どのキッチンにでも常備してるであろうアルミホイル。

アルミホイル×焚き火料理の可能性を探るべく今回はアクアパッツァと、卵かけごはんに挑戦です。

少しのひと手間が味を劇的に上品にします。卵かけご飯も例外ではありません。
そのひと手間がDan’s Point。ぬかりなくお試しくださいね。

アクアパッツァと焼き卵かけご飯の材料

アクアパッツァと焼き卵かけご飯の材料|「ホイルがあればなんでも蒸せる!ホイルと焚き火で蒸し料理【後編】 | What a delicious Outdoor #14」の1枚目の画像

アクアパッツァの材料

・鯛
・帆立(出汁のよく出るもの)
・アサリ
・タコ
・エビ
・オリーブオイル
・パセリ
・パプリカ
・塩
・こしょう
・タイム
・ローズマリー
・にんにく
・オリーブ
・白ワイン
・ケッパー
・バター

アクアパッツァと焼き卵かけご飯の材料|「ホイルがあればなんでも蒸せる!ホイルと焚き火で蒸し料理【後編】 | What a delicious Outdoor #14」の4枚目の画像

焼き卵かけご飯の材料

・卵黄 1つ
・ごはん 1膳
・パルメジャーノレジャーノ
・オリーブオイル
・粗塩
・バター
・こしょう(ホール)
・イクラ

アクアパッツァの作り方

イタリア・ナポリの魚介料理、アクアパッツァ。キャンプ料理の定番かつ見栄えが良く簡単なパエリアに挑戦したら、次はアクアパッツァにトライしてみるのはいかがでしょう。こちらも見栄えの彩りの豊かさに比べて意外と簡単なんですよ。

魚介類の出汁がふんだんに染みたスープは、どんなお料理にもあいます。あわせるお酒は白ワイン。チラチラと揺れる熾火を見つめながらお召し上がりくださいね。

アクアパッツァの作り方|「ホイルがあればなんでも蒸せる!ホイルと焚き火で蒸し料理【後編】 | What a delicious Outdoor #14」の2枚目の画像
DAN’s Point!
・タイから塩をとる時はキッチンペーパーで。水で流すのはNGです。
・にんにくオイルを作る時に、タイムとローズマリーも一緒に炒めましょう。
・ホタテ/タコは最後に入れて、生臭さを飛ばす。
・白ワインと水は1:1


① タイは多めの塩を振り10分おいて身をしめる。

② オリーブオイルでにんにくを炒めにんにくオイルにする。

③ タイの水気をふいて、フライパンで焼きを入れる。

④ エビも同じタイミングで焼きを入れる。

アクアパッツァの作り方|「ホイルがあればなんでも蒸せる!ホイルと焚き火で蒸し料理【後編】 | What a delicious Outdoor #14」の4枚目の画像

⑤ フライパンの中身を残さずアルミ皿に入れる。

⑥ 残りの食材を投入する。

アクアパッツァの作り方|「ホイルがあればなんでも蒸せる!ホイルと焚き火で蒸し料理【後編】 | What a delicious Outdoor #14」の6枚目の画像

⑦ フタをして火にかける。

アクアパッツァの作り方|「ホイルがあればなんでも蒸せる!ホイルと焚き火で蒸し料理【後編】 | What a delicious Outdoor #14」の8枚目の画像

⑧ 火が通ったらバター、ペッパー(ホール&グラインド)、パセリでかざりつける。

焼き卵かけごはんの作り方

卵かけごはんが、ホイル×焚き火をかけあわせることで、こんなに美味しくなるなんて、ホイル×焚き火料理の可能性だけではなく、卵かけごはんの可能性の深さまで知れた瞬殺レシピ。とっても簡単なひと手間でおしゃれ卵かけごはんができます。ぜひトライしてみてくださいね。

DAN’s Point!
・水と油は多めにいれよう。
・ごはん一膳に卵黄一つが目安。
・こしょうはホールで香りを楽しみましょう。


① ごはんにバターを混ぜてバターライスを作る。

② アルミ皿にオリーブオイルを塗る。

③ バターライスを敷きつめて、卵黄をといたものをまわしかける。

④ パルメジャーノレジャーノを刷りおろす。

焼き卵かけごはんの作り方|「ホイルがあればなんでも蒸せる!ホイルと焚き火で蒸し料理【後編】 | What a delicious Outdoor #14」の2枚目の画像

⑤ こしょうをホールでかける。

焼き卵かけごはんの作り方|「ホイルがあればなんでも蒸せる!ホイルと焚き火で蒸し料理【後編】 | What a delicious Outdoor #14」の4枚目の画像

⑥ 火にかけて少し焼き味をつける。

焼き卵かけごはんの作り方|「ホイルがあればなんでも蒸せる!ホイルと焚き火で蒸し料理【後編】 | What a delicious Outdoor #14」の6枚目の画像

⑦ 三つ葉といくらをのせて完成。

ホイルと焚き火でお料理がこんなに美味しくなるなんて!

アクアパッツァと、前回の白菜と豚肉にミルフィーユは言わずもがなですが、卵かけご飯とお稲荷さんの味のレベルアップには編集部も驚愕でした。


次回は冬の定番、鍋料理。檀さんの手にかかると、どんな物語が展開されるのか。乞うご期待です!


(写真:村上岳)

▼その他の「WHAT A DELICIOUS OUTDOOR」も好評公開中!


協力:CLUB3719

.HYAKKEI編集部 山口岳

人と自然をつなぐ人 / 日本山岳ガイド協会認定登山ガイド ステージⅡ

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

もっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

New Posts

最新の記事

もっと見る

特集

特集・連載コンテンツ

もっと見る

トピック一覧

トピックから記事をさがす

もっと見る
この記事を書いた人

.HYAKKEI編集部 山口岳

日本山岳ガイド協会認定登山ガイド ステージⅡ / trippiece【公認】登山チーム事務局 / 自然の中で癒やされたいけど、ちょっと怖いなと思う人サポートします。自然に入ると一番大切なものが見つかります。魂から湧き出るビジョンが描けます。みんながありのままその人らしい生き方ができますように。

関連トピック

トピックから記事を探す

▲TOPへ