カテゴリ: 体験レポート

水遊び&甘味処で暑さを忘れる!

水遊び&甘味処で暑さを忘れる!|「都会のオアシス『等々力渓谷』、猛暑の疲れはここで癒そう!」の1枚目の画像

暑い日が続きますね。特に緑が乏しい都心の人々は空からは強い日差し、さらにアスファルトやビルからの照り返しを受け、歩くだけでも汗が噴き出てきます。そんな“乾いた”生活には潤いを! 渋谷から電車でわずか15~20分程度でリフレッシュできるスポット、それが今回紹介する「等々力渓谷」。

もともと台地だったのが、湧水で削られて渓谷になったもので、その両脇には雑木林が生い茂っているため真夏でもとても快適なんです。

夏になると家族連れはもちろん、仕事中ちょっと息抜きに来たサラリーマンも納涼を求めてやってきます。遊歩道はわずか1Km程度で15分もあれば踏破できますが、ただ歩くだけでは勿体ない!等々力渓谷の楽しみ方をご紹介しましょう。

川で大人も子供も遊ぶ

水遊び&甘味処で暑さを忘れる!|「都会のオアシス『等々力渓谷』、猛暑の疲れはここで癒そう!」の4枚目の画像

まず遊歩道を歩いて行くと川に降りて行く踊り場があります。子供たちだけではなく大人もジャブジャブと水の中に入り、水遊びなどをしています。川の中を歩きながら渓谷めぐりをしてみるのもいいでしょう。

パワースポットでお参り

水遊び&甘味処で暑さを忘れる!|「都会のオアシス『等々力渓谷』、猛暑の疲れはここで癒そう!」の7枚目の画像

さらに先を進んでいくと不動の滝と稲荷堂が見えてきます。ここはパワースポットとしても人気が高く、お参りをする人が多くいます。

休憩処で“和”と“涼”をいただく

水遊び&甘味処で暑さを忘れる!|「都会のオアシス『等々力渓谷』、猛暑の疲れはここで癒そう!」の10枚目の画像
水遊び&甘味処で暑さを忘れる!|「都会のオアシス『等々力渓谷』、猛暑の疲れはここで癒そう!」の11枚目の画像

お参りして一応渓谷めぐりは一段落といったところでしょうか。いえ、せっかくここまで来たのだから、もう一つ行っておきたいスポットが渓谷内唯一の休憩処「雪月花(せつげっか)」です。不動の滝を眺めながら一服できる雪月花の名物は「くず餅」、夏はかき氷。渓谷の清涼に包まれながら食べるスイーツはまた格別の味わいです。

等々力不動尊を参詣

水遊び&甘味処で暑さを忘れる!|「都会のオアシス『等々力渓谷』、猛暑の疲れはここで癒そう!」の14枚目の画像

雪月花で休んだ後は同店の前にある階段を上がり等々力不動尊を参詣して“渓谷の旅”も締めとなります。あとは来た道を戻って帰るのもいいですし、不動尊から公園を出て等々力駅方面に戻ることもできます。

外に出れば、さらに実感する自然由来の涼しさ

これが悲しいことに、渓谷を出ると再びメラメラと燃えるように暑くなってきます。そうです。外に出るとどれだけ渓谷内が涼しかったのか、よく分かるのです。しかも手軽でアクセスも便利な納涼スポット「等々力渓谷」。

暑さに疲れたらぜひ行ってみてください。都心では絶対に味わえない世界が広がっています。

外に出れば、さらに実感する自然由来の涼しさ|「都会のオアシス『等々力渓谷』、猛暑の疲れはここで癒そう!」の2枚目の画像
この記事を書いた人

三品 純

1973年生まれ。法政大学卒。ライター・雑文家。 趣味は登山、トレッキング、家庭菜園など。自然を慈しみ、自然と戯れます。

みんなのコメント

関連トピック

トピックから記事を探す

 次の記事へ 
三品 純

「自然を親しみながら歩く」をモットーにした記事作りをします!

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

人気ランキングをもっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

New Posts

最新の記事一覧

New Posts

特集

.HYAKKEIおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP

ログイン

コメントを投稿するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

ログイン

コメントを通報するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

コメントを投稿

このコメントを通報する