アウトドアで必ずと言っていいほど登場する食べものといえば、何を思い浮かべますか?

焼いても鍋に入れてもおいしいソーセージは、アウトドアで人気の食べもののひとつではないでしょうか。ただ、多くはスーパーや道の駅、アウトドアフェスでの出店などで「できあがったもの」を食べることが多いのがソーセージ。

それを今回はゼロから作ってみようと思います。
しかも、見た目も楽しいグルグル巻きのアフリカンソーセージ。

アウトドア体験施設『CLUB3719』の檀さん自慢のFIRE TABLEで豪快に作っていくことにしましょう。

手作りソーセージの肝は「脱、熱」

お肉というのは、熱が加わるとどんどんパサついてしまいます。したがって、ソーセージも作りはじめるまではできるだけ熱を与えないことがポイント。キャンプ場などでその場で仕込む場合は、お肉を半冷凍にして持っていくといいでしょう。

手作りソーセージの肝は「脱、熱」|「アウトドアで楽しみたい、見た目も味もおいしいアフリカンソーセージ | WHAT A DELICIOUS OUTDOOR #09」の2枚目の画像
<材料>
―お肉
・合いびき肉
・豚バラ 350g(脂身ばかりをチョイス)
・牛脂
→上記で計1kg

―調味料
・塩 23g
・砂糖 10g
・ホワイト、ブラックペッパー 各5g

―ハーブ
・山椒
・フェンネル
・セージ
・ローズマリー

―スパイス(お好み)
・コリアンダー
・クミン
・クローブ
→スパイスは控えめに。ハーブをメインで。


手作りソーセージの肝は「脱、熱」|「アウトドアで楽しみたい、見た目も味もおいしいアフリカンソーセージ | WHAT A DELICIOUS OUTDOOR #09」の4枚目の画像
手作りソーセージの肝は「脱、熱」|「アウトドアで楽しみたい、見た目も味もおいしいアフリカンソーセージ | WHAT A DELICIOUS OUTDOOR #09」の5枚目の画像

お肉は色々なものを入れたほうがベター。かつ脂身がないとパサつくので、バラ肉などの部位も使うのがおすすめ、脂身を中心に細かく刻みます。牛脂も使うと良いでしょう。

手作りソーセージの肝は「脱、熱」|「アウトドアで楽しみたい、見た目も味もおいしいアフリカンソーセージ | WHAT A DELICIOUS OUTDOOR #09」の7枚目の画像

ハーブは細かくしてお肉になじむように。

手作りソーセージの肝は「脱、熱」|「アウトドアで楽しみたい、見た目も味もおいしいアフリカンソーセージ | WHAT A DELICIOUS OUTDOOR #09」の9枚目の画像
手作りソーセージの肝は「脱、熱」|「アウトドアで楽しみたい、見た目も味もおいしいアフリカンソーセージ | WHAT A DELICIOUS OUTDOOR #09」の10枚目の画像

ひき肉に脂身、牛脂、ハーブ、スパイス、そして塩・砂糖とホワイト・ブラックペッパーを加えます。

手作りソーセージの肝は「脱、熱」|「アウトドアで楽しみたい、見た目も味もおいしいアフリカンソーセージ | WHAT A DELICIOUS OUTDOOR #09」の12枚目の画像

そして機械で15分~20分間ほどこねます。

DAN’s Point!!
熱が加わるとパサついてしまうため機械がおすすめですが、ない方は氷の中にボールを置いてこねましょう。とにもかくにも熱を最小限にするのがポイントです。


腸詰めは丁寧に

腸詰めは丁寧に|「アウトドアで楽しみたい、見た目も味もおいしいアフリカンソーセージ | WHAT A DELICIOUS OUTDOOR #09」の1枚目の画像

お肉ができあがったら、腸詰め。羊腸は東急ハンズやお肉屋で置いてあることが多いので、調達しましょう。とても薄くデリケートなため、専用の器具に慎重に伸ばしていきます。

