キャンプブーム到来。


今ではファッション誌やテレビでも特集が組まれるほど、キャンプ熱が加熱してきています。それでも見ることのできるキャンプスタイルは、どこかで見たことのあるような王道のものが多いように思えます。

そんな中、雑誌などではなかなかお目にかかれない「一般人とは思えないキャンプ」を見ることができる場所が、instagramです。

SNSの中でもオシャレ感度の高いユーザーに好まれるinstagramですが、それはキャンプにおいても同じこと。日々オシャレ過ぎるキャンプスタイルの写真が投稿されているんです。

そんなinstagramの中でもフォロワー数がついに10,000人を超え、注目を浴びているカリスマキャンパーがいるのをご存知ですか。marimari8208さんこと、松尾真里子さんです。


今回編集部は、そんなカリスマキャンパーのキャンプスタイルをうかがうべく、富士山と湖が美しい本栖湖のキャンプ場を訪ました。編集部の想定が序盤から覆るような言葉の数々、センスあるギアたちと合わせてご覧ください。

キャンプをはじめたのは、たったの2年前

キャンプをはじめたのは、たったの2年前|「フォロワー25,000人超!instagramカリスマキャンパー流のキャンプスタイルとは?」の1枚目の画像


——今日はどんなテントを張るんですか?


最近買った、カーカムスのサンドカラーです。ずっと欲しくて、アメリカから直輸入して買ったんですけど最高ですね。これが手に入ったのでしばらく新しいテントは必要ないです。

キャンプをはじめたのは、たったの2年前|「フォロワー25,000人超!instagramカリスマキャンパー流のキャンプスタイルとは?」の4枚目の画像


——instagramを拝見している限り、かなりテント持ってますよね。しかもどれも大型で高価なものな印象なんですが。ギアもたくさんお持ちですし、これだけ揃えるのにかなりの年月かかりましたよね?

コットン生地で、かつサンドカラーが好きなんです。テントは5つ持ってますが、キャンプをはじめたのは2年くらい前ですよ。今年の5月で丸2年です。それまでは全然興味なかったのに、お友達に誘われて行ったらそこからハマっちゃって。


——2年前ってつい最近じゃないですか!それでこんなにもギアを揃えたってすごいですね。もともと家にあったものとかも使っていたりするんですか?


いえ、家ではこんな凝ってないんです。なのでここにあるものはキャンプをはじめてから集めました。

キャンプをはじめたのは、たったの2年前|「フォロワー25,000人超!instagramカリスマキャンパー流のキャンプスタイルとは?」の9枚目の画像
キャンプをはじめたのは、たったの2年前|「フォロワー25,000人超!instagramカリスマキャンパー流のキャンプスタイルとは?」の10枚目の画像

サイトのコーディネートは、その場のインスピレーション


——序盤からかなりビックリさせられてます。。これだけのギアがあると色々考えると思うのですが、何かコンセプトとか決められているんですか。


そうですね、今回で言うと『青空カフェ』というのをコンセプトにコーディネートしてみました。でも、コンセプトは決めても具体的な配置とかは当日サイトを見るまでは考えてはいません。

——青空カフェですか!確かに、ここでお店できちゃうというか。もはや出張カフェって感じです。ここまでの完成度を当日その場で考えちゃうってことですよね?


はい、基本的にはテントとロケーションを軸に考えるんです。テントだったら手元にあるのでイメージはつきやすくてある程度スタイルは決まってきますが、ロケーションはその時にならないと具体的には分からないじゃないですか。

サイトのコーディネートは、その場のインスピレーション|「フォロワー25,000人超!instagramカリスマキャンパー流のキャンプスタイルとは?」の6枚目の画像


——確かにそうですね。しかもこれだけのコーディネートをするとなると、ロケーションがかなり重要になってきますよね。


なので、区画サイトのキャンプ場はちょっと難しいですね。やりたいスタイルを考えると、フリーサイトのキャンプ場を選ぶようになってきました。あとは、連休とかは避けるようにはしています、どうしても人が多くてキャンプっぽくないというか。


——ロケーションでいうと、特に好きなところはあるんですか?

やっぱり富士山は好きですね。ふもとっぱらとかにはよく行きます。今回も富士山と湖、そしてサイトのコラボレーションが楽しみだったので本栖湖に来たのですが……今日は曇りで残念ですね。あとは、高ソメも好きです。

独学、見え方はinstagram基準で


——ここまで洗練されたコーディネートをするのに、何か参考にしている雑誌とかはあるんですか?


特にないんですよね、instagramは見ますけど。最初はinstagramで他のキャンパーさんのを参考にしていましたが、すぐに自分なりのスタイルが生み出されたんですよね。

独学、見え方はinstagram基準で|「フォロワー25,000人超!instagramカリスマキャンパー流のキャンプスタイルとは?」の3枚目の画像


——確かに、置いてあるものを見るとギアメーカーのものもありますけど、そもそもアウトドア用っぽくないものが多いですよね。


お気に入りのブランドはあります、たとえばpino worksの革製品が好きで色々なギアに使ってます。あとは、アウトドアブランドではなく行きつけの家具屋とかで見つけてくることも多いですよ。

独学、見え方はinstagram基準で|「フォロワー25,000人超!instagramカリスマキャンパー流のキャンプスタイルとは?」の6枚目の画像


——今回使っているもので、一番のお気に入りはなんですか?

このテーブルですね。この天板、一枚板なんですけどその家具屋さんに相談しながら自分で作ったんです!

独学、見え方はinstagram基準で|「フォロワー25,000人超!instagramカリスマキャンパー流のキャンプスタイルとは?」の9枚目の画像

——完全に家具ですもんね、これは。しかもご自身で作られるとは……。ここまでキャンプに情熱を注ぐのは本当にすごいですね。何かこだわりとかはお持ちなんですか?


