キャンプも焚き火もチェア次第!

「キャンプ道具は何から揃えたら良いですか?」と聞かれたら、テントでも寝袋でもなく、迷いなくチェアと答えます。それほどアウトドアシーンにおいてチェアは大事になってきます。

キャンプや焚き火では長時間、座っての作業が多く、座り心地や座面の高さに左右されます。チェアを中心にキャンプギアを揃えていくことをオススメします。またアウトドアショップで実際に試し座りしてみるのも良いでしょう。

今回も“焚き火バカ”の二人が、焚き火にあったチェアを探って行きます。

見城:
「季節じゃなくて、年が変わったけど…(怒)!!!」

猪野:
「すみません!!!!!!!!!!!」

見城:
「せっかくお揃いのTシャツで撮影したのに!貸してくれたメーカーさんも怒ってると思うよ(笑)!!!」

猪野:
「申し訳ございません!!!!!!!!」

キャンプも焚き火もチェア次第!|「焚き火をのんびり楽しめるチェア徹底比較!|焚き火バカによるすすめアイテムレビュー#06」の4枚目の画像

見城:
「座ってないで、始めますよ」

猪野:
「今回は座ることが仕事なんで(笑)」

見城:
「今年も先が思いやられますね…」

焚き火には最強のペレグリンファニチャー「レザーのカーミットチェア用張替えジャケット」

キャンパー憧れのチェアのひとつ「カーミットチェア」。そこに脱クロム牛革を用いた、カーミットチェア用の張替えキットです。本来はナイロン生地ですが、アウトドアシーンでの実用性、アイデアから生まれています。レザーに変えるだけで、グッと高級感が増し、程よい艶がキャンプサイトが引き締めてくれます。インドアのインテリアとしても使えます。

 焚き火には最強のペレグリンファニチャー「レザーのカーミットチェア用張替えジャケット」|「焚き火をのんびり楽しめるチェア徹底比較!|焚き火バカによるすすめアイテムレビュー#06」の2枚目の画像

猪野:
「持ちやすいですし、持っているだけで『キャンプギアのこと知ってるねー』みたくなりますよね」

見城:
「分解できて、専用の収納袋もあるから、もっとコンパクトになるよ」

 焚き火には最強のペレグリンファニチャー「レザーのカーミットチェア用張替えジャケット」|「焚き火をのんびり楽しめるチェア徹底比較!|焚き火バカによるすすめアイテムレビュー#06」の4枚目の画像

猪野:
「こういう組み立てるやつ、苦手っす」
見城:
「また横着グセ?それを言っちゃお終いでしょ?!面倒なのは始めだけだから。慣れれば一分で組み立てられます!」

 焚き火には最強のペレグリンファニチャー「レザーのカーミットチェア用張替えジャケット」|「焚き火をのんびり楽しめるチェア徹底比較!|焚き火バカによるすすめアイテムレビュー#06」の6枚目の画像

猪野:
「おお!確かに組み上がるとかっこいいですね!でもレザーって、ずっと座っていると伸びたりしないんですか?」

見城:
「座面と背もたれの裏面に30mmのテープを3本縫い付けてあるから、伸びを最小限に抑えることができるよ。でもどうしても革は少し伸びて凸凹になるけど、それがお尻の滑り止めになっていて個人的には座りが良くなっているようにも感じるな。」

猪野:
「それなら安心して長い間使えて、更にレザーの経年劣化も楽しめますね」

 焚き火には最強のペレグリンファニチャー「レザーのカーミットチェア用張替えジャケット」|「焚き火をのんびり楽しめるチェア徹底比較!|焚き火バカによるすすめアイテムレビュー#06」の8枚目の画像

見城:
「カーミットチェアは構造上、加重がかかるほど安定していき、100キロの人でも大丈夫」

猪野:
「タフですね!だけどお手入れが大変そうですが…」

見城:
「普通の革のお財布なんかと同じだよ。ただ面積が大きくなってしまうけど。たまに革用のオイルを塗り込んであげると、より長く美しく保てるんじゃないかな?」

 焚き火には最強のペレグリンファニチャー「レザーのカーミットチェア用張替えジャケット」|「焚き火をのんびり楽しめるチェア徹底比較!|焚き火バカによるすすめアイテムレビュー#06」の10枚目の画像

