スープ、カレーとご紹介してきましたので、今回はパスタ!私たちは、乾物を「食べものから水分を少なくすることによって常温で長期保存が可能な食材」と定義しているので、パスタも実は乾物なのです。

なので今回は、乾物100%。鍋一つ、パスタの別茹でなしで二人分のパスタを作る技を伝授します。

2人分の食材で200g!

重さを測ってみました。パスタの具は、スライス干し椎茸、切干大根、塩昆布、赤唐辛子、きんぴらごぼうミックスの合計で2人分32g。

2人分の食材で200g!|「ウルトラライトな乾物で外メシ進化形| #04 パスタを合わせても二人分200gの乾物100%パスタ!」の2枚目の画像

さらに一人分80gのパスタを用意して、ビニール袋の重さを入れても合計で200g。

2人分の食材で200g!|「ウルトラライトな乾物で外メシ進化形| #04 パスタを合わせても二人分200gの乾物100%パスタ!」の4枚目の画像

単品からミックスまで、乾物のバリエーションは豊富

ところで、乾物はお店でどんな風に売られているか見たことがない方もいらっしゃるかもしれませんので、使いかけですが袋の写真を公開します。

単品からミックスまで、乾物のバリエーションは豊富|「ウルトラライトな乾物で外メシ進化形| #04 パスタを合わせても二人分200gの乾物100%パスタ!」の2枚目の画像

切干大根、ひじき、などのように単品で売られている他、出来上がりの料理を想定して、例えばきんぴらごぼう用、煮物用、あるいはカレー用野菜などのミックス乾物も最近は多くの店に並んでいます。

例えば、きんぴらごぼうミックスは、ごぼうと人参が、皮をむき、千切りにされて袋に入っています。だからごぼうのアク抜きも不要。包丁入らず手間いらず。普段の食卓だけで使うのはモッタイナイ、アウトドアにぴったりの素材なのです。

さらに言えば、きんぴらごぼうミックスと書いてあっても、きんぴらごぼうを作らなければいけないわけではもちろんありません。

油を使わず、水も一滴も無駄にしないパスタレシピ

そろそろパスタの作り方の説明に入りましょう。

油を使わず、水も一滴も無駄にしないパスタレシピ|「ウルトラライトな乾物で外メシ進化形| #04 パスタを合わせても二人分200gの乾物100%パスタ!」の2枚目の画像

材料

・フジッリ(好みのショートパスタ)160g
・アタリメ(さきいかでもOK)5g
・塩昆布2g
・スライス干し椎茸5g
・切干大根5g
・きんぴらごぼうミックス15g
・鷹の爪1本

作り方

1.材料全てを鍋に入れる。
2. 1が全てかぶる程度の水を入れて火にかける。
3. 沸騰してから指定されたパスタの茹で時間程度煮る。
4. パスタが好みの柔らかさになったら、水分を飛ばすようにかき混ぜ、塩胡椒で味を調える。

こうして作ることで、乾物が水(湯)の中で戻され、旨味が引き出されます。その旨味をパスタは吸いながら茹であがっていくのです。

イタリア風のパスタを想定すると「ん?」と思うかもしれませんが、これはこれで滋味深い味でなかなかのもの。好みで醤油をかけてもいいし、脂が欲しい場合はベーコンを始めに鍋で炒めてから同様のプロセスで作れば、若い人向けにもなります。

油を使わず、水も一滴も無駄にしないパスタレシピ|「ウルトラライトな乾物で外メシ進化形| #04 パスタを合わせても二人分200gの乾物100%パスタ!」の8枚目の画像

ショートパスタを使うのは、スパゲッティなどに比べて、多少柔らかく茹で上がっても「アルデンテではない」などにこだわらずに食べることができること、長さがあって折らなければ鍋に入らないなどの面倒もないことが理由です。

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、油を使っていないので片付けもラク、そして低カロリー。さまざまな具材入りで栄養的にも一皿でバッチリ。さらに、この方法だと水を一滴も無駄にしないで済むのです。

一般的な方法でパスタを茹でようとすると、塩気を含んだ大量の水をパスタを茹でるためだけに使うことになります。水を多く調達しなければならないだけでなく、アウトドアだとその処分にも困るところです。

油を使わず、水も一滴も無駄にしないパスタレシピ|「ウルトラライトな乾物で外メシ進化形| #04 パスタを合わせても二人分200gの乾物100%パスタ!」の10枚目の画像

アウトドアが好きな人には、未来に向けて自然や環境を保全したいと考えている人が多いと思います。アウトドアでの料理作りに乾物をうまく活用することで、持ち運びの手軽さだけでなく、ゴミを残さない、水を節約するなど、環境を汚さないことにもつながります。

乾物100%パスタは、もちろんこの組み合わせでなくても美味しく作れます。海のものと里のものを組み合わせることで、味に深みが出るのです。

今回はきんぴらごぼうミックスを使いましたが、そんなお手軽なミックス乾物セットも、新たな目で見直してみると、アウトドアでの料理作りにあれこれ活かせる優れもの。一度、スーパーの乾物売り場や乾物屋さんを覗いてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

DRYandPEACE(サカイ優佳子+田平恵美)

乾物は古くて新しい未来食! 乾物をヨーグルトで戻すなど、自由な発想で現代のライフスタイルにあった乾物の活用法を提案しています。乾物関連の著書多数。近著に「毎日食べたい乾物ヨーグルトレシピ決定版」(世界文化社)。メディア出演多数。軽くて常温で持ち歩ける乾物はアウトドアにもぴったり〜! http://dryandpeace.comhttps://www.facebook.com/dryandpeace/

関連トピック

トピックから記事を探す

 次の記事へ 
DRYandPEACE(サカイ優佳子+田平恵美)

乾物で世界をもっとPEACEに!

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

もっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

New Posts

最新の記事

もっと見る

特集

特集・連載コンテンツ

もっと見る

トピック一覧

トピックから記事をさがす

もっと見る
▲TOPへ

ログイン

コメントを投稿するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

ログイン

コメントを通報するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

コメントを投稿

このコメントを通報する