• 地域・旅
  • キャンプや登山に関する地域コラム記事一覧です。地方の観光情報や旅情報をお届けします。キャンプや登山といったアクティビティを楽しみながら、ぜひその地方にある魅力も一緒に体験してみませんか?まだまだ知らない、その地域の魅力を発見できるかもしれません。
  • HOME
  • 記事一覧
  • 地域・旅
  • アークテリクスやサロモンなど、アメアスポーツの全ブランドを網羅する体験型施設が札幌に登場

アークテリクスやサロモンなど、アメアスポーツの全ブランドを網羅する体験型施設が札幌に登場

こんにちは。
今回から.HYAKKEIに寄稿させて頂きますアクタガワタカトシと申します。

私はファッションとアウトドアが専門で、その分野の様々なクリエイティブディレクションをしております。
プライベートでも色々なアウトドア・アクティビティを楽しんでいますので、そういった経験を踏まえて、皆さんに有用な情報を提供していけたらと思っております!

よろしくお願い致します。

小雪の舞い散る中、オープニングレセプションが行われました!

小雪の舞い散る中、オープニングレセプションが行われました!

さてさて、今回はまず新しい施設の潜入取材記事から。
皆さん、アメアスポーツってご存知ですか?おそらく知らない人も多いことでしょう。
しかし、サロモン、アークテリクス、スント、アトミック、マビック、ウイルソンといったブランドの名前なら、多くの方が聞いたことがあるはず。
それらのブランドの国内代理店(正しくはブランドを保有するアメアスポーツ本社の日本法人)がアメアスポーツジャパンなのです。

アメアスポーツが網羅する様々なブランド。これらのブランドのお世話になった人も多いのでは?

アメアスポーツが網羅する様々なブランド。これらのブランドのお世話になった人も多いのでは?

この12月にオープンしたばかりの「SAPPORO EXPERIENCE BASE」、通称SEBは、そのアメアスポーツがオープンした初の業態。これまでもサロモンやアークテリクスなど、ブランドごとのショップやサービスセンターは展開していましたが、同社が扱うブランドを総括的に扱う施設はこれがはじめて。

しかもSEBは、ただのショップではありません。商品の販売も一部行うのですが、「エクスペリエンス=体験」という言葉が示す通り、この施設から様々な情報を発信し、ユーザーに新たな体験の場を提供しようというのがコンセプトなのです。

スキーシーズンということもあり、サロモン&アトミック製品はかなり豊富に揃っていました。販売だけでなく、チューンナップなどアフターサービスも充実。

スキーシーズンということもあり、サロモン&アトミック製品はかなり豊富に揃っていました。販売だけでなく、チューンナップなどアフターサービスも充実。

サロモンのアパレル類がこれだけ揃うショップもなかなか無いのでは?

サロモンのアパレル類がこれだけ揃うショップもなかなか無いのでは?

最近人気急上昇中のサロモンシューズも勢揃い。サマーシーズンはトレラン関連のイベントも開催するとのこと。

最近人気急上昇中のサロモンシューズも勢揃い。サマーシーズンはトレラン関連のイベントも開催するとのこと。

デザイン性抜群のフィンランドのリストップコンピュータ、スント。アウトドアでの活動をデータ表示でサポートしてくれる頼もしい存在です。

デザイン性抜群のフィンランドのリストップコンピュータ、スント。アウトドアでの活動をデータ表示でサポートしてくれる頼もしい存在です。

具体的には様々なイベントや講習会をここで開催したり、アスリートを呼んでトークショーを開催したりと、ただのショップではなかなか行えない企画を用意するとのこと。その最初の拠点が札幌というのはなかなか興味深いものがありますが、ウインタースポーツに強いアメアだけに、雪山に近い場所が選ばれたということでしょう。しかし、夏にはトレイルランニング関連のイベントも開催する予定とのこと。最近サロモンはトレランシーンで存在感を発揮しているだけに、1年中楽しみなプログラムを用意してくれそうな予感がします!