猪野:
「自然の中にもすんなり溶け込みますね。あと今回は直火だからワイルドな感じに見えますが、どんなシーンにでも対応してくれそう」

見城:
「革の座面は、焚き火では大活躍してくれます。『席を立って、戻ってきたら、火の粉で穴が開いている』っていう心配もない。でもどデカイのが飛んで来ると、焦げ目は付くけど」

猪野:
「私のチェア、どれも穴だらけです…」

 焚き火には最強のペレグリンファニチャー「レザーのカーミットチェア用張替えジャケット」|「焚き火をのんびり楽しめるチェア徹底比較!|焚き火バカによるすすめアイテムレビュー#06」の12枚目の画像

猪野:
「背面と座面のパーツが湾曲していて、体に当たらない様になっているところとか、すごい作りですよね。」

見城:
「長い時間座っているとちょっとしたことがストレスに感じるもんね。実は座り心地はそれほど良くはないんだけど、デザインと機能性を兼ね備えた名品だと思う。MoMAに永久保存しても良いと思うくらい。ただ、腰痛持ちの人には座面の角度が後ろに食い込むので辛いかも。なので僕はBallistics x ナチュラルマウンテンモンキーのノビタというオプションの調整パイプを付けています。」

猪野:
「う〜ん、きれいな椅子ですよね。やっぱり欲しい…。」
http://www.kermitchair.jp/

ペレグリンファニチャー「レザーのカーミットチェア用張替えジャケット」
¥17,500(税抜)

総合評価(最高評価は五つ星)

○安定性
見城 ☆☆☆☆
猪野 ☆☆☆☆☆
四足で立っているので安定感はあるが、下が柔らかいところでは埋まってしまうので不利。(見城)
抜群の安心感がある(猪野)

〇携帯性
見城 ☆☆☆☆☆
猪野 ☆☆☆☆
折りたたんだだけの状態でも保管できるし、全てのパーツをバラバラにすれば更に小さくなる。(見城)
収納スペースがあるのであれば分解せずに置いておきたい(猪野)

〇耐久性
見城 ☆☆☆☆
猪野 ☆☆☆☆
石や砂利の上で使う時は気を使う。皆さんシリコンのカバーを取り付けて使っているみたいですね。(見城)
重さには強いが、あくまでもベースはウッドなので(猪野)

〇設営性
見城 ☆☆☆
猪野 ☆☆☆
一から組み立てるのはコツを掴む必要があります。(見城)
簡単ではあるがパーツが多い分、なくす可能性も(猪野)

〇デザイン性
見城 ☆☆☆☆☆
猪野 ☆☆☆☆☆
素晴らしいの一言。(見城)
これを超す人気、デザインは出てこないかも!?(猪野)

よりリラックしたいならバリスティック「LOWER CHAIR」

英軍が使用したフィールドチェア(ローバーチェア)のロータイプバージョンです。独自に改良を加え、座面高をカーミットチェアとほぼ同じ高さにし、座面を後ろ下がりにするなど、キャンプユーザーのことを考えた作りに。

よりリラックしたいならバリスティック「LOWER CHAIR」|「焚き火をのんびり楽しめるチェア徹底比較!|焚き火バカによるすすめアイテムレビュー#06」の2枚目の画像

猪野:
「なんだかパイプ椅子を持っているみたいですね(笑)」

見城:
「言い方!確かにベースになっているローバーチェアも似ているけど、ただのパイプ椅子よりずっと座り心地は良いよ!」

よりリラックしたいならバリスティック「LOWER CHAIR」|「焚き火をのんびり楽しめるチェア徹底比較!|焚き火バカによるすすめアイテムレビュー#06」の4枚目の画像

