• キャンプや登山入門編
  • キャンプや登山の道具、使い方等の記事一覧です。これからキャンプや登山を始めてみたいけど、何から始めたら良いのかわからない!どれを選べば良いのかわからない!そんな入門者の方向けに、アウトドア経験者がキャンプや登山の道具、使い方についてお伝えします。

あなたはどれがお好き?コールマンのバーベキューコンロ7種類を徹底解説

バーベキューには欠かせないアイテムであるバーベキューコンロ。キャンプブランドの定番であるコールマンからも複数のバーベキューコンロが発売されています。多くのキャンパーから愛されている、コールマンのバーベキューコンロの魅力や商品についてご紹介します。

コールマンのバーベキューコンロの選び方

選び方1 – 種類で選ぶ

コールマンのバーベキューコンロには、大きく分けてチャコール式とガス・ガソリン式の2種類があります。

チャコール式

チャコール式はバーベキューコンロでは定番の型で、燃料には炭を使用します。遠赤外線の効果で食材を焼き上げるタイプで、焼き加減の調整が難しいのが難点。ゆったりと時間をかけて食事を楽しみたい場合には、焼き面の高さを変えられるタイプのものを選ぶのがおすすめ。製品によっては、炭を入れる部分が引き出し式になっているものもあり、炭の出し入れがスムーズで便利です。

ガス・ガソリン式

燃料にガスやガソリンを使うタイプのバーベキューコンロ。取り扱いが容易なため、初心者の方でも安心して使用できます。寒い冬の時期でも安定した火力が出せるのが魅力。また、ツマミを回すだけで簡単に火力の調整が可能です。

選び方2 -脚の長さで選ぶ

出典:coleman

自分が持っている椅子や机などを参考に、それと同じ高さのバーベキューコンロを選べばOK。もしくは、脚の長さが調整できるタイプのバーベキューコンロであれば、柔軟に対応できますね。

選び方3 -焼く面積で選ぶ

種類で選ぶ
出典:amazon

バーベキューコンロの焼く面積で選ぶのも一つ。2〜3人程度の少人数でバーベキューをする場合には一辺20〜30cm程度、4〜5人もしくはそれ以上の大人数なら一辺60cm以上のものを選ぶのがおすすめです。

コールマンのバーベキューコンロには、使用人数の目安が記載されていることが多いため、それを参考にすると良いでしょう。

バーベキューコンロシリーズ 7種類

出典:coleman

コールマンからは、現在大きく分けて7種類のバーベキューコンロが発売されています。それぞれ詳しくご紹介します。

1.「クールスパイダープロ」シリーズ

「クールスパイダープロ」シリーズ
出典:amazon

「クールスパイダープロ」シリーズはさびにくいオールステンレス製で、焼き網の高さを調整できる優れものです。炭が取り出しやすい引き出し式で、バーベキューに特化した初心者でも使いやすいモデルとなっています。

他のコールマンのバーベキューコンロに比べて若干価格が高いですが、その分機能性は抜群です。

●「クールスパイダープロ」シリーズ
・クールスパイダープロ/L ファン
・クールスパイダープロ/L(レッド)
・クールスパイダープロ(レッド)

2.「クールスパイダー」シリーズ

「クールスパイダー」シリーズ
出典:amazon

コールマンの「クールスパイダーシリーズ」は、クールスパイダープロシリーズのように焼き網の高さを調整することはできないものの、その他の機能は大きく変わらない定番のタイプです。迷ったらこれを買っておけば問題ないでしょう。

●「クールスパイダー」シリーズ
・クールスパイダーステンレスグリル(レッド)
・クールスパイダーステンレスグリルグランデ(レッド)

3.「クールステージ」シリーズ

「クールステージ」シリーズ
出典:amazon

こちらのシリーズはスチール素材を全面に使用しており、他シリーズに比べて軽いのが大きな特徴。また、価格も安めに設定されており、初心者キャンパーにおすすめのモデルです。
商品名にツーウェイと付くものは、立って食べるスタンディングスタイルと座って食べるテーブルトップスタイルの2スタイルが楽しめるタイプ。

一方、「クールステージテーブルトップグリル」は卓上用のコンパクトなバーベキューコンロです。

●「クールステージ」シリーズ
・クールステージテーブルトップグリル
・クールステージテーブルトップグリル(レッド)
・クールステージツーウェイグリル
・クールステージツーウェイグリル(レッド) 

4. 「ロードトリップグリル」シリーズ

「ロードトリップグリル」シリーズ
出典:amazon

「ロードトリップグリル」シリーズは、蒸し焼きやスモーク料理が手軽に楽しめるバーベキューコンロです。別売りでグリルや五徳などのオプションパーツもあり、それらも揃えれば幅広い料理を楽しむことができます。

●「ロードトリップグリル」シリーズ
・ロードトリップ(R) グリル LXE-JⅡ(ブラック)

5. パックアウェイグリルⅡ

パックアウェイグリルⅡ
出典:amazon

「パックアウェイグリルⅡ」は2〜3人用のグリルで、コンパクトなサイズで持ち運びに便利です。またテーブルの上で使用可能で、ブラック、スカイ、ブラウンの3カラーを展開しています。

●パックアウェイグリルⅡ
・パックアウェイ(TM)グリルⅡブラック

6. パーティーボールグリル

パーティーボールグリル
出典:amazon

「パーティーボールグリル」は蓋付きのバーベキューグリルで、手軽にスモーク料理を楽しめます。コンパクトなサイズで持ち運びにも便利で、2〜3人用のサイズとなっています。

7. 焚き火台兼バーベキューコンロ

焚き火台兼バーベキューコンロ
出典:amazon

基本的には焚き火台として使用しますが、使い方によってはバーベキューコンロとしても使用えるシリーズです。
ボックスに脚が付いたシンプルな形で、付属する焼き網でバーベキュー料理やダッチオーブン料理が楽しめます。
これ1台で焚き火もバーベキューも両方楽しめる優れたアイテムとなっています。

● 焚き火台兼バーベキューコンロ
・コールマン ステンレスファイヤープレイスIII
・コールマン ファイアースパイダー
・コールマン ファイヤーステージ

コールマンのバーベキューグリルでアウトドアを楽しもう!

まとめ
出典:写真AC

コールマンのバーベキューコンロの魅力や種類についてご紹介しました。一口にバーベキューコンロと言っても、その見た目や形など豊富な種類があります。脚の長さや焼き面の広さなど、選び方もさまざまです。こちらを参考に、自分に合ったバーベキューコンロを選んでみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