高原の夏を歩く。

緑があふれ、
植物が咲き誇り、
動物や昆虫たちが休むことなく動いている。

その清々しすぎる、生命感あふれる姿に
私はすこし照れくさい気持ちになり、目を閉じる。

どうして、こんな風に自分は生きていけないのだろうか。
その時の季節をただ存分に味わえばいいだけなのに。

過去を憂い、先を案じる。
そんなことに時間を費やしすぎてはいけない。
今の時間をただ存分に味わえばよい。
だたそれだけなのに。

野川かさね

写真家

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

もっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

New Posts

最新の記事

もっと見る

特集

特集・連載コンテンツ

もっと見る

トピック一覧

トピックから記事をさがす

もっと見る
この記事を書いた人

野川かさね

山と自然をテーマに作品を発表。著書に「山と写真」、共著に「山と山小屋」「山小屋の灯」「山・音・色」など。ホシガラス山岳会としても出版、イベントに携わる。

関連トピック

トピックから記事を探す

▲TOPへ