見城:
「ローバーチャアはどこか野暮ったく見えたけど、このシルエットはきれいだよね。それにこの座面の布地も、厚みもありしっかりしていてテカリのない質感も素晴らしい。」

猪野:
「いやいや、ただ眺めているより座りましょうよ(笑)」

よりリラックしたいならバリスティック「LOWER CHAIR」|「焚き火をのんびり楽しめるチェア徹底比較!|焚き火バカによるすすめアイテムレビュー#06」の6枚目の画像

見城:
「さっき猪野くんが持っていたところが少し後方に曲げられていて、ヘッドレストにもなり、持ち運ぶ時にはキャリング用ハンドルにもなるんだね。」

猪野:
「おお!これはただのパイプ椅子にはない気配り。座る人に優しい作りなんですね!」

よりリラックしたいならバリスティック「LOWER CHAIR」|「焚き火をのんびり楽しめるチェア徹底比較!|焚き火バカによるすすめアイテムレビュー#06」の8枚目の画像

猪野:
「焚き火台とか、火の高さと、椅子の座面の高さの相性って大切なんだと思うんだけど、これなら市販されているどの焚き火台にも合いそうですね?!」

よりリラックしたいならバリスティック「LOWER CHAIR」|「焚き火をのんびり楽しめるチェア徹底比較!|焚き火バカによるすすめアイテムレビュー#06」の10枚目の画像

見城:
「通常の高さのローバーチャアに比べて、脚を短くすることで剛性もアップしている。どんなに後ろ側に負荷をかけてふんぞり返っても倒れることは無さそう。」

猪野:
「安定感もあって、酔っ払っても安心ですね。ヘッドレストがちょうど首のツボに当たるから、ずっとグリグリしちゃいます。木の肘掛けも付いてるしこれはリラックスできますね〜」

見城:
「ちょっと!そのまま眠らないでよ?!」

バリスティック「LOWER CHAIR」
¥26,000(税抜)

総合評価(最高評価は五つ星)

○安定性
見城 ☆☆☆☆
猪野 ☆☆☆☆☆
安定感抜群ですが、凸凹のある場所では下のバーが当たってしまうかも。(見城)
ベースが軍モノなので安心の頑丈さ(猪野)

〇携帯性
見城 ☆☆☆
猪野 ☆☆
アルミのパイプなので、見た目よりも軽いです。(見城)
車がないと持ち運びは厳しい(猪野)

〇耐久性
見城 ☆☆☆☆
猪野 ☆☆☆☆☆
ガッチリとして長く使えそうです。(見城)
壊れる気がしない(猪野)

〇設営性
見城 ☆☆☆☆
猪野 ☆☆☆☆☆
広げるだけの簡単設計(見城)
説明書、要らず(猪野)

〇デザイン性
見城 ☆☆☆☆
猪野 ☆☆☆☆
無骨なのが良い。(見城)
男くさいデザインが◎(猪野)

山にも海にも持っていきたくなるクレイジークリーク「HEX2.0オリジナルチェア」

様々なアウトドアシーンに対応できる折り畳み式軽量チェア。機能性も高く保温性と適度な硬さがあり、座り心地も抜群。見た目以上にタフな作りになっています。

 山にも海にも持っていきたくなるクレイジークリーク「HEX2.0オリジナルチェア」|「焚き火をのんびり楽しめるチェア徹底比較!|焚き火バカによるすすめアイテムレビュー#06」の2枚目の画像

猪野:
「とにかく軽いっす!椅子を持っている感じは全くしないっす(笑)

見城:
「確かにパッと見はただのシートか何かみたいで椅子だとは分からないよね。このサイズならザックのサイドポケットにも入るし、軽くて持ち運びもラクだから、山歩きとかソロキャンプに持って行きたくなるね」

 山にも海にも持っていきたくなるクレイジークリーク「HEX2.0オリジナルチェア」|「焚き火をのんびり楽しめるチェア徹底比較!|焚き火バカによるすすめアイテムレビュー#06」の4枚目の画像

