今日の山モチーフ #12 思わず部屋に飾りたくなる「ツインアルプス」

日々の生活のなかで、見つけるとつい買っちゃう”山モチーフ”のあれこれ。山並み、テント、ハイカー、焚き火、ランタン、雷鳥、富士山、スキーヤー、木の実などなど、アウトドアにまつわるモチーフの雑貨を見つけると、ついテンションが上がってしまう登山歴10年目のアウトドアライターが、見つけてはつい集めてしまう’山’な雑貨を「それカワイイ!」な目線でお届け。街なかに潜む’山’を見つけます。

思わず部屋に飾りたくなる「ツインアルプス」

こんにちは。アウトドアライターの山畑理絵です。
みなさんは今年の山はじめ、どこかに登りましたか? わたしの山はじめは、ご近所の山、埼玉県日高市にある日和田山(ひわださん)。標高は305mほどしかありませんが、そこそこ眺望がよく、のどかでホッとするお気に入りの山です。

そろそろアルプス方面にも登りたいなぁと思っているのですが、いかんせん体力不足でして、雪山登山はお休み中。

アルプスはもうちょっと先の話になりそうなので、もっぱら眺めているのは、家にある“アルプス”!

ラベルのことじゃあありませんよ。ちょっと分かりにくいので、ヨリカットで。

ボトルに描かれた曲線、なんだか分かりますか?
じつはこれ、南アルプスの稜線が忠実に再現されているんです。

これは、中央アルプス・駒ケ岳山麓にあるマルス信州蒸留所が作っている「ツインアルプス」というジャパニーズウイスキーで、蒸留所を取り囲むふたつのアルプスを表現したんだそう。

ラベルシールが山モチーフのことはよくありますが、ボトルそのものにかたどられているのって、すごくめずらしいと思いませんか? はじめてこれを目にしたとき、なんて素敵なの!!と、ひと目惚れ。それからわが家の定番ウイスキーになりました。

せっかくなので、わが家ではこのボトルが空くたびに、フラワーベースにしたり、観葉植物の水挿しにしたりして大活躍。

ただの空き瓶だけど、山好きにとってはこれもステキなインテリア。なんとなく家の中が暗くなりがちな寒い冬こそ、空間に彩りを添えたいなぁ、なんて思うんですよね。

写真だと伝えにくいんですが、ボトルの上部は中央アルプス、ボトルの下部は南アルプスと、稜線にも違いがあります。こういうさりげないこだわりも、山好きとしてはグッとくる!

コアなアルプス好きの人なら、これがどの山なのか分かるかも!?
みなさんもぜひ手に取って稜線の答え合わせをしてみてください!

マルスウイスキー「TWIN ALPS(ツインアルプス)」
https://www.hombo.co.jp/item/whisky_brandy/twin_alps/

関連記事一覧