キャンプの夜を快適に過ごそう!エアーマットの選び方

キャンプやツーリング、登山等のアウトドアな夜を快適に過ごすには欠かせない「エアーマット」。快適に眠れるだけでなく、地面からの底冷えも防いでくれる優れものです。今回は、そんな「エアーマット」の選び方とおすすめの商品をご紹介いたします。

エアーマット持ってますか?.HYAKKEI 読者700人に聞いてみた!

「エアーマット」ってよく聞くけど、実際どれくらいの人が使っているのだろう?そんな疑問をもった.HYAKKEI編集部は、読者の皆様にキャンプ用エアーマットを使っている人がどれくらいいるのか、アンケートをとってみました。

(※ 2020年8月23日 .HYAKKEI調べ)

気になる結果は…。

エアーマットを持っている人と持っていない人が半々でした!おそらく、この記事を読まれている方も、持っていない派ではないでしょうか。

キャンプ用寝具はエアーマット以外にも様々な種類があります。そのためキャンパーの中でも、どの寝具を選ぶかは人それぞれ好みや用途によって分かれていそうですね。

「エアーマット」は他のマットと何が違う?

そもそも「エアーマット」とは、マットタイプの寝具の1つです。キャンプ用には他に「インフレーターマット」と「クローズドセルマット」があります。

これらの違いを例えるならば、「エアーマット」は浮き輪、「インフレータブルマット」はスポンジ、「クローズドセルマット」は折り畳み式マットといったところ。

エアーマットインフレーターマットクローズドセルマット
イメージ
どんな人におすすめ? 荷物を減らしつつ快適に寝たい人 手間がかかっても快適に眠りたい車移動の人 かさばるけど手軽に使いたい人
中の材質空気 ポリウレタンなどの断熱発泡素材と空気 ポリウレタンなどの断熱発泡素材
使い方空気を手動で入れて
膨らませる
20分程放置して
自動で膨らませる
広げるだけ
片付けの手間
収納性
寝心地調整可ふかふか固め
防寒性
軽量性
耐久性


荷物を減らしたいキャンプやツーリング、登山等では、携帯性が高くある程度快適な寝心地が得られる「エアーマット」がおすすめです!

おすすめのキャンプ用エアーマット4選

▼ ご紹介する4つのエアーマットの概要はこちら


 KINGOODSSableSGODDEコールマン
収納時の
サイズ
10 × 21㎝35 × 15cm35 × 15cm20 × 32cm
サイズ68 × 198cm 厚さ7cm72 × 194cm 厚さ14cm63 × 195cm 厚さ12cm97 × 185cm 厚さ20cm
重さ0.55 kg1kg1.29g2.1kg
参考価格¥3,353¥3,703¥3,080¥5,980

足踏み式空気入れで楽チン!KINGOODS エアーマット

空気を入れるのが大変なイメージのあるエアーマットですが、こちらの商品は、約40-60回ほど足で踏むだけで膨らませることができます。また複数のエアーマットをボタンで連結することができるので、ダブルサイズのエアーマットを買うよりも、パンクのリスクを分散させることができます。家族キャンプ用にいかがでしょうか。

Amazonで購入する楽天で購入する

押すだけで簡単にふくらむ!Sable キャンプエアーマット

「エアーマットは自力で膨らませるもの」そんな常識を覆すこちらの商品は、注入口を手や足で押すだけで2〜3分で膨らむというエアーマット界の革命児!寝返りなど体の動きに合わせた設計になっており、寝心地も抜群です。

Amazonで購入する楽天で購入する

抜群の断熱性!SGODDE エアーマット

楽々空気注入の足踏みポンプ式エアーマットです。こちらもボタンで複数枚を連結できます。また断熱力を示すR値は厳冬にも対応できる5.0という高さなので、冬や山での利用も可能です!

Amazonで購入する楽天で購入する

パンクに強い二重構造!コールマン エアーベッド

最後にご紹介するのは、みなさんご存知 コールマンのエアーマットです。見た目通りしっかり地面の凸凹から守ってくれそうな厚みは、なんと20cm!どんな環境でも、ぐっすり眠れること間違いなしですね!エアーマットにありがちなパンクを防ぐため、マットは安心の二重構造になっています。強度を高めるために作りや素材がしっかりしているので、硬めのベッドがお好み方におすすめです。

Amazonで購入する楽天で購入する

快適な睡眠をサポート、一緒にこちらもお忘れなく!

空気入れも楽々!RUNACC 充電式電動エアーポンプ

エアーマットだけでなく、空気入れが必要なSUP(サップ)や浮き輪にも使えるエアーポンプ。電源不要の充電式でアウトドアに最適なアイテムです。重さは僅か270gと、荷物の邪魔になりません。空気入れが不安な方や楽に膨らませたい方は、エアーマットのお供にいかがでしょうか。

エアーマットでの睡眠をより快適にするポイント

夏場はタオルを敷いて汗のベタつきを防ごう!

エアーマットは浮き輪のような素材で出来ています。そのため汗をかく夏場のキャンプではエアーマットの上に1枚タオルやブランケット等を敷くことで、より快適に過ごせます。寝返りを打った時に肌とマットが擦れる「キュッキュッ」といった音も防いでくれる有能アイテムです!

冬場は銀マットをプラスして防寒性UP

冬場や高山でのキャンプであれば寒さ対策もプラスしたい…。さらに寝心地も、携帯性も、耐久性も…と欲張りになると、エアーマットだけではカバーしきれない場合も。 そんなときは、スーパーや100均にも売っている銀マットを1枚、マットの下に敷くだけで断熱性が格段にUPします!

まとめ

キャンプでの睡眠を快適にしてくれる寝具は様々なものがあり、アンケート結果にもあったように、キャンプ好きの中でも好みが大きく分かれるものです。荷物を減らしたい、お家でコンパクトに収納したい方は、エアーマットをキャンプギアに取り入れてみてはいかがでしょうか。ぐっすり眠って、翌日まで丸っとキャンプを楽しみましょう!

関連記事一覧