猪野:
「でもちょっとフニャっとしていて頼りない感じが…」

見城:
「でも、カーボン製のフレームも入ってるみたいだし、硬めの緩衝材を丈夫な生地で挟んで圧着してあったり、かなり斬新な作りになっているよ。ストラップの付け根もしっかりした縫製で強化されているから安心して座れるそう」

猪野:
「見た目じゃないってことですね(笑)」

 山にも海にも持っていきたくなるクレイジークリーク「HEX2.0オリジナルチェア」|「焚き火をのんびり楽しめるチェア徹底比較!|焚き火バカによるすすめアイテムレビュー#06」の6枚目の画像

見城:
「この座面の角度調整に使うプラパーツもオリジナルなのかな?こんなの見たこと無いもん。既存のプラパーツだけで作ることだってできただろうけど」

猪野:
「さすが!目の付け所が違いますね。私なんてまったく気にしないです」

見城:
「そういう細かいところを見るのもギア好きにはたまらない(笑)」

 山にも海にも持っていきたくなるクレイジークリーク「HEX2.0オリジナルチェア」|「焚き火をのんびり楽しめるチェア徹底比較!|焚き火バカによるすすめアイテムレビュー#06」の8枚目の画像

猪野:
「このハチの巣みたいな作りは?」

見城:
「長時間座っていると背面が蒸れたりするから、通気性を考えてハニカム状に穴を開けてるんじゃないかなぁ?それと、こうしてくり抜くことで、より軽量化できるっていうメリットもあるよね」

ブッシュクラフトに最適

 山にも海にも持っていきたくなるクレイジークリーク「HEX2.0オリジナルチェア」|「焚き火をのんびり楽しめるチェア徹底比較!|焚き火バカによるすすめアイテムレビュー#06」の11枚目の画像

見城:
「地面に直接座るチェアだから、ブッシュクラフトみたいなスタイルには最適かもね。脚の付いた椅子より、更に自然に近い感じというか」

猪野:
「耐水性もあって地面からの湿気も防いでくれそうです。たくさんのカラーバリエーションがあるから、手持ちのギアとの組み合わせとか好みとか、色選びも楽しそう。原色に近いと浮いちゃう恐れがありますね」

見城:
「でも、彩度を落とした濃色の生地だからか、この赤と青の組み合わせも気にはならないね。」

 山にも海にも持っていきたくなるクレイジークリーク「HEX2.0オリジナルチェア」|「焚き火をのんびり楽しめるチェア徹底比較!|焚き火バカによるすすめアイテムレビュー#06」の13枚目の画像

見城:
「座るとまったくチェアが見えないんだけど(笑)クレイジークリークは、人の体そのものも骨格として使うっていう発想の作りだよね。座りながら体を揺らせるのも良い」

猪野:
「椅子自体が身体を包み込んでくれるんで、身体との一体感があります。腰の負担も少ないので、腰の弱い見城さんにピッタリじゃないですか?!」

見城:
「そうだね〜。真夏に川の中で使ってみたいな。すぐに乾きそうだし。値段も手頃なのが嬉しいよね。」

クレイジークリーク「HEX2.0オリジナルチェア」
¥7,000(税抜)

総合評価(最高評価は五つ星)

○安定性
見城 ☆☆☆☆
猪野 ☆☆☆☆☆
雨が降るとお手上げです。(見城)
どんな場所でも座れる(猪野)

〇携帯性
見城 ☆☆☆☆☆
猪野 ☆☆☆☆☆
軽いのが素晴らしい(見城)
サイズ、重量、文句なし(猪野)

〇耐久性
見城 ☆☆☆
猪野 ☆☆☆☆
長期間使ってみないと分からない(見城)
石が多い場所はなるべく避けたい(猪野)

〇設営性
見城 ☆☆☆☆
猪野 ☆☆☆☆☆
簡単だけど使う場面を選ぶ。(見城)
ストレスなくスピーディーに設営できる(猪野)

