• キャンプ道具・ギア
  • キャンプ道具・ギアの記事一覧です。キャンプ道具は種類が多すぎてどれを選べば良いのかわからない!すでに一通り持っているけど、自分だけのこだわりアイテムが欲しい!そんな初心者の方から上級者の方向けに、実際に手に取り、現場で実際に使ってみてのギアレポートをお届けします。

【徹底レビュー】ワークタフギア ワークタフストーブ使い勝手の良い薪ストーブ

冬のキャンプ道具を紹介する連載企画「#越冬せよ」。今回はワークタフギアのワークタフストーブを実際使ってみました。オートキャンパーの冬のお供として名高い、こちらのストーブ。堅牢な作りに使用者目線のギミックなど、噂に違わぬスペックは本物でした。

評価:グループで行くオートキャンプには最適!

商品名設営・収納性拡張性燃焼性見栄え
ワークタフギア ワークタフストーブ★★★★☆★☆☆☆☆★★★☆☆★★★★☆

ステンレス製のベーシックな焚き火台として有名なワークタフギアのワークタフストーブ。実際使ってみて感じたのは高い安定感でした。

設営や収納はいたって簡単。本体に足を組み合わせて煙突をつけるだけでOKです。取り扱い説明書なしでも組み立てられました。

重量も10kgほどなので、一人でラクラク持ち運びができます。また燃焼性についても問題なし。三面窓付きで見栄えもよいです。

重心が低く、煙突を高くしてもブレにくい作りになっています。子ども連れのファミリーでも安心して使うことができるでしょう。

内容物

本体/本体用の網/煙突/脚

内容物も至ってシンプルです。初めてだと煙突の組み立てに手間取るかもしれませんが、一度組み立てれば慣れるかと思います。

組み立て方

1.脚を装着

スクリュータイプで装着も簡単

2.本体の中に網を敷きます

網を斜めにして扉から入れていきます
装着完了

3.煙突をつけます。

ジャストフィット。この瞬間が意外と気持ちいい。
ダンパーが上から2番目のパーツです。
火の粉止めのついたパーツが一番上のパーツです。

4.グリッドを装着

本体は使用中熱を帯びるので、物はグリッドに置きましょう。

5.完成

これで完成です。所要時間は一人で組み立てても10分程。他社の薪ストーブと比較しても設営はかなり楽でした。

ワークタフストーブの特徴

細かいディティールにも使用者目線のこだわりがあります。

1.吸気口の火の粉止め

燃焼性を高めるために必要な吸気口ですが、火の粉が逆に外に出てしまう危険性があります。それを防ぐために吸気口に網が付与されています。

2.レバー式の扉

薪ストーブの扉は簡易的な作りになっていることが多いですが、ワークタフギアの薪ストーブは大きなレバーで開け閉めできるようになっています。耐熱グローブを使っていると小さなピンがつかめなかったりするので、この仕様はありがたいですね。

3.付属のグリッド

グリッドは料理をするときに活躍するものです。薪ストーブの上は稼働中は熱くなるので、むやみに物を置くと燃えたり溶けてしまいます。なので、グリッドの上に物を置けるのは嬉しいオプションです。

4.奥行きのある本体

40cmの薪がラクラク入るサイズ。薪ストーブを買っていざ試そうと思っても薪が入らない…!となると残念な気持ちになりますよね。

火をつけて扉を閉じると下記のようなイメージになります。

薪が水分を含んでしまっているので曇っています。本来はクリア。

薪が燃えはじめると、中までしっかり見えます。

火の粉止めもしっかり稼働

基本情報

商品名本体サイズ収納サイズ重量(本体)素材価格
ワークタフギア ワークタフストーブ奥行54.5×幅40×高さ26.67cm(煙突、パーツ含む)奥行50×幅26×高さ30cm約10kg本体:ステンレススチールガラス部位:耐熱ガラス61600円(税込)

どこで買えるの?

ストア価格(税込み)
ワークタフギア amazonストア¥58520
sotosotodays公式サイト¥61600
パラディン 楽天ストア¥80092
※2021年3月30日現在

今ならDeelightのアマゾンストアで最も安く買うことができます。時期によってはセールをしていることもあるので、楽天やアマゾンだとお得に買える可能性が高いです。

最後に

ステンレス製の薪ストーブの中ではかなり作りがしっかりしていて、使用者目線で作られている印象が強い薪ストーブでした。初めての薪ストーブでお悩みの方にはオススメできる商品です。是非使ってみてください!

関連記事一覧