• キャンプや登山入門編
  • キャンプや登山の道具、使い方等の記事一覧です。これからキャンプや登山を始めてみたいけど、何から始めたら良いのかわからない!どれを選べば良いのかわからない!そんな入門者の方向けに、アウトドア経験者がキャンプや登山の道具、使い方についてお伝えします。

【初心者必見】おすすめキャンプ用品11選!失敗しない選び方ガイド

これからキャンプを始めたいけど、どのキャンプ用品を買えばいいかわからない!今回は最初に揃えるならまずはこれ!という4つのキャンプ用品をご紹介いたします。

<こんな人におすすめ>
・これから自分のキャンプ用品を揃えていきたい初心者
・初キャンプに向けて、何を買うべきか迷っている未経験者

<わかること>
・キャンプ用品を買う前に知っておくべきこと
・最初に揃えるべきキャンプ用品4つ

手ぶらでもキャンプはできるんです!

「キャンプ用品なんて持ってないよ」という方に朗報です!実はキャンプに必要な全ての道具をレンタル出来る、手ぶらでOKのキャンプ場が増えています。キャンプをするために急いで道具を揃えるのではなく、こういったキャンプ場を利用しつつ、こだわりたいキャンプ用品が出て来たら購入するというのも一つのやり方です。

キャンプ用品を買う前に!

キャンプ用品を買う前に!

未経験者は、経験者にキャンプに連れていってもらおう!

キャンプ道具は思っている以上に、組み立てやお手入れが難しいもの。それを知らずにキャンプに挑むと、テントを立て終わる前に日が暮れてしまったり、せっかくのギアを痛めてしまうことも…。キャンプの一連の流れや基本的な道具の使い方を知るためにも、まずは経験者のいるキャンプにお邪魔させてもらいましょう!

キャンプ用品は、お家にあるもので代替しよう!

キャンプ用品の多くは、家にあるもので意外と代用できます!例えば、食事周りの道具一式はお家の食器とフライパン、カセットボンベで十分。直射日光や雨を遮るタープもブルーシートで代用できちゃいます。 夏場であればシュラフ(寝袋)も、おうちのブランケットやダウンでOK。案ずるよりは生むが易し!まずはキャンプ場へ行ってみましょう!

キャンプ用品、初心者が最初に買うならこの4種類!

キャンプ用品は決して安くはないお買い物。できれば「せっかく買ったのに失敗した…」「使いづらくて結局タンスの肥やしに…」となるのは避けたいですよね。

そんな不安をお持ちのキャンプ初心者にご紹介する “おすすめのキャンプ用品” は次の4種類です!

キャンプ用品、初心者が最初に買うならこの4種類!

上記4種類は、キャンプで1人1個使用しエース級に活躍するアイテムです。ここからは、購入前に初心者が考えるべきポイントとおすすめの商品をご紹介いたします。

1. アウトドアチェア

キャンプ道具の中で、一番使う時間が長いアウトドアチェア。どんなキャンプにも年中持参します。何もキャンプ道具を持っていない方は、チェアから購入しましょう。

超人気アウトドアチェア!「Helinox チェアワン」

超人気アウトドアチェア!「Helinox チェアワン」
出典:amazon

アウトドアチェアで代表的なメーカーといえば、ヘリノックス!その中でも特に人気のある『チェアワン』です。ヘリノックス製品は、お値段がやや高いのですが、性能がとても高く、多くのキャンパーに愛されています。軽くて、丈夫で、コンパクト、そんな三拍子が揃うチェアをお探しの方には、オススメのアイテムです。

地面からわずか15cm!「CAPTAIN STAG ロースタイルチェア」

地面からわずか15cm!「CAPTAIN STAG ロースタイルチェア」
出典:amazon

こちらも今流行りのローチェア、キャプテンスタッグ製です。座面の高さが15cmというリラックスできる座り心地で、地面により近い位置で焚き火やBBQを楽しめます。コンパクトに収納できるので、持ち運びも楽々!

