20 森の欠片 〜野川かさね エッセイ〜

苔の森を歩いていると
ところどころに雪が残っている。
すこしまえ、東京でもぐっと気温が下がった日があった。
このあたりの山では雪が降ったのかもしれない。

雪は溶けかかり、分断され、欠片のように
苔の上にちらばっていた。
欠片のふちは氷のように透きとおっていて
まわりの苔の緑を自分のなかにとり込んで、
ぼんやりと淡い緑色にひかっている。

今日は晴れの予報。
陽に照らされれば、
欠片はあとかたもなく消えてしまうだろう。

自分自身が森のなかにすいこまれていくことも知らずに、
雪の欠片はつかのまの輝きを見せる。

関連記事一覧