〇デザイン性
見城 ☆☆☆☆
猪野 ☆☆☆☆
シンプルで合理的なデザイン(見城)
シンプルなデザインで飽きがこない(猪野)

「何、コレ?」って突っ込みたくなるサーマレスト「UNOチェア」

フェスやキャンプはもちろん、水辺での遊び、カヌー、カヤック、SUP にも役立つディスク型折りたたみ式のチェアです。広いディスク状が地面との接地面になるので、砂地でも安定します。

「何、コレ?」って突っ込みたくなるサーマレスト「UNOチェア」|「焚き火をのんびり楽しめるチェア徹底比較!|焚き火バカによるすすめアイテムレビュー#06」の2枚目の画像

見城:
「INOなのか?UNOなのか?(笑)」

猪野:
「UNOです(笑)フリスビー感覚で持ち運びもラクです」

見城:
「投げないでね(笑)」

「何、コレ?」って突っ込みたくなるサーマレスト「UNOチェア」|「焚き火をのんびり楽しめるチェア徹底比較!|焚き火バカによるすすめアイテムレビュー#06」の4枚目の画像

見城:
「このままでも座れそうだけど。ちょっとしたテーブルにもなりそうだしね。このフリスビーみたいなのの中にパーツが入っているのか?このケースも使うのかな?」

「何、コレ?」って突っ込みたくなるサーマレスト「UNOチェア」|「焚き火をのんびり楽しめるチェア徹底比較!|焚き火バカによるすすめアイテムレビュー#06」の6枚目の画像

猪野:
「はい。ディスク状のケースにこんなふうにしてポールを差し込んで、座面を装着します」

見城:
「いくつかの接地点で支えるチェアが多いなか、面で支えるていう作りは珍しいよね」

猪野:
「置く前に、地面の石とかを取り除いておいた方が良さそうですね」

ゆったりとソロ焚き火を楽しみたいときに

「何、コレ?」って突っ込みたくなるサーマレスト「UNOチェア」|「焚き火をのんびり楽しめるチェア徹底比較!|焚き火バカによるすすめアイテムレビュー#06」の9枚目の画像

見城:
「ボトムに円盤があるこの作りはやっぱり斬新!軽くて携帯性も良いから、フェスでも活躍してくれそう」

猪野:
「確かに見たことないですね。バイクでのソロキャンの人なんかに良いかも。色もカラフルだし、寂しく無さそうだし(笑)」

見城:
「こら!ソロは決して寂しくないから!心の充足なんですよ。ソロを愛する人に怒られますよ!」

猪野:
「はい、すみません…」

「何、コレ?」って突っ込みたくなるサーマレスト「UNOチェア」|「焚き火をのんびり楽しめるチェア徹底比較!|焚き火バカによるすすめアイテムレビュー#06」の11枚目の画像

見城:
「座った感じ、収まりは良さそうだよね?でも猪野くんの背中は寂しそう(笑)」

猪野:
「なんてことを!これ、収まりが良過ぎてもう立ちたくない!これで肘掛けがあれば最高!」

見城:
「そもそものコンセプトが違うでしょ?!ディスクをひっくり返して黒い面にポールを差し込めば、テーブルとしても使えるみたいだよ。十分な機能なんだから贅沢を言わないの」

サーマレスト「UNOチェア」
¥14,000(税抜)

総合評価(最高評価は五つ星)

○安定性
見城 ☆☆☆
猪野 ☆☆☆
どっしりとした感じはないけど、砂地でも使えます(見城)
地面の条件で変わってしまう(猪野)

〇携帯性
見城 ☆☆☆☆
猪野 ☆☆☆☆
持ち運びやすくザックにもすっぽり入る大きさ(見城)
かさばらず、収納しやすい(猪野)

〇耐久性
見城 ☆☆☆
猪野 ☆☆☆
耐久性は未知数(見城)
ポールが細い分、座った状態で無理な態勢できない(猪野)

