• キャンプ道具・ギア
  • キャンプ道具・ギアの記事一覧です。キャンプ道具は種類が多すぎてどれを選べば良いのかわからない!すでに一通り持っているけど、自分だけのこだわりアイテムが欲しい!そんな初心者の方から上級者の方向けに、実際に手に取り、現場で実際に使ってみてのギアレポートをお届けします。

キャンプコーヒーの新定番!エアロプレス ゴーを徹底レビュー!!

アウトドアで飲むコーヒーは格別に美味しく感じるものですよね。インスタントやドリップパックでも十分その魅力