流行りのロースタイル!「Hilander ウッドフレームチェア コットン」

流行りのロースタイル!「Hilander ウッドフレームチェア コットン」
Hilander ウッドフレームチェア コットン

人気の「カーミットチェア」のようなオシャレな見た目で、お手頃価格の1万円前後。アルミフレーム椅子と比べて、ウッドフレームは耐久性も座り心地も抜群です。フレーム分3.3kgと重さがありますが、コンパクトに折畳めるので持ち運びも問題なし。特に小さなお子様がいらっしゃる場合は、こちらのロースタイルで安定感のあるチェアが、安全面でもおすすめです。

コスパ抜群!「Viaggio+ アウトドアチェア」

コスパ抜群!「Viaggio+ アウトドアチェア」
Viaggio+ アウトドアチェア

【デザイン良し、コンパクト性良し、お値段良し】の三拍子揃ったコスパ抜群のアウトドアチェアで、筆者も愛用中です。重さは1kgしかなく、持ち運び時には小さなリュックにも入るほどコンパクトになります。メッシュの少ない丸いフォルムで、包み込まれるような座り心地です。有名ブランドではありませんが、amazonでの評価はかなり高め。3000円程なので、ブランドにはこだわらないコスパの良い椅子をお探しの方にはぴったりです!

2. シュラフ(寝袋)

夏以外のキャンプではマストアイテムのシュラフ(寝袋)です。自身の体にまとうものなので、出来ればレンタルや他の人から借りるのは避けたいところ。夏用であれば安くても大丈夫ですが、寒い時期に使う場合は、キャンプ道具の中で最も課金すべきアイテムです。

[選ぶポイント]
シュラフは形と素材を理解しておきましょう。

(1) 形 [マミー型/封筒型]
コンパクトで暖かいのはマミー型。封筒型はかさばりますが、用途が広くブランケットの様にも使えます。

(2) 素材 [化学繊維/ダウン]
ダウンは軽くて暖かいですが、値段が高く、湿気に弱め。化学繊維はかさばりますが、お手入れが楽でお手頃価格なので、初心者におすすめです。

大人気!気候に合わせて変幻自在「コールマン マルチレイヤースリーピングバッグ」

大人気!気候に合わせて変幻自在「コールマン マルチレイヤースリーピングバッグ」

3つのレイヤーを組み合わせることで、春夏秋冬の4シーズン対応可能の寝袋です。肌触りもよく、寝心地は抜群。チャック連結式なので、ブランケットのように横に繋げて使うこともできます。5kgという重さなので持ち運びの必要がない車移動の方や、これからどんな環境でキャンプをするかが決まっていない方におすすめです。

・中の素材:化学繊維
・形:封筒型

年中のキャンプをサポート 「モンベル バロウバッグ 」

年中のキャンプをサポート 「モンベル バロウバッグ 」
モンベル バロウバッグ

マミー型のシュラフです。下記の封筒型と比べ、包まれるような寝心地があります。保温性と速乾性にも優れ、夏の高山から冬の低山まで年中のキャンプをサポートする万能なシュラフです。

・中の素材:化学繊維
・形:マミー型

夏用の最初の1枚に! 「キャプテンスタッグ フォルノ 封筒型シュラフ」

夏用の最初の1枚に! 「キャプテンスタッグ フォルノ 封筒型シュラフ」
キャプテンスタッグ フォルノ 封筒型シュラフ

封筒型のこちらのシュラフは、上記のマミー型に比べて口が閉まっていないぶん広々と眠ることができます。チャックを広げて1枚のブランケットのようにして使うことも可能です。夏用のため薄く軽量。持ち運びに便利です。

・中の素材:化学繊維
・形:封筒型

3. カトラリーセット

持参するだけでツウの雰囲気を、お手軽に出せるアイテムです。お家の食器や割り箸等でも代用できますが、キャンプ用品の中でも比較的安く購入出来ます。

→ 関連記事:【初心者向け】カトラリーが変われば味わいが変わる!キャンプ用カトラリーの選び方

これ一つで完璧!「UJack 折りたたみ式 ステンレスカトラリー」

これ一つで完璧!「UJack 折りたたみ式 ステンレスカトラリー」
UJack 折りたたみ式 ステンレスカトラリー

収納袋、フォーク、スプーン、ナイフ、つなぎ箸、カラビナの6点がセットになったマルチなカトラリーセットです。折りたたみ式でコンパクトに収納可能。収納ケースがメッシュになっているので、カトラリーを洗ったあとそのまま入れて乾かすことができます。

渋いデザイン!「スノーピーク 和武器」

渋いデザイン!「スノーピーク 和武器」
スノーピーク 和武器

アウトドア好きで知らない人はいない「スノーピーク」の高級感あるカトラリー。いつものキャンプ料理も、この箸を添えるだけでワンランク上がりそうですね。ケースに収納するときは、グリップのステンレス部分を取り外せます。

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)

気になる4つ目のアイテムは…

関連記事一覧