• インタビュー
  • キャンプや登山に関わる人々へのインタビュー記事一覧です。自然に魅せられたアウトドアフリーカー、自然と共に生きるアスリート、熱い信念を持つオーナー等、その想いやヒストリー、展望など、写真と共に丁寧にお伝えします。今後の人生の選択肢のひとつとなるヒントが、見つかるかもしれません。

アウトドア好きのお部屋を拝見!暮らしとアウトドア道具 |#01 縣(あがた)夫妻の場合

埼玉県飯能市の山間に引っ越して1年目という、縣(あがた)夫妻。お2人のアウトドアスタイルをはじめとし、暮らしにアウトドア道具がどのようにして取り入れられているか、また日々の暮らしやお家のこだわり、アウトドア道具の収納方法など、いろいろなお話を伺ってきました。

<お部屋データ>
【場所】埼玉県飯能市
【築年数】60年
【居住歴】1年目
【土地の広さ】 約630坪

<住んでいる人>
縣(あがた) おさむさん(32歳) 職業:消防士
縣 〃 まどかさん(32歳) 職業:会社員
ネコのハチ(3歳・おんなのこ)

p>

運命的な出会いだった、古民家への引っ越し

ーーまず、お2人のアウトドア歴を教えていただけますか?

おさむ:幼少のころからキャンプが好きだったんですが、大人になってからのアウトドア歴は、約10年ほどです。大学生時代はライフセービング部で、海がメインフィールドでした。サーフィンやカヤックが大好きなんです。ほかにマウンテンバイクや登山、トレイルランニング、スノーボードなど、山遊びもします。

まどか:わたしは断然、山派で(笑)。 とくにテント泊登山や、冬のスノーシューが好きですね。海遊びに関しては、ボディーボードをやっていました。アウトドア歴は5年くらいです。

北アルプス・奥穂高岳(3,190m)に登ったときの様子

北アルプス・奥穂高岳(3,190m)に登ったときの様子

ーー引っ越す前も同じ埼玉県内だったみたいですが、ここよりも東京寄りですよね。同じ県内とはいえ、ここは山間部に近いし、だいぶ生活環境が変わったと思います。引っ越しの理由は何だったんでしょうか?

母屋の裏にて。低山に囲まれたのどかな風景のなかに家がある。このウッドデッキはおさむさんの手作り

母屋の裏にて。低山に囲まれたのどかな風景のなかに家がある。このウッドデッキはおさむさんの手作り

おさむ:もともと、「田舎に住みたい」という思いがあった、というのが大きいですね。それで、インターネットで物件を探し始めて、最初に見つけたのがこのお家でした。

まどか:そうそう、1軒目で即決! ただ、私の職場は都内なので、いまは片道2時間かけて通勤しています(笑)。でも、それを加味しても住みたいと思えて。

目の前の河原で遊ぶことも、しょっちゅう。ゴールデンウィークは都内に住む友人を呼んで、そうめんを作って食べたそう

目の前の河原で遊ぶことも、しょっちゅう。ゴールデンウィークは都内に住む友人を呼んで、そうめんを作って食べたそう

ーー片道2時間!それって、なかなかスゴイ決断ですよね。その決め手は?

まどか:古民家で、日当たり良好、庭があって、川が近くにあって、窓のすぐ目の前が隣の家ではないことなど……挙げたらキリがないかもしれません。それくらい、この家はわたしたちが思い描いていた理想郷だったんです。

母屋の前には、2階建ての大きな家がもう1軒。ガレージとしてふたりのソト遊び道具置き場にしている

母屋の前には、2階建ての大きな家がもう1軒。ガレージとしてふたりのソト遊び道具置き場にしている

ーー庭つきどころか、2階建ての離れと、もう1軒家がありますよね!

まどか:そうなんです。おそらくここに住んでいらした方が、増築していたんだと思います。だから、私たちだけでは有り余っちゃうくらいで。 なので、もう1軒の家はガレージとして使っています。離れに関しては、今日の取材で数か月ぶりに足を踏み入れました(笑)

ーー何か月も入らない部屋があるなんて、本当に驚きです。これだけスペースが広いとなると、「山道具の置き場」には困らないとは思うんですが、収納はどうしていますか?