レセプションではなんとケーキのジオラマが出現!が、しかし。ワタクシ、タイミングを逃して食べ損ねました。噂では大変美味しかったとのこと……。

レセプションではなんとケーキのジオラマが出現!が、しかし。ワタクシ、タイミングを逃して食べ損ねました。噂では大変美味しかったとのこと……。

そんなわけでいよいよこれからスノーシーズン!という時期にオープンしたわけですが、このSEBがあるところは、さっぽろばんけいスキー場まで車で約5分という立地。札幌駅からも約20分とそう遠くなく、札幌を訪れたついでに両方遊びに行くことも十分に可能な距離なのです。
そしてばんけいスキー場にはサロモンステーションというレンタル施設があるため、手ぶらでスキーを楽しみ、帰りに気に入ったスキーをSEBで購入したり、逆に必要なアクセサリーをSEBで購入してからスキー場に行くなんて使い方も出来そうです。

こちらは「さっぽろばんけいスキー場」内のサロモンステーション。手ぶらで行ってもすべての道具を貸してもらえるので、思いつきで行っちゃっても万事OK!というわけ。もちろんギアは最新のものを中心に取り揃えてありますよ。

こちらは「さっぽろばんけいスキー場」内のサロモンステーション。手ぶらで行ってもすべての道具を貸してもらえるので、思いつきで行っちゃっても万事OK!というわけ。もちろんギアは最新のものを中心に取り揃えてありますよ。

オープニングレセプションには各種メディアや取引先などの招待客のほか、アメアスポーツの契約スキーヤーである佐々木明氏や児玉毅氏もお祝いに駆けつけていました。お二人はともに北海道をベースに活動されているアスリートなので、今後はSEBを使ってライブ配信をするなど、様々な情報を発信してくれることでしょう。

サロモン&アトミックの契約アスリートたちもお祝いに駆けつけていました。皆さんこの施設にかける期待は大きい様子。

サロモン&アトミックの契約アスリートたちもお祝いに駆けつけていました。皆さんこの施設にかける期待は大きい様子。

今回久々に札幌を訪れて思ったのですが、気軽に遊びに行くには本当に良い場所だなと思いました。レンタカーを借りれば飛行場から札幌市内までもすぐですし、市内のホテルに宿泊してそこからスキー場まで30分で行けちゃうんです。札幌の街は都会ですから、ススキノなど夜遊びの場にも困りませんし、何なら東京から日帰りでも滑りに行けちゃいそう。下手に渋滞にはまって長野や新潟を目指すより、よっぽど時間的には有利なんじゃないでしょうか。

かつてアルペンスキーヤーとしてワールドカップ2位入賞など輝かしい成績を残し、現在はフリースタイルスキーヤーとして活躍する佐々木明氏。「みんな札幌を遊びつくしましょう!」

かつてアルペンスキーヤーとしてワールドカップ2位入賞など輝かしい成績を残し、現在はフリースタイルスキーヤーとして活躍する佐々木明氏。「みんな札幌を遊びつくしましょう!」

ただ今回の取材時には残念ながらまだ雪が少なく、ばんけいスキー場ではほとんど滑ることが出来ませんでした。スキーをかついで登り、少し滑ったものの、それだけではさすがに消化不良。ということで、取材終了後にひとり札幌国際スキー場まで足を伸ばして、リフト数本滑ってまいりました。日帰り距離でいくつものスキー場があることも、札幌の魅力ですね。

札幌国際スキー場で一滑り。ワタクシ、スキーはアトミックを履いております。どんな斜面でも抜群の性能を発揮してくれるので、大変お気に入り。

札幌国際スキー場で一滑り。ワタクシ、スキーはアトミックを履いております。どんな斜面でも抜群の性能を発揮してくれるので、大変お気に入り。

スキーやスノーボードを楽しむ人は冬に、自転車やトレランが好きな方は夏にでも、札幌を訪れた際には是非SEBに立ち寄ってみて下さい。その際はイベント開催の予定チェックを忘れずに。新たな発見がきっとあるはずです!

<施設概要>
SAPPORO EXPERIENCE BASE

【住所】
〒064-0952 北海道札幌市中央区宮の森2条16丁目12-1

【アクセス】
地下鉄東西線「円山公園駅」より円山バスターミナル14番荒井山線
または、ばんけいバスにて「大倉山競技場入口」下車 バス停留所前

【営業時間・連絡先】
営業時間:
平日(月~金)11:00~20:00/土・日・祝祭日10:00~19:00

定休日:
不定休

電話番号:
011-213-7168(店舗直通番号)

公式サイト:
http://seb.amersports.jp/

関連記事一覧