• 山ごはん
  • 登山で食べたいご飯やレシピに関するの記事一覧です。登山で美味しいご飯を食べたい!いつもの山飯に飽きて来た…!登山で料理するにはどんな道具が必要なんだろう?山で食べるごはんだからこそこだわりたい!そんな初心者の方から上級者の方向けに、美味しい山飯・ごはんに関する情報をお届けします。

初秋の北アルプス新表銀座を山パスタ縦走|#01 中房温泉から燕山荘へ(1日目)

8月が終わり、秋の気配が色濃く漂いはじめた初秋の北アルプスの新表銀座を歩いてきました。

中房温泉から燕岳、大天井岳、常念岳、蝶ヶ岳へ向かうルートを北アルプス新表銀座と呼ぶそうです。通常は2泊で歩くそうですが、今回はのんびりまったり歩きたいので3泊にしました。

そしてこの山行に1つだけルールを設けました。朝昼夜の3食すべてをパスタとすること、市販のパスタソースは使用しないことです。

名づけて 『山パスタ縦走』

山でパスタを食べよう」の実践編&縦走ならではの工夫なども盛り込んでいます。

新表銀座からの雄大な北アルプスの景色を眺めながら食べる山パスタは、きっと最高でしょう。景色とやパスタを思いっきり満喫できることを期待して出発いたしました。

中房温泉から燕山荘へ

すっきりした快晴の青空、登山客で賑わう中房温泉登山口。

第一ベンチ、第二ベンチ、富士見ベンチと適度に休憩場所があり歩きやすいです。

合戦小屋の名物スイカ。

ここでお昼にしようかとも考えましたが、せっかくなら展望のよい場所で食べたいです。日が高くなるに連れ雲が湧いてきていますが、眺めのよいロケーションまであと少し。

自家製行動食のかぼちゃの種とドライウインナーで小腹を満たておきました。

合戦尾根の急登を息を切らしながら登ると、槍ヶ岳がお出迎えしてくれました。

雲間から燕山荘と燕岳が見え隠れ、今日のキャンプ地はすぐそこです。

燕山荘に到着。山小屋とは思えない立派な建物です。

燕岳と燕山荘のテン場。

最初安曇野の町を見下ろせる場所にテントを張ろうとしましたが、思い直し燕岳の眺めのよいロケーションにしました。山を眺めながら飯を食べたりまったりしたいところです。

昼パスタは定番ペペロンチーノ!

テントも張れたのでお昼にしましょう!

1日目はペペロンとボンゴレを用意しました。食材はこんな感じで1日毎パッキングしてます。

昼パスタは定番ペペロンチーノ、ベーコンとアスパラ入りです。にんにくとオリーブオイルのいい香りが漂ってきました!

アスパラとベーコンのペペロンチーノの完成です!

燕岳を眺めながら舌鼓。ペロンといただきましたw(レシピの詳細は別記事にて)

秋の到来を感じさせる燕岳へ

お腹も満たされたので、腹ごなしも兼ねて燕岳に登ってきまました。

めがね岩。

ゴリラ岩。筋状の雲が秋の到来を感じさせます。

夜パスタはボンゴレ・ロッソ!

テントに戻り少し休み、早めに夕飯にしました。ちょうどガスってきてしまい燕岳は雲の中。

オリーブオイルににんにく、鷹の爪、あさりを炒めてます。

調理していたら山が見えてきました!

ボンゴレ・ロッソの完成です!

燕岳を眺めながら、いただきまーす!

あさりの濃厚な旨味とトマトの酸味が調和して絶品、めっちゃ美味しいです!(レシピの詳細は別記事にて)

夕方になり、少し雲が色づきました。

ずっと隠れていた槍が少しだけ顔を出してくれました!

夕暮れの燕岳。

昼夜とパスタだけですが、大満足でお腹一杯の一日でした。

2日目に続く。

関連記事一覧