そのテントに合わせたスタイルを作るということでしょうか。たとえば今回のカーカムスはビンテージの要素があるので、それに合わせてます。ギアは大体は同じものを使っているんですが、テントに合わせて新調することもありますね。これとかはカーカムスに合わせて買ったものです。

独学、見え方はinstagram基準で|「フォロワー25,000人超!instagramカリスマキャンパー流のキャンプスタイルとは?」の12枚目の画像


あとは、やっぱりinstagramでどう見えるかは意識していますね。instagram映えするというか。写真も色々撮りますけど、渾身の一枚をアップするようにしています。

独学、見え方はinstagram基準で|「フォロワー25,000人超!instagramカリスマキャンパー流のキャンプスタイルとは?」の14枚目の画像


——なるほど、instagram上で「どう見せるか、魅せるか」というのを大事にされているんですね。私もinstagramを最近よく見ますが、本当にオシャレなキャンパーさんがいっぱいいますよね。


私はinstagramで人生変わったと思っています。最初はただアップしていただけですけど、そのうち他のキャンパーさんたちと繋がるようになって、今回のこのキャンプもグループキャンプなんですよ。instagram上で繋がった方々が集まるんです。

独学、見え方はinstagram基準で|「フォロワー25,000人超!instagramカリスマキャンパー流のキャンプスタイルとは?」の17枚目の画像
独学、見え方はinstagram基準で|「フォロワー25,000人超!instagramカリスマキャンパー流のキャンプスタイルとは?」の18枚目の画像
独学、見え方はinstagram基準で|「フォロワー25,000人超!instagramカリスマキャンパー流のキャンプスタイルとは?」の19枚目の画像

見た目だけではない、自然を楽しみ、感じることが楽しい


——サイトのクオリティにとてもこだわっている中で、キャンプの魅力って何だと捉えていますか?

やっぱり「自然の中に身を置く」ってことじゃないでしょうか。わたし、自然が大好きなんです。山もまだそこまで高いところには登れていませんが、好きです。

キャンプにハマったのは、はじめて富士山の見えるところでキャンプした時に感動して。自然って素晴らしいなって思いました。それで家よりも心地いいと感じるようになって。そういう空間を作りたいなと思ったんです。


——それはちょっと意外でした、てっきりオシャレキャンプを楽しむスタイルなのかと思っていました。


キャンプで星空を見るのが本当に好きなんですよね。それに富士山が加わったら最高です。あとはキャンプ料理が好きなので、夜と朝はすごく気合いを入れて作ります。でもあとは基本的には何もしないというか、自然を感じながら過ごすのが好きです。

見た目だけではない、自然を楽しみ、感じることが楽しい|「フォロワー25,000人超!instagramカリスマキャンパー流のキャンプスタイルとは?」の5枚目の画像


——たとえば女性ですと、トイレとかお風呂、あとは虫とかも気にされる方いるじゃないですか。


自然を感じることがすごく魅力的なので、そういったことはあまり気にしないですね。


——すごく自然指向なんですね。ここまでオシャレで優雅なスタイルをされているわけですが、最近流行りのグランピングには興味あるんですか?


そんなにないんですよね、あれって予め用意されてますよね?わたしにとっては「自分でやる」ってことが大事なので。


——グランピングというと食事もアピールポイントだったりしますけど、まりさんはキャンプ料理もこだわっていらっしゃいますもんね。


わたしにとって、キャンプの朝ご飯というのが格別なんです、コーヒーを飲みながら。本当に至福のときですね。

見た目だけではない、自然を楽しみ、感じることが楽しい|「フォロワー25,000人超!instagramカリスマキャンパー流のキャンプスタイルとは?」の13枚目の画像


——最後に、そろそろキャンプをはじめて2年ということですが今年の目標というか、やりたいことは何かあるんでしょうか?


今年は北アルプスに登ってテント泊することが目標なんです。既にギアは揃えているので、あとは登るのみ!って感じです。


見た目だけではない、自然を楽しみ、感じることが楽しい|「フォロワー25,000人超!instagramカリスマキャンパー流のキャンプスタイルとは?」の17枚目の画像

自然の素晴らしさに感動し、そこから自分の居心地の良いキャンプスタイルを確立した真里子さん。常に頭の中はキャンプのことでいっぱいで周りからも“キャンプ馬鹿だよね(笑)”と言われることも多いんだとか。

編集部もそのオシャレさに目が行きがちでしたが、節々には「自然が好き」という言葉がありました。そのロケーションとテントに合わせて、自分が自然を最も気持ちよく感じられるようにサイトを作り上げること。

それもひとつのキャンプスタイルなんだと、とても勉強させられました。

まりさんの日々のキャンプ風景はinstagram(@marimari8208)で覗くことができます。是非、その「ロケーション×テント×ギア」の融合を是非ご覧ください。今回はスケジュールの都合上取材ができなかった、魅力的なキャンプ料理もたくさんアップされていますよ。

*まりさんのinstagramアカウント
https://www.instagram.com/marimari8208/



この記事を書いた人

.HYAKKEI編集部

気になったスポットや情報は足を運んで体験・取材し皆様にお届けします。こんなコンテンツが欲しいなどのご要望やご意見、お待ちしておりますのでお気軽にお問い合わせください!

関連トピック

トピックから記事を探す

 次の記事へ 
.HYAKKEI編集部

自然を楽しむ輪を拡げていきます。

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

もっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

New Posts

最新の記事

もっと見る

特集

特集・連載コンテンツ

もっと見る

トピック一覧

トピックから記事をさがす

もっと見る
▲TOPへ

ログイン

コメントを投稿するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

ログイン

コメントを通報するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

コメントを投稿

このコメントを通報する