まどか:山道具はガレージの2階にある、部屋の押し入れに全部まとめています。

ーーおふたりが多趣味な分、やっぱり道具も多いですね。収納のコツって何かありますか?

おさむ:バックパックは、ハンガーにぶら下げておく方法が便利です。そうすることで、取り出しやすくもなるし、見やすくて選びやすい。空間をうまく活用できます。

おさむ:ごちゃごちゃしやすい小物類は、なんとなくカテゴリーごとにまとめて引き出しに。どこに何があるのか、ひと目で分かるようにしておけば、パッキングも片づけもラクです。

できるものは「自家製」がモットー。住まいへのこだわり

ーーお家のなかで、他にこだわっている部分はありますか?

おさむ:うーん、そうだなぁ…。ぼくのこだわりとしては、「キッチン」かも。料理が好きでよくキッチンに立つので、オールステンレスにしたくて。この家を買ってからリノベーションしました。

まどか:なんせ築60年だったので、カベを塗り替え、床やお風呂場のタイルも張り替えて。この家が持つ風情を残しつつ、自分たちが暮らしやしように日々テコ入れをしています。

ーーDIYもするんですか?

まどか:木製のキッチンテーブルや本棚なんかは、彼の手づくりです。そうそう、この春は自宅の裏にウッドデッキも作ったんですよ!

おさむ:裏がすぐ山なので、斜面なんですよ。
そこに水平なデッキを作ろうと思うと、それぞれの脚の長さをきちんと計算して、寸法を決めるのが大変でした。

ーーめちゃくちゃ気持ちいい場所じゃないですか!ここに寝転がって、天体観測とかしたくなりますね。

おさむ:それいいかも!友人たちを招いて、流星群の夜とかにやれたらいいなぁ。

おさむさんお手製本棚には、山の本から漫画、小説までズラリ

おさむさんお手製本棚には、山の本から漫画、小説までズラリ

おさむ:この本棚は以前の家から使っていましたが、引っ越しをして、ここに置きたいなぁなんて思っていたら、なんとジャストフィットで。なんだか嬉しかったですね。

左:今年の2月、はじめて漬けたというまどかさんの手作り味噌。右:梅干しが大好物で、数種類を漬けている

左:今年の2月、はじめて漬けたというまどかさんの手作り味噌。右:梅干しが大好物で、数種類を漬けている

まどか:家具だけじゃなく、味噌や梅酒なんかも自家製です。自分たちで作れるものは作る、そんな感じですね。

DIYするなかで出た端材で作ったという、まどかさんお気に入りのカッティングボード。朝はお皿としてパンを乗せたりして愛用している

DIYするなかで出た端材で作ったという、まどかさんお気に入りのカッティングボード。朝はお皿としてパンを乗せたりして愛用している

ーーこのキッチンテーブルの角に付いているのって、もしかして?

おさむ:コーヒーミルです!僕たちはコーヒーが好きなので、毎朝豆から挽いています。これは父親から受け継いだお気に入りのもの。

ーー年季が入っていてかっこいい!

自分たちにとって、居心地のいい暮らし方を模索しながら

ーーそれにしても、居心地のいい縁側ですね。

おさむ:ハチは、いつも縁側でまったりしてます(笑)

ーーこの夏は、どんな外遊びを予定していますか?

おさむ:目的地を決めずに、車中泊をしながら旅をしたいです!

まどか:去年、8日間の夏休みを取って、車中泊とテント泊をしながら2500km走ったんです。そこで車中泊の楽しさ、快適さに開眼しちゃって。それを今年の夏もやりたいですね!


休日は大好きなフィールドへ出かけながら、日々の暮らしを自分たちらしく過ごす。
夫婦ふたりとハチだけの、のんびり、ゆったりとした時間が、そこには流れていました。

この言葉にできない居心地のよさは、きっと大自然を知っているふたりだからこそ、生み出せるものなのかもしれません。

▼その他アウトドア好きの方のお部屋拝見も好評公開中!

関連記事一覧