〇設営性
見城 ☆☆☆
猪野 ☆☆☆☆
直感的にできる(見城)
穴の向きを見極めてポールを挿すこと(猪野)

〇デザイン性
見城 ☆☆☆☆
猪野 ☆☆☆☆☆
見たことのない合理的な作り(見城)
グッドデザイン賞をあげたいぐらい(猪野)

カンカンに蓋を付けるだけで立派なチェアに。ペレグリンファニチャー「ペール缶のフタ」

ちょっとしたアイデアひとつでアウトドアシーンに機能性をプラス。生活用品もプラスアルファすればチェアに早変わり。容器でしかなかったペール缶にフタを付け、収納にも椅子にもテーブルにもなります。

 カンカンに蓋を付けるだけで立派なチェアに。ペレグリンファニチャー「ペール缶のフタ」|「焚き火をのんびり楽しめるチェア徹底比較!|焚き火バカによるすすめアイテムレビュー#06」の2枚目の画像

猪野:
「なんか廊下に立たされている感、半端ないですね(笑)」

見城:
「今度は何したのさ?(笑)ブランクの真っ白だと見た目はいまいちだよね」

 カンカンに蓋を付けるだけで立派なチェアに。ペレグリンファニチャー「ペール缶のフタ」|「焚き火をのんびり楽しめるチェア徹底比較!|焚き火バカによるすすめアイテムレビュー#06」の4枚目の画像

猪野:
「ステッカー貼れば、なんとなくアウトドア仕様になるって言いますけど、どうみてもカンカン」

 カンカンに蓋を付けるだけで立派なチェアに。ペレグリンファニチャー「ペール缶のフタ」|「焚き火をのんびり楽しめるチェア徹底比較!|焚き火バカによるすすめアイテムレビュー#06」の6枚目の画像

猪野:
「こっちは現場感が凄い!」

 カンカンに蓋を付けるだけで立派なチェアに。ペレグリンファニチャー「ペール缶のフタ」|「焚き火をのんびり楽しめるチェア徹底比較!|焚き火バカによるすすめアイテムレビュー#06」の8枚目の画像

見城:
「言い過ぎですよ(笑)両サイドにU字のくり抜きを設けることで、フタを開けるときの引っ掛かりにもなるし、トングや火吹き棒を挿しておけるようになっています」

 カンカンに蓋を付けるだけで立派なチェアに。ペレグリンファニチャー「ペール缶のフタ」|「焚き火をのんびり楽しめるチェア徹底比較!|焚き火バカによるすすめアイテムレビュー#06」の10枚目の画像

見城:
「キャンプエプロンを巻きつけると、外付けのポケットにも。ホームセンターなどで売られている一般的な20Lのプラスチック、スチールのペール缶用ならなんでもフィットします」

猪野:
「かなり道具感が出てきましたね。でもちょっと微妙かなぁ(笑)」

 カンカンに蓋を付けるだけで立派なチェアに。ペレグリンファニチャー「ペール缶のフタ」|「焚き火をのんびり楽しめるチェア徹底比較!|焚き火バカによるすすめアイテムレビュー#06」の12枚目の画像

猪野:
「テーブル&収納アイテムとして使って、チェアが足りないとき用ですね」

見城:
「使い方も多いし、カスタムできるのもコレの良さ」

 カンカンに蓋を付けるだけで立派なチェアに。ペレグリンファニチャー「ペール缶のフタ」|「焚き火をのんびり楽しめるチェア徹底比較!|焚き火バカによるすすめアイテムレビュー#06」の14枚目の画像

猪野:
「座ってみた感じは思ったより良いかも(笑)焚き火を上から包み込むような感じで火に当たれるから暖かい。」

見城:
「公園の隅でおじいちゃんが将棋を囲んでる感じ?これを幾つか並べて、みんなで火を囲むのも良いかも。焼き芋したり?昔ながらの気楽な焚き火に見える。」

ペレグリンファニチャー「ペール缶のフタ」
¥3,800(税抜)

総合評価(最高評価は五つ星)

