• インタビュー
  • キャンプや登山に関わる人々へのインタビュー記事一覧です。自然に魅せられたアウトドアフリーカー、自然と共に生きるアスリート、熱い信念を持つオーナー等、その想いやヒストリー、展望など、写真と共に丁寧にお伝えします。今後の人生の選択肢のひとつとなるヒントが、見つかるかもしれません。

ファミリーが安心して楽しめるキャンプ場を作る。ケニーズファミリービレッジの苦闘と挑戦

都内から2時間足らず。ファミリーに大人気の「ケニーズファミリービレッジ」オートキャンプ場はご存知でしょうか?GWや夏休みはもちろんのこと、週末は子どもたちの声で賑やかな雰囲気になるこの場所でお話を伺ってきました。

最初は鳴かず飛ばずだった

——統括マネージャーでいらっしゃいます川口泰斗さんにお話を伺います。よろしくお願いします!

よろしくお願いします!

——まずはケニーズファミリービレッジのここまでの歩みを教えて頂いてもよろしいでしょうか。

キャンプ場としては1994年に創業して今年で23年目です。会社全体としては53期目になります。

もともとはキャンプ場の隣にある鳥居観音の保養所としてこの場がありまして、ちょうど23年前にオートキャンプブームだった時期にそれを取り壊して、キャンプ場を始めたのがスタートです。ただ私が入る前(5〜6年前)までは、アウトドアブームの終焉とともに鳴かず飛ばずの期間が続いていたんですよ。

——え、そうなんですか。勝手なイメージですけど、来る度にお客さんがいっぱいなので、ずっと人気のあるキャンプ場だと思ってました。

いやいやいや、全くそうじゃなかったんですよ。

ちょうど4〜5年くらい前でしょうか。キャンプ場のスタッフがキャンプを知らないのはマズイだろうということで、オートキャンプ協会のインストラクター講習に参加しました。

そこから今のようなケニーズファミリービレッジが始まったんです。それまではほとんどキャンプ場業界内では知られてなかったと思います。

川口さん含め、3名の方が社団法人オートキャンプ協会公認インストラクターです

川口さん含め、3名の方が社団法人オートキャンプ協会公認インストラクターです

——そうなんですね。じゃぁお客さんも今より全然少なかったんですか?

はい。キャンプ場としての集客は、天気が良ければそれなりにお客様が来て下さいますけど、悪ければ少なかったですし、GWと夏休みだけお客様が入って後はポツポツとお客様がいるような状況でした。ただ、おかげさまでここ数年でお客様は5〜6年前から3〜4倍くらいにはなりました。ありがたいことです。

——すごい伸び率ですね。何か大きなキッカケはあったのですか?

先ほども少し触れましたが、オートキャンプ協会の講習が1つのキッカケで、あのタイミングで自分たちの意識も変わりましたね。

キャンパーさんとのつながりもそうですけど、同じキャンプ場の皆さんと繋がることで比較することができた。そこからでしょうね。変えようと思ったのは。

「自分たちはファミリービレッジなんだ」

——ケニーズファミリービレッジといえば、利用に際して「25歳以上(子供を除く)」という年齢制限があることも特徴の1つですが、この制限もその変革の時期に導入されたんですか?

そうですね。色々と変えていく中で、頑張った分だけ結果的にお客様が増えました。しかし、エリアの特性として首都圏から近いということもあって、若者が「おい、BBQをやって騒ごうぜ」ということでそういったお客様が増えまして。

そういった方が別に悪いというわけではありませんが、色々と口コミなどで「あそこは客層が良くない」ですとか、そういった話が出てしまいました。ケニーズ自体は結構ミニマムなキャンプ場なので、1組そういったお客様がいると全体に影響が及んでしまうんです。

そういったことがあった時に、自分たちが目指すべきところはどこなんだろうと考えまして。「あ、自分たちは名前にもついている通り、ファミリービレッジなんだ」と。基本に立ち返って家族向けに転換していきましたね。

——年齢で区切るって、難しいところですよね?反響とかってあったんですか?

そうなんですよ。そこはすごく難しくて。半年くらいずーっと悩みましたね。これをやっていいのか。

本当はどんな年齢層にも間口は広げておきたいという思いはあります。小さい頃に家族で一緒にファミリーキャンプもとてもいいですけど、気の合う仲間と行ってキャンプするその思い出もいいと思うんですよ。だから、本当に悩みました。

ただ、この辺りは近隣に住宅も多くて、それこそあまり大きなキャンプ場ではないですし、地域の方とも仲良くやっていくべきだと思いました。そういった観点から年齢制限を設けさせて頂きました。

正直な話、私がしたこの選択はキャンプ場業界にとっては本当はよくないのではなかったのかなーと思ってますね。ファミリー層には本当にいいものを提供できるとは思っていますが、全体を通してみるとどうなんだろうということで申し訳ない気持ちもあります。

——難しいところですよね。ただ、その決断があったからこそ今のケニーズがあるわけですよね。

そうですね。ちょうどファミリーに転換しようと考えた時に、正直いってやはりお客様を制限すると経営的には難しいところがあるんですよ。

ただ、その時に「子どもと一緒に遊びに行こう!」というコンセプトの「いこーよ」というサイトと出逢うことができまして。あちらもちょうど立ち上げの時期で一緒になって作り上げてくることができました。おかげさまでアクセスランキングでも上位になることができましたね。

いこーよのサイト内での検索は常に上位

いこーよのサイト内での検索は常に上位

——そんな経緯もあったんですね。ファミリー向けということで、先ほどの年齢制限とも重なりますが、25歳以上の若いファミリーキャンパーってどうですか?いらっしゃいますか?

そうですね。最近は若いご夫婦、ファミリーは増えた印象がありますね。

——キャンプブームとも言われてますけど、その辺りはキャンプ場としてどのように感じてますか?

増えているのは間違いないですね。ただブームとかはあんまり意識してません。立地的に都心から近いので、ぜひ気軽に来てほしいなっとは思ってます。

この夏オープン予定の新規キャンプ場のコンセプトは”古民家、和”

——そういえば新しいキャンプ場をスタートされるんですよね?

そうなんですよ。25年位前からやっているキャンプ場なんですけど、もともとそこは1640年に作られた今でも住まわれている古民家がありまして。その一部をキャンプ場の受付や宿泊施設として提供しようと考えてます。

河原をキャンプサイトにして、「古民家×キャンプ場」というような、和風でレトロなニュアンスのキャンプ場にしようと考えてますね。

こちらが1640年に建てられた古民家

こちらが1640年に建てられた古民家

——いやー、新しいですねー。ケニーズとは全く違う雰囲気になりますね。

関連記事一覧