おしゃれアウトドア飯の新定番!?野菜だけのベジタブルバーベキュー What a delicious Outdoor #24

お肉がなくても大満足。野菜が主役のバーベキュー。

食卓に彩りを添えてくれる、カラフルな野菜たち。

今回紹介するのは、野菜だけで楽しむ、“ベジタブルバーベキュー”。実が詰まったジューシーな野菜は、お肉がなくてもお腹を美味しく満たしてくれました。普段、不足しがちな野菜をたっぷり摂れるのも嬉しいポイント。

ちょっとした工夫で、野菜の美味しさをさらに引き出し美味しく味わう、野菜だけのバーベキューレシピを紹介します。

グリル野菜に一工夫でさらにおいしく。

まず、素材を活かしてそのままグリル。そんなグリルも味付けや調理過程に一工夫するのが、檀さん流です。パプリカやナスはグリルして皮を向いて食べると、トロトロジューシーな食感が味わえます!

グリルナス

1、 ナスが全体に真っ黒になるまで焼く。
2、 こんがりと焼けたら、ヘタの部分から下の方へ引っ張るようにして皮を剥く。
3、 味付けは、オリーブオイル+塩+ミントでさっぱり目が新しい味わいで、おすすめ。
(お好みでナッツやエディブルフラワーを散らしても◎)

グリルパプリカ

1、 パプリカが全体に真っ黒になるまで焼く。
2、皮を丁寧に剥き、縦長に切る。
3、味付けはシンプルに塩、オリーブオイルがおすすめ。

グリルドレモン

    li>ストライプの焦げ目を付けて焼き上げると見た目にも可愛い!
    – グリルしたレモンはそのまま食べても、野菜に絞っても◎
    ※レモンは加熱すると酸味が飛んで、食べやすくなるのです。

    /ul>

    まだ外も暖かかったこの日は、屋外のファイヤーテーブルで調理しました。カラフルな野菜は焼いているときから、目にも楽しく気分も上がります。

    見た目にも美味しい、おしゃれなバーベキューレシピ。

    思わず写真を撮りたくなるような、見た目にも美味しいおしゃれな一皿は、外でのバーベキューを更に盛り上げてくれるはず。作ると喜ばれること間違いなしの、おもてなしにもオススメなメニューはこちら!

    ハッセルバックポテト風

    1、じゃがいもを10分下ゆでする。
    2、250度のオーブンで15分程度、焼色が付くまで焼く。
    3、オリーブオイルと塩をかけて完成。

    ロマネスコ

    「サンゴのように美しい」と例えられることもある、ロマネスコ。ちょっぴり珍しいこの野菜は、見た目のインパクトもあり、食べごたえ抜群です。
    -ロマネスコ(1房)7分下茹でして、お皿の中心へ盛り付け、ソースやドレッシングをかけると一気に食卓が華やかに。

    シンプルなバーベキューは、ソースで遊びゴゴロを。

    色々な野菜をグリルする、シンプルなバーベキューは、少しずつ味を変えて楽しむのがおすすめ。飽きのこない、ソースレシピで味をプラスして楽しんで。

    *BBQソースのアレンジ

    ビーツのピンクソース

    <材料>
    ・ビーツ 1個
    ・ヨーグルト 大さじ2
    ・塩 少々
    ・ハラペーニョの酢漬けスライス→薄切り3〜4切れ
    ・ハラペーニョ酢 小さじ1
    <作り方>
    ・上記の材料を、バイタミックスやハンドミキサーで撹拌し全部ペースト上にする。

    グリンピースのソース

    <材料>
    ・グリンピース 半袋
    ・マヨネーズ 大さじ1
    ・カシューナッツ ひとつかみ
    ・だし汁(ほたて、チキン、海鮮だし、干し椎茸等) 適量
    ・ミルク(固くてバイタミックスがまわらないとき)
    <作り方>
    1、グリンピースを約40秒、さっと下茹でする。
    2、別の鍋に水を沸騰させ、だし(ほたて、チキン、海鮮だし、干し椎茸等)をとり、だし汁を作る。
    3、1・2とマヨネーズ、カシューナッツをあわせてバイタミックスやハンドミキサーで撹拌し全部ペースト上にする。

    DAN’S POINT!
    グリンピースのあおくささを、出汁で消すのが美味しく作る秘訣!

