• キャンプ道具・ギア
  • キャンプ道具・ギアの記事一覧です。キャンプ道具は種類が多すぎてどれを選べば良いのかわからない!すでに一通り持っているけど、自分だけのこだわりアイテムが欲しい!そんな初心者の方から上級者の方向けに、実際に手に取り、現場で実際に使ってみてのギアレポートをお届けします。

ネイチャーストーブ徹底比較!|焚き火バカによるおすすめアイテムレビュー#05

焚き火バカのアウトドアマン2人がお届けする、焚き火アイテムレビュー企画。第5回目は、男のロマン!?ネイチャーストーブを比較し、おすすめします。

▼ 他の焚き火バカアイテムレビューはこちら

国内外の最新焚き火台徹底比較!|焚き火バカによるおすすめアイテムレビュー#01

焚き付けアイテム徹底比較!|焚き火バカによるおすすめアイテムレビュー#02

焚き火に合うエプロン徹底比較!焚き火バカによるおすすめアイテムレビュー#03

新作ガレージブランド焚き火台徹底比較!2018|焚き火バカによるすすめアイテムレビュー#04

焚き火をのんびり楽しめるチェア徹底比較!|焚き火バカによるすすめアイテムレビュー#06

密かなブームのネイチャーストーブとは

市販されている薪や焚き付けを使わず、身近に落ちている枯れ葉や小枝などを燃料として使うエコな焚き火台です。アウトドア雑誌の付録としても定番になりつつあるので、見たことのある人も多いのでは?

燃焼効率も高く、サッとお湯も沸かせ、ちょっとした料理も作れるので、特にソロキャンパーに人気が高いようです。
また、収納サイズも設置サイズも小さくてコンパクトなものばかりなので、持ち運びも便利です。
いま注目されているネイチャーストーブを“焚き火バカ”の二人が、その人気の秘密を探って行きます。

見城:
「またずいぶんと長い間原稿を寝かせていたね?!」

猪野:
「すみません…、なんだか急に忙しくなってしまいまして…」

見城:
「季節も変わっちゃったよ。噂によるとテレビに出たんだって?でも僕は呼ばれてないし、それとこれとは別だからしっかり仕事してください。(笑)」

猪野:
「はい!よろしくおねがいします!」

BONFIRE FREAKS(焚き火バカ)のカメラマン見城了(左)と焚き火マイスターの猪野正哉(右)
BONFIRE FREAKS(焚き火バカ)のカメラマン見城了(左)と焚き火マイスターの猪野正哉(右)

猪野:
「寂しがり屋の私はキャンプも山登りも1人では行かないので、ネイチャーストーブとは縁遠いです」

見城:
「一人だと寂しくて楽しめない猪野くんには理解不能?(笑)ソロキャンプはなんかちょっとサンクチュアリ(聖域)な感じがするんだよね。不可侵な感じというか」

猪野:
「確かに。それにネイチャーストーブは大人の火遊び感がありますよね。でもいつかはバーボン片手に揺らぐ炎の前で人生を振り返ってみたいです」

見城:
「ごめん…ちょっと想像つかない(笑)でも知ってる?最近キャンプ場の端っこなんかに、ソロキャンパーが集まって小さな村みたいなっていたりするんだよ。
車やバイクの人はもちろん、自転車や、なかには電車で来ている人も。そうやってソロキャンプが好きな人が集まって“ソロだけど一人じゃない、一人なんだけど周りに仲間もいる”みたいな感じで。お互い深く干渉せずにユルくつながっている感じがして、なんか良いな〜と思う。皆それなりのスキルを持っていて、お互いに認め合ってないと出来ないことだしね。色んなギアとかスキルを教え合ったり試してみたりするのも楽しそうだし。大人同士のお付き合いっていうかさ」

猪野:
「へぇ〜?!それなら寂しくはなさそうですね。ちょっと楽しそう」

個性豊かなネイチャーストーブを使ってみる

小さいながらも機能性やパワーを兼ね備えたネイチャーストーブ。コスパも良く、気軽に焚き火を楽しめることから人気があります。通常の焚き火台比べて種類は少ないながらも、メーカーの知恵とアイデアから生まれたアイテムばかりです。

すべてが手のひらサイズと小さく、火が点くのかと不安になるほど。
百聞は一見に如かず、早速、検証開始です。

ハイカーにも人気のエンバーリット「ストーブUL(チタン)」

キャンパーはもちろん、ULハイカーにも人気のタフで軽いストーブ。
4つの同じパーツをスリットに差し込むだけのシンプルな構造です。空気口から入る空気は上昇気流を生み出し、スムーズに燃えます。またチタン製で防錆加工が施されているので、長く愛用できます。クロスに組み合わせて上に乗せる五徳が付属します。

安定感があるのでカップも乗せられます。

見城:
「理にかなった構造だからか、燃焼効率も良くて炎の立ち上がりかたが綺麗だね。」

猪野:
「いわゆる煙突型ってやつですね。焚き火好きとしては、プチ焚き火台として使えそうですよね」

見城:
「それなら、料理好きとしては鍋を置いて使ってみたいな。もちろん大きなものはおけないけど、台形の形と、五徳があることで安定感もあるし」

猪野:
「これまでたくさんの焚き火台を組み立ててみて思ったのですが、実はスリットにハメ込むタイプはどうも苦手です…」

見城:
「こらこら〜、まだ1つ目だよ(笑)ネイチャーストーブと言えばハメ込み式でしょ!このストーブはULハイカーからも支持されてるみたいだけど、ハイカー猪野としてはどう?」

猪野:
「重たくてもラクしてご飯を食べたいので、私は断然ガスバーナー派です!」

見城:
「おい!話が終わってしもたやんか〜!?このストーブは総じて平均点が高く、使いやすいと思います!」

1人向き(Bonfire Freaks調べ)

総合評価(最高評価は五つ星)

見城猪野レビュー
目立ち度☆☆☆☆☆☆ザ・ネイチャーストーブと言った王道のフォルム(見城)
シルエットがスマートなので、風景にすんなり溶け込む(猪野)
携帯性☆☆☆☆☆☆☆☆☆薄くなるのはありがたいしチタンだから軽い(見城)
サイズ、重量、文句なし(猪野)
耐久性☆☆☆☆☆☆☆☆☆きちんと丁寧に使えば長く使えそうです。(見城)
価格の安いステンレス製もあるが、長い目で見ればお得(猪野)
設営性☆☆☆☆☆ちょっと弄っていれば誰でも組み立てられそう(見城)
女性でも簡単に組み立てられる(猪野)
燃焼性☆☆☆☆☆☆☆☆どんどん燃えます。その分のんびりは出来ません(見城)
着火すれば上部からも枝などを入れられバンバン燃やせる(猪野)
デザイン性☆☆☆☆☆☆☆☆☆質実剛健で基本に忠実。機能美。(見城)
シンプルなデザインで飽きがこない(猪野)

関連記事一覧