○安定性
見城 ☆☆☆
猪野 ☆☆
それほど悪くはない(見城)
長時間は座っていられない(猪野)

〇携帯性
見城 ☆☆
猪野 ☆☆☆
良くはない(見城)
収納とチェアの両使いと考えれば◎(猪野)

〇耐久性
見城 ☆☆☆
猪野 ☆☆☆☆
悪くはない(見城)
プラスチックは火に弱いので注意を(猪野)

〇設営性
見城 ☆☆☆☆
猪野 ☆☆☆☆☆
そのまんま缶(見城)
設営するまでもない(猪野)

〇デザイン性
見城 ☆
猪野 ☆
デザインするまでもない(見城)
バッドデザイン賞をあげたいぐらい(猪野)

キャンパーに絶大の人気を誇るヘリノックス「タクティカル サンセットチェア/マルチカモ」

類似品が出回るほど、キャンパー御用達のチェアブランド。このロングバックタイプのリラックスチェアも収納時は超コンパクトになります。シンプルな構造でありながらも驚くような座り心地になっています。

キャンパーに絶大の人気を誇るヘリノックス「タクティカル サンセットチェア/マルチカモ」|「焚き火をのんびり楽しめるチェア徹底比較!|焚き火バカによるすすめアイテムレビュー#06」の2枚目の画像

猪野:
「ベーシックなタイプよりは、収納も少し大きいですが、まったく気にならないサイズですね」

見城:
「そこが凄いよね〜。決して安くはないんだけど、確かな作りと携帯性も選ばれる理由のひとつなのかな。」

キャンパーに絶大の人気を誇るヘリノックス「タクティカル サンセットチェア/マルチカモ」|「焚き火をのんびり楽しめるチェア徹底比較!|焚き火バカによるすすめアイテムレビュー#06」の4枚目の画像

猪野:
「見た感じから、身体をスッポリ包み込んでくれそうですね」

見城:
「座面の上部に取り付ける枕は、別売りオプションなのかな?枕を装着すると普通に寝れるよ」

キャンパーに絶大の人気を誇るヘリノックス「タクティカル サンセットチェア/マルチカモ」|「焚き火をのんびり楽しめるチェア徹底比較!|焚き火バカによるすすめアイテムレビュー#06」の6枚目の画像

猪野:
「地面が緩い場所でポールの先が埋まって行って、傾いている人を良く見かけますね(笑)」

見城:
「そこはオプションのボールフィートを装着すれば問題ないよ」
https://www.helinox.co.jp/product/home_deco_beach/acc/detail/130/

キャンパーに絶大の人気を誇るヘリノックス「タクティカル サンセットチェア/マルチカモ」|「焚き火をのんびり楽しめるチェア徹底比較!|焚き火バカによるすすめアイテムレビュー#06」の8枚目の画像

見城:
「背の高い人には、ちょうど良いはず。座面が高いことで足腰への負担も減って、猫背の猪野くんにはもってこいの背中が反るように作られているよ」

キャンパーに絶大の人気を誇るヘリノックス「タクティカル サンセットチェア/マルチカモ」|「焚き火をのんびり楽しめるチェア徹底比較!|焚き火バカによるすすめアイテムレビュー#06」の10枚目の画像

猪野:
「長年の姿勢の悪さで最近、身体にガタがきていますしね…。確かにこれは姿勢良く座れますね。気持ちいい〜」

見城:
「ちょっと、また寝落ちしないでよ!(笑)ロングバックだと首から上もサポートしてくれて、ストレスフリーな状態をキープしてくれる。超高力アルミフレームだから頑丈!