腸詰めは丁寧に|「アウトドアで楽しみたい、見た目も味もおいしいアフリカンソーセージ | WHAT A DELICIOUS OUTDOOR #09」の3枚目の画像
腸詰めは丁寧に|「アウトドアで楽しみたい、見た目も味もおいしいアフリカンソーセージ | WHAT A DELICIOUS OUTDOOR #09」の4枚目の画像

そしてゆっくりとお肉を腸に詰めていきます。ひとりでも可能ですが、今回のように長いアフリカンソーセージを作る場合は二人で行うとスムーズ。

腸詰めは丁寧に|「アウトドアで楽しみたい、見た目も味もおいしいアフリカンソーセージ | WHAT A DELICIOUS OUTDOOR #09」の6枚目の画像
腸詰めは丁寧に|「アウトドアで楽しみたい、見た目も味もおいしいアフリカンソーセージ | WHAT A DELICIOUS OUTDOOR #09」の7枚目の画像

グルグル巻きのものと、連なったものと2パターン作ってみました。腸詰めは丁寧に行う必要があるため、思っている以上に時間がかかります。明るいうちに余裕を持っておくと良いでしょう。

下茹で火は通しておく

下茹で火は通しておく|「アウトドアで楽しみたい、見た目も味もおいしいアフリカンソーセージ | WHAT A DELICIOUS OUTDOOR #09」の1枚目の画像

続いて忘れてはいけないのが、下茹で。腸詰が終わったらそのまま火にかけたいところですが、火力を調整しづらいアウトドアでは、火は焼き色をつける&豪快に楽しむことを優先し、あらかじめ火を通しておくのがベターです。

一気に焼き、アウトドアならではの豪快さを楽しむ

一気に焼き、アウトドアならではの豪快さを楽しむ|「アウトドアで楽しみたい、見た目も味もおいしいアフリカンソーセージ | WHAT A DELICIOUS OUTDOOR #09」の1枚目の画像

下茹でしたソーセージを、FIRE TABLEで一気に焼きます。キャンプでは焚き火で豪快に楽しんでみてください。

一気に焼き、アウトドアならではの豪快さを楽しむ|「アウトドアで楽しみたい、見た目も味もおいしいアフリカンソーセージ | WHAT A DELICIOUS OUTDOOR #09」の3枚目の画像

あらかじめ火は通しているので、お好みの焼き加減に焼きあがったら完成。

一気に焼き、アウトドアならではの豪快さを楽しむ|「アウトドアで楽しみたい、見た目も味もおいしいアフリカンソーセージ | WHAT A DELICIOUS OUTDOOR #09」の5枚目の画像
一気に焼き、アウトドアならではの豪快さを楽しむ|「アウトドアで楽しみたい、見た目も味もおいしいアフリカンソーセージ | WHAT A DELICIOUS OUTDOOR #09」の6枚目の画像

今回は自家製パンと冷製スープとともにいただきます。

アウトドアだからこそ「その場」を楽しむひと手間を

アウトドアだからこそ「その場」を楽しむひと手間を|「アウトドアで楽しみたい、見た目も味もおいしいアフリカンソーセージ | WHAT A DELICIOUS OUTDOOR #09」の1枚目の画像

自分たちで作らずとも、美味しいソーセージは売っています。けれども、そんなソーセージも大自然で楽しむアウトドアだからこそ、自分たちで作ってみる。そうすることで、「その場」をより楽しく演出することができるのです。何よりも、詰める材料もお好みで選べるし、苦労して詰めたものを焼くということがプレミアム。

ぜひ、丁寧に仕込んだソーセージをその場で焼く楽しみを体験してみてください。

▼その他の「WHAT A DELICIOUS OUTDOOR」も好評公開中!

.HYAKKEI編集長 羽田裕明

LIFE WITH NATURE!

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

もっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

New Posts

最新の記事

もっと見る

特集

特集・連載コンテンツ

もっと見る

トピック一覧

トピックから記事をさがす

もっと見る
この記事を書いた人

.HYAKKEI編集長 羽田裕明

気になったスポットや情報は足を運んで体験・取材し皆様にお届けします。こんなコンテンツが欲しいなどのご要望やご意見、お待ちしておりますのでお気軽にお問い合わせください!

関連トピック

トピックから記事を探す

▲TOPへ