アウトドア人気がさらに高まる昨今。

キャンプでも野外フェスとキャンプを合わせたGOOUT CAMPや、贅沢なキャンプ「グランピング」など様々なキャンプスタイルが登場し、一昔前に比べるとキャンプはより身近なものになってきたのではないでしょうか?
今年は既に、去年以上に盛り上がりそうな様相を呈しています。

そんな中、また新しいキャンプスタイルが登場しました。

木や森にとけ込む”ツリーキャンプ”

木や森にとけ込む”ツリーキャンプ”|「まさに森の中の秘密基地!新しいキャンプスタイル”TREE CAMP”の魅力とは?」の1枚目の画像

長野県野沢温泉にそのキャンプ場はあります。

森の木々の上に作られた約30畳ほどのウッドデッキ、そしてそのデッキの横には、アウトドア好きの人であれば子供の頃に一度は憧れたであろう、ツリーハウスが建っています。

このツリーキャンプ場を外から見てみると、森の中にウッドデッキの一部がほんの少し見える程度。まさに森の中の秘密基地です。

1日1組限定のプライベートキャンプ場

1日1組限定のプライベートキャンプ場|「まさに森の中の秘密基地!新しいキャンプスタイル”TREE CAMP”の魅力とは?」の1枚目の画像

このツリーキャンプ場は1日1組限定キャンプ場。

約30畳あるウッドデッキは4人用テントを3つまで張れる広さ。
ツリーハウスも自由に使えます。
もちろん寝袋を持ち込んでツリーハウスに泊まってもOK!!

また、空中テント”テントサイル”も料金に含まれているので、
木の上で朝を迎える、なんてことも体験できます。

木々の間から差し込む木漏れ日を浴びながらヨガを楽しんだり、
スラックラインを張って、みんなで楽しんだりと色々な使い方できます。

周りのキャンパーのことを気にすることなく、
仲間を集めてみんなで思いっきりキャンプを楽しめる貴重なキャンプ場なんです。

初心者でも嬉しい、充実のキャンプギア

初心者でも嬉しい、充実のキャンプギア|「まさに森の中の秘密基地!新しいキャンプスタイル”TREE CAMP”の魅力とは?」の1枚目の画像

利用料金の中には、
木の上でのツリーキャンプをより楽しむためのレンタルギアも含まれています。

先ほどのテントサイルはもちろん、
木々の間に張れるハンモックや大型のBBQグリル、ダッチオーブンやランタンなど、
キャンプ上級者でなければなかなか持っていなそうなキャンプギアを使って
キャンプを楽しむことができます。

そのほかにも、4人用テントや寝袋も利用料金の中に含まれています。
したがって、食器類や調理道具、そして食材を持ってくるだけで
キャンプが楽しめるのもこのツリーキャンプ場の魅力なんです。

キャンプギアの使い方が分からないというキャンプ初級者の方にも
スタッフが丁寧に使い方を教えてくれるので安心ですよ。

食材も現地調達可能!?

食材も現地調達可能!?|「まさに森の中の秘密基地!新しいキャンプスタイル”TREE CAMP”の魅力とは?」の1枚目の画像

隣接する畑で作っている無農薬野菜も料金の中に含まれているので、
キャンプで使う食材がその場で収穫できてしまうというサプライズサービスもあります。
(7月〜9月限定サービス)

予約した時期にどんな野菜が収穫できるのかを調べて、
キャンプでのメニューを決めるのも楽しみのひとつです。

ツリーキャンプ以外の外遊びも充実の野沢温泉

ツリーキャンプ以外の外遊びも充実の野沢温泉|「まさに森の中の秘密基地!新しいキャンプスタイル”TREE CAMP”の魅力とは?」の1枚目の画像

野沢温泉の冬は、スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツが有名です。

それに加えて、今回ご紹介したツリーキャンプの他にも、
ブナ林を歩くトレッキングや標高差1000mを一気に下るマウンテンバイク、
日本一長い信濃川でのSUPツアー(スタンドアップパドルボード)など、
グリーンシーズンのアウトドアアクティビティも充実しています。

そして、このアウトドアアクティビティを遊び尽くした疲れた身体を癒してくれるのが温泉。
この温泉の充実さも野沢温泉の魅力です。


昨年の北陸新幹線飯山駅開業で首都圏から近くなった野沢温泉。
是非、たくさんのアウトドアアクティビティを楽しみに
遊びに来てみてはいかがでしょうか?

■nozawa green field
www.nozawagreenfield.com
この記事を書いた人

河野 健児

.HYAKKEIアンバサダー。 nozawa green field代表。長野県野沢温泉に自らツリーハウスを作り新しいキャンプスタイル"TREE CAMP"を企画、運営している。 スタンドアップボード(SUP)ブランド"PEAKS5"ブランドマネージャー。 2015年には日本最長河川である信濃川の源流から海までを旅し、SUPの魅力を伝えている。 また、冬はプロスキーヤーとして日本をはじめ世界の山々を滑り雪山の魅力を伝えている。 TREE CAMP、SUP、SKIと様々なツールで四季をとおして自然の中に身を置き、自然の素晴らしさを現場から配信中。

関連トピック

トピックから記事を探す

 次の記事へ 
河野 健児

四季を通して、自然の中に身を置き現場から自然の魅力を配信中。

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

もっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

New Posts

最新の記事

もっと見る

特集

特集・連載コンテンツ

もっと見る

トピック一覧

トピックから記事をさがす

もっと見る
▲TOPへ

ログイン

コメントを投稿するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

ログイン

コメントを通報するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

コメントを投稿

このコメントを通報する