じる。

今日の雨はすこし肌寒い。

秋のはじまりの山歩き。

関連記事一覧