今日のアウトドアに乾杯!|#01[8PeaksBREWING]八ヶ岳山麓で造る、山で楽しむビール

わたしはキャンプに行く際、必ずお供にクラフトビールを携える。氷をたっぷりと入れたクーラーボックスの中に、向かう先にぴったりだと思った数本を詰め込むのだ。

クラフトビールの基本的な原材料は麦芽、ホップ、酵母そして水。たったこれだけにも関わらず、使用する原材料の種類や醸造方法によって味わいに大きな違いが現れる。さらにそこに地元で採れた果物などを副原料として加えていけば、その味わいの幅は無限大に広がっていく。

「今日は少し標高の高い山でテントを張るからこのビールにしよう」

「今回は焚火をじっくりと楽しみたいからこのビールにしよう」

そんな風にシチュエーションにあったビールを選ぶのは実に楽しい。「自然とクラフトビール」この2つを掛け合わせると、キャンプはまた違った色鮮やかさを見せてくれるのだ。

日本全国津々浦々。国内だけでもクラフトビールは何千種類とある。そんな数あるビールの中から、キャンプシーンにぴったりとあうクラフトビールをここではご紹介していきたいと思う。

八ヶ岳山麓で造られた、「山に合うビール」8PeaksBREWING

まだ夏の気配が残るこの季節。わたしが山キャンプに持っていくとしたら、迷うことなくこのブルワリーのビールを選ぶ。

「8PeaksBREWING」

日本百名山の一つである八ヶ岳山麓にあるブルワリーだ。

8PeaksBREWINGのビールは、八ヶ岳山麓で飲むのが一番おいしく感じられるよう造られている。八ヶ岳の気候や食文化に合うよう、その味わいや香り、苦みなどのバランスが設計されているのだ。

長野県諏訪地域は海がなく、山々に囲まれた地。古くから鹿やイノシシなど野生の獣を食べる習慣があったこの地の食文化に合わせ、肉にあう味わいに仕上がっている。

カラっとした爽やかな気候にあい、焼いた肉にあう。

これはもう山キャンプに合わないわけがない。青々とした木々に囲まれ、涼風を肌に感じながら飲む一杯も、肉を焼きながら飲む一杯も本当に格別だ。

設営時にバーベキュー。シチュエーションに合わせてビールを選ぶ

8PeaksBREWINGには4種の定番商品と、2種の季節限定商品がある。ホップのしっかりとした香りや苦みを感じるものや、麦芽の香ばしさやコクを感じるものなど銘柄によってその味わいは実に様々だ。

では山キャンプにおける様々なシーンの中でどのビールがよく合うのか、一部オススメをご紹介したいと思う。

テント設営後にぴったりなビール「Acii la Saison」

「Acii la Saison」はゆずを使用した夏季限定販売のセゾンだ。セゾンとはかつてベルギー南部で農作業の合間に喉の渇きを潤すために飲まれていたビールのこと。暑い日差しがよく似合うビアスタイルなのだが、そこにあえて冬の果実であるゆずを使用している。

それはゆずによる、血管の拡張作用を期待してのこと。テント設営など汗をかいた後にこのビールを飲むと、喉は冷たく潤うものの血流は促進され、身体の熱が外へと放出されていく。いわゆる「熱交換」がこのビールを飲むと起こるのだ。

山で汗をかいた後に飲む「Acii la Saison」は、最高に爽やかな体験をわたしたちに提供してくれる。

バーベキュー時にぴったりなビール「Yai Yai Pale Ale」

肉を焼いて食べる際、オススメしたいのが「Yai Yai Pale Ale」だ。

飲み口はスッキリとしているが、ゆるやかに広がる麦の甘みや香ばしさ。それらが焼いた肉の旨味をさらに奥深いものにしてくれる。そして肉の焦げ目の香ばしさや旨味が、Yai Yai Pale Aleの味わいをぐんっと引き立ててくれるのだ。

なんたる素晴らしき相乗効果。

主張しすぎないのに、そっと寄り添いその存在感を発揮するこのビールは、確実に山でのバーベキューを各段にうまくしてくれる。

ビールに身を任せ、ゆらりとその瞬間を楽しむ

クラフトビールは造り手の想いをもまた、その味わいに閉じ込めることができる飲み物だ。「山の麓でビールを通じてよりよい時間を過ごしてほしい」「キャンプシーンの中で、自分なりのビールと過ごす“楽しい”を見つけてほしい」そんな願いを込めて造られた8PeaksBREWINGのビールは、するすると身体に染み込んでいき、忙しい日常からすんなりとわたしたちを解き放ってくれる。

そして気持ちを山へとしっかりと向かわせてくれるのだ。

八ヶ岳麓はまた縄文文化が栄えた場所。そんな地でビールを醸造する8PeaksBREWINGオーナーブルワーの斎藤さんはこう語る。

「キャンプは縄文時代の追体験のようなものだ、と僕は思っています。起こした火を囲み調理をし、食事を皆でとる。縄文時代には既にビールの原型に近いようなものが造られていたので、時にはお酒を飲んでいたかもしれません。何千年前の暮らしに想いを馳せ、焚火を眺めながら目の前の1本をじっくりと楽しむ。そんなビールの楽しみ方をしていただくのもおもしろいと思います」。

山での時間は自由だ。

仲間とのコミュニケーションを楽しむもよし、自然や歴史とじっくりと向き合うもよし。自分の心地よい過ごし方を探すことすらも、山での時間の楽しみ方のひとつだといえるだろう。

そんな贅沢でゆるやかな時間を、さらにきらきらと輝かせてくれるのが8PeaksBREWINGのビールなのだ。

8PeaksBREWING
https://eightpeaks.co.jp/

関連記事一覧