猪野:
「これにオットマンがあれば、完全に寝ますね。もう焚き火しなくても良いかな(笑)」

ヘリノックス「タクティカル サンセットチェア/マルチカモ

¥21,800(税抜)
総合評価(最高評価は五つ星)

○安定性
見城 ☆☆☆☆
猪野 ☆☆☆☆
適度にしなって揺れるのも良い(見城)
足元の不安はオプションで解消(猪野)

〇携帯性
見城 ☆☆☆☆
猪野 ☆☆☆☆☆
言うことなし!(見城)
とにかく軽い(猪野)

〇耐久性
見城 ☆☆☆☆
猪野 ☆☆☆☆
パイプの中のゴムが伸びやすい、そこだけ!(見城)
見た目以上にタフ(猪野)

〇設営性
見城 ☆☆☆
猪野 ☆☆☆☆
面倒っちゃ面倒ではある(見城)
組み立て嫌いな私でも◎(猪野)

〇デザイン性
見城 ☆☆☆☆
猪野 ☆☆☆☆☆
機能美!(見城)
いろいろな座面の生地もある(猪野)

焚き火バカ、オススメのチェアは?

猪野:
「チェアひとつでも様々なものがありますね。でも普段は丸太に座って焚き火をすることが多いので、そうなるとペール缶かな(笑)。でも、オススメするなら、なるべく火に近いクレイジークリークかサーマレストかなと。炎の動きを近くで見て欲しいですし。でもこれをキャンプ場とかでしていたら、ちょっと浮く恐れがあるかも…。他はキャンプをゆっくり楽しみたいときに座っていたいです」

見城:
「この新しいクレイジークリークは作り込みが素晴らしくて、久しぶりにグッと来たプロダクトだったけど、玄人向けなのかなぁ?雨が降ったらなかなか使う気にはなれないし。でもザック一つでひょいひょいと行動するようなスタイルの人にはうってつけかもね。広げれば寝袋の下のマットとしても使えそうだし。」

焚き火バカ、オススメのチェアは?|「焚き火をのんびり楽しめるチェア徹底比較!|焚き火バカによるすすめアイテムレビュー#06」の2枚目の画像

猪野:
「一つ感じたのは、地面からの距離によってスタイルが変わってくるんだな、って思いました。昔の、10年以上前のキャンプといえば、コールマンやスノーピークの座面高めのチェアに、腰の高さくらいのアルミテーブルっていう、家でいうとご飯を食べるダイニングのスタイルだったけど、今はロースタイルとかミドルスタイルの、言ってみればテレビ前のソファとコーヒーテーブルみたいな、リビングスタイルに移ったのかなと。」

見城:
「おお!?良いところに気がついたねぇ!

そうなんだよね。僕は前から言ってるんだけど、焚き火って恐らくテレビの代わりでもあるんだよね。ちょこまか触りたがる人とかいるでしょ?あれってテレビ見てても直ぐにチャンネル変える人なんだと思う(笑)。テレビと焚き火のどっちが先かって言うと、実は完全に焚き火の方が先なんだけどさ。家族や仲間と焚き火を囲んでた大昔の風景に戻っただけっていうか。今はスマホもパソコンもあるから、どんどん視線がパーソナルになって分散してる。でも焚き火をすれば自然に囲むことになるっていう。焚き火を囲んでみんなで和む、リラックスするってとても素敵なことだよね。だからマナーとか形式とか、肩肘張らずに済むスタイルに行き着くのは自然なことなんだと思う。」

猪野:
「いいお話ですね。。こんな時に言い難いのですが、原稿が遅すぎて、もうこの連載も終わるかもしれません。ヒャッケイさんにも愛想を尽かされるかも…」

見城:
「ええ?まだまだ続けたいのに?!ちょっとペール缶持ってそこに立ってなさい(笑)」

猪野 正哉

Live for today.

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

もっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

New Posts

最新の記事

もっと見る

特集

特集・連載コンテンツ

もっと見る

トピック一覧

トピックから記事をさがす

もっと見る
この記事を書いた人

猪野 正哉

アウトドアライター。千葉県にあるアウトドアスペース「たき火ヴィレッジ〈いの〉」も運営・管理する。現在はイベントや撮影場所提供のみ。一般開放できるよう、日々、開墾中。また焚き火マイスターとしても活動している。

関連トピック

トピックから記事を探す

▲TOPへ