• インタビュー
  • キャンプや登山に関わる人々へのインタビュー記事一覧です。自然に魅せられたアウトドアフリーカー、自然と共に生きるアスリート、熱い信念を持つオーナー等、その想いやヒストリー、展望など、写真と共に丁寧にお伝えします。今後の人生の選択肢のひとつとなるヒントが、見つかるかもしれません。

都会の若い人に自然体験を。手作りコテージ溢れるキャンプ場、サンタヒルズが抱く想いとは?

キャンプやアウトドアに「非日常」を求める方も多いのではないでしょうか?
しかもそれを、できるだけ気軽に体験したいという方。

その体験が、より自分らしいキャンプスタイルの入り口になる。

そんなきっかけを作ってくれる素敵なキャンプ場があります。
背の高い木々が立ち並ぶ森に入ると、まるで別世界に来たように感じるキャンプ場。

それが「サンタヒルズ」。

今回は代表の中村郁夫さんに、自然に触れる「原体験」や昨今のキャンプブームについて根掘り葉掘りうかがってきました。

すべてが手作り。それがサンタヒルズ流

——サンタヒルズの代表でいらっしゃいます中村郁夫さんにお話を伺います。よろしくお願いします!

こちらこそ、よろしくお願いします。

——早速ですが、サンタヒルズの創業から現在までの経緯を教えてください。

はい。サンタヒルズは1994年に創業して今年で23年目を迎えます。私の両親がこの土地に魅力を感じて開墾し、現在は私が代表を務めております。

サンタヒルズは、基本的にすべて自分たちの手で作り上げていくことを目標にしてまして、現在20棟あるコテージはすべて手づくりです。時にはお客様や学生、懇意にして頂いている他のキャンプ場のオーナーさんとスタッフが力を合わせて作り上げてきました。

——全部ですか?すごいですね。手作りにこだわる理由は何ですか?

ありがとうございます。もちろん外注をした方が簡単ですが、自分たちで想いを込めたものの方がお客さんに何か伝わるものがあるのではないか、と思って自分達の手で作っています。

スタッフそれぞれに得意分野や特徴がありまして、お互いに補い合って仕事に取り組んでいますし、それができるスタッフがいることがサンタヒルズの魅力です。それを最大限活かしていくことが私達らしさにも繋がっていくのだと思います。

——その手作りしたコテージがまさしく、サンタヒルズの象徴ですよね。

そうですね。サンタクロースが住んでいることをモチーフにした「サンタクロースの家」やツリーハウスのエミルやリッカ、建物内でBBQができるファイヤープレイス、大人数で宿泊できるレインディアは、様々なお客様が来て頂いても対応できるようにそれぞれに特徴を持たせて作ってます。

最近リニューアルしたファイヤープレイスは建物の中でBBQができます

最近リニューアルしたファイヤープレイスは建物の中でBBQができます

——コテージが多いから、アウトドアが初めてというお客さんも多いのではないでしょうか?

はい。そういう方もたくさんいらっしゃいますね。サンタヒルズはどちらかというと若い人、女性が多いです。

若い人はやはり集団で動きたい、皆が一箇所に集まってやりたいというようなサークルのノリで来てそこで楽しみたいという感情があるのだと思います。その点、サンタヒルズは大人数で利用できるコテージがありますし、女性向けにはカフェやギャラリーを準備してそちらでも楽しんで頂けるように工夫をしています。

平日であればお互いの了解の範囲内、最低限のマナーを守って頂ければワイワイ楽しめるように準備をしていますね。

日本各地から選りすぐりの作家さんの品物を展示するギャラリー

日本各地から選りすぐりの作家さんの品物を展示するギャラリー

——カフェやギャラリーが併設されているのは面白いですよね。

あとは私達自身が若いというのも1つのポイントだと思ってます。お客様と感覚的に近い我々が作っているというところが、きっと随所に雰囲気として出るのではないのかなって思ってます。

ホームページやコンテンツもそうですけど、現代風に合わせた形で変化させていってますね。

都会は自然が不足している

——現代的な、都会の人にも伝わりやすいですよね。

都会の人というとどうしても自然が不足しているといいますか、1日中パソコンを見て目も肩も心も疲れちゃって・・・という方がお客様の中にも多数いらっしゃいます。我々キャンプ場としては、そういったお客様が時間や色々なものから開放されて、自然の中で過ごす時間をサポートするような形です。

サンタヒルズは比較的滞在型です。
例えば軽井沢や那須などの観光地ではそのキャンプ場で楽しまなくても他の施設で楽しむことができますけど、この場所はもちろん観光資源がないわけではないですけど、それほど強くないのが事実です。

しかし逆にそれを好機と捉えて、楽しめる要素をこのキャンプ場の中に入れ込んでしまえばお客様に来てもらえるのかなって考えてます。

陶芸をやりたければ陶芸もできますし、のんびりしたい人はのんびりしてもらえればいいですし、お茶飲みたい人はカフェでゆっくりしてもらってという色々な選択肢をお客様に与えられるように、場内で何パターンか楽しめるように準備をしております。

——なるほど。自然に触れることもそうですけど、色々な形でお客様自身が楽しめるようになってますね。

私が今35歳ですが、私と同世代がちょうど子育てど真ん中の世代で、この世代までがギリギリ、幼少時代に自然を親しんで育ってきた境目の世代なのかなーとも感じてます。

おそらく20代後半の世代の方々は、山や森に入っていくという経験がとても少なくなってきてますし、「キャンプって何?」って言う人がたくさんいるんじゃないのかなーって思うんです。

幼少時代にキャンプしたかとか、虫取りしたかとか。そういうところが段々「原体験」としてなくなっている世代なので、そういう「原体験」を今更だけど、親子でしてもらおうという気持ちもありますね。自然観察会のプログラムなどはそういう意向もあって開催しています。

例えば水辺の生きものですと「タガメ」とか、見たことありました?

——いえ、僕は東京生まれ、東京育ちで見たことないですね。もしかしたら田舎のおばぁちゃん家で見たことがあるのかもしれないですけど、記憶にないです。

他にもホタルとかも最たる例ですけど、そういうものを目にしたり触ったり、体験してもらいたいというのが思いとしてありますね。

子供だけでなく、親も一緒に自然の中で過ごして、生き物に触れたり、星を眺めたり、鳥の鳴き声に耳をすましたり。そういった原体験を通して感動して欲しいなーと。

親も一緒に育っていくような感覚です。

新緑が美しいのがサンタヒルズの特徴の1つ

新緑が美しいのがサンタヒルズの特徴の1つ

——生き物に触れたり、鳥の鳴き声に耳を澄ますことって日常的にはあまり経験がないですね。

バランスが崩れていると思います。それこそ、こういう自然の中での体験が少ないと、極端な話引きこもりになってしまったり不良になってしまったり。少なからず影響があるのかなーと私は思っています。

自然の中で感じる気持ちの豊かさ、体験の豊かさがそれを補うのではないのかなっと。気持ちを解き放つ場所が自然で、キャンプ場がその一翼を担うことができれば本望ですね。

関連記事一覧