    珍しい野菜で、ベジグリルにチャレンジ。

    アウトドアに出かけた時、特に田舎に行った時などは、見慣れない野菜を目にすることも多いのではないでしょうか。そういった野菜を避けるのではなく、積極的にアウトドアご飯に取り入れてみるのも、レパートリーが増えて、料理の腕前をワンランクアップさせてくれるはず。今回は、ちょっとめずらしい、”かぼちゃ”を使ったレシピをご紹介。

    バターナッツスクワッシュ(かぼちゃ)のマッシュルームチーズグリル

    <材料>
    ・バターナッツスクワッシュ 1本 (写真右上)
    ・きのこ類 適量
    ・チーズ 適量

    <作り方>
    1、 バターナッツスクワッシュを半分に切り、種をくり抜く。
    2、グリルして焼き目をつける。
    3、お好みのきのこ類をオリーブオイルで炒める。
    4、炒めたきのことチーズをくり抜いたかぼちゃの上に散らす。
    5、250度のオーブンで、30分前後グリルする。(チーズが溶けて焦げ目がつくまで。)

    形も可愛くて、見た目にも楽しいバターナッツスクワッシュは、いつもと違ったおもてなし料理にもぴったり。ちょっぴり珍しいこの食材に出会ったら、ぜひチャレンジしてほしい一品です!

    野菜とフルーツのマリアージュを楽しむ、サイドデュッシュ。

    今回は、サイドディッシュにも野菜をたっぷり使ったヘルシーなサラダを用意。野菜とも相性バッチリなフルーツやミントを使って、グリル野菜とはまた味わいの異なる、さっぱり目のサラダが一押しです。

    梨とビーツのサラダ

    ・梨 1個
    ・ビーツ 1個
    ・オリーブオイル 大さじ1
    ・塩 少々
    ・ざらめ 大さじ1
    ・ジン キャップ3杯分
    ・塩 小さじ1/2
    ・食用ほおずき 4個
    ・ミント 適量
    ・エディブルフラワー 適量

    1、塩とオリーブオイルをまぜあわせ、ビーツに絡める。
    2、梨を一口大に切り、ざらめ・ジン・オリーブオイル・塩を加え混ぜ合わせる。
    3、ほおずきを薄切りにする。
    4、1.2.3を混ぜ合わせる。
    5、4を小皿に盛り付け、お好みでミント、花、ナッツ類、ピンクペッパーを上に散らす。

    DAN’S POINT!
    梨とビーツを別々に仕込むのが水っぽくならずに、彩りよく仕上げるポイント。

    この日は仕上げに檀さんのお庭にある畑で採れた、ルッコラの花などをその場で収穫してトッピング。より香り豊かに見た目も美しく仕上がりました!

    あまーい野菜は、ベジタブルスイーツにアレンジ!

    野菜でも、スイーツに使えるほど甘みがあって、美味しく味わえる素材もたくさん。野菜を使ったスイーツは、ヘルシーな上に気軽に作れて、ぜひチャレンジしてほしい一品です。

    かぼちゃのクリームあずき

    <材料>
    ・かぼちゃ 2個
    ・あずき 1/2缶
    ・栗 6個

    *クリームソース
    ・クリームチーズ:生クリーム=2:1
    ・砂糖 小さじ2

    <作り方>
    1.かぼちゃのヘタをおとす。
    2.中の種を取り除き、7分間蒸す。※蒸しすぎないように注意。
    3.あずきをたっぷりと加え、栗も加える。
    4.蓋をしてオーブンで、10分前後焼く。
    5.出来上がったらクリームをトッピング、お好みでミントを散らし完成。

    エプロンも野菜から作られている!?檀さん・千早さんのこだわりアイテム。

    この日お二人が着用していた、淡い色味がナチュラルで素敵なエプロン。なんとこのエプロンは、コールドプレスジュースを作るときにでるパルプを再利用し、染色をしているのだそう。(東京のコールドプレスジュース店『サンシャインジュース』のドリンクを作った時に出るパルプで染めた商品を展開するlefts, tokyoというブランドのもの。)

    黄色はターメリック、白は、アーモンドミルクで染めていて、色落ちしないように、しっかり研究されて作られているので、洗うときも安心です。野菜で染められた自然の色は、目にも優しく美しい色味でした。

    野菜だけで大満足のバーベキューから、エプロンの染色まで・・・・。
    野菜のチカラは無限大!身近な野菜をたっぷり味わえる、ヘルシーなベジタブルバーベキュー、ぜひみなさんもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

    取材協力:CLUB3719

    (写真:小澤彩聖)

    ▼その他の「WHAT A DELICIOUS OUTDOOR」も好評公開中!
    https://hyakkei.me/specials-14

関連記事一覧