初冬を迎えるころになると、渋沢丘陵のことを思い出す。“神奈川の屋根”と呼ばれる丹沢山地の南に位置する表丹沢を眺めながら歩ける、まさに丘陵ハイクの道だ。標高100m~300mほどのゆるやかな里山に集落が点在し、高低差は小さい。けれど、田畑と人の営みの織りなす風情がたっぷり残っていて、まさしく里山トレイルといった風。抜けのいい大きな展望と、陽だまりとからっ風に季節を感じながら歩く道は、初冬ならではの気持ちよさなのだ。

たとえ同じ山であっても、日ごろ暮らしている目線の高さから仰ぎ見る場合と、低山の稜線や頂から眺める場合とでは、角度が異なる分、ずいぶん印象が変わる。高さの違ういくつかのアングルから観察することによって、知っているはずだったその山の別の一面を、より立体的にとらえられるようになるのだ。実際の風景と地図とを見比べてみると、なおさら面白い。

たとえば小田急線から仰ぎ見る表丹沢は、標高1500mほどのミドル級の山稜が東西に連なっていて、山頂まで木々に覆われた山肌からは、岩がちの高山に比べて柔らかな印象を受ける。ところが、麓の町並みが見下ろせるほどの高さにある渋沢丘陵から眺めてみると、ガラッと印象が変わる。差し込む太陽が、表丹沢を幾筋にも刻む谷に影を落とす様子がよくわかるのだ。時間を追うごとにその影が変化するため、実はすいぶん複雑な地形をした山なのだとわかる。紅葉のシーズンが落ち着いて、葉を落とした木々の白い幹が目立ってくる頃、表丹沢はそのたくましい体躯をむき出しにする。実は筋骨隆々な山だったのだと、穏やかな里山から見惚れてしまうのだった。

関東大震災によって生まれた震生湖を起点に、太陽を追いかけながら丘陵地を西へ向かって歩き、頭高山までのんびりハイクを楽しむのがオススメだ。途中、畑仕事をする地元の方と会話を交わしたり、ハイカーとの情報交換を楽しんだり、突如現れる富士山や箱根の山々に驚いたり、矢倉沢往還などの古道や歴史の痕跡を発見したりと、長い距離に見どころがたくさんあるのもうれしい。登山とはいささか趣きの異なる“里山歩き”の楽しさに触れてみると、たまにはこういうハイクもいいもんだなぁと、あらためて思うのだ。

<アクセス>
小田急電鉄小田急線「秦野駅」を出発し、渋沢丘陵を経て同線「渋沢駅」まですべて徒歩。車やバスを利用する場合は、震生湖を目指し、ここを起点にコース計画することも可能。
大内 征

低山トラベラーです。山旅は知的な大冒険

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

もっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

New Posts

最新の記事

もっと見る

特集

特集・連載コンテンツ

もっと見る

トピック一覧

トピックから記事をさがす

もっと見る
この記事を書いた人

大内 征

物語の残る低山里山、ただならぬ気配を感じる山岳霊峰を歩き、日本のローカルの面白さを探究。文筆と写真と小話でその魅力を伝えている。NHKラジオ深夜便「旅の達人~低い山を目指せ!」レギュラー、著書に『低山トラベル』『とっておき!低山トラベル』(二見書房)がある。自由大学「東京・日帰り登山ライフ」教授、.HYAKKEIオフィシャルパートナー。

関連トピック

トピックから記事を探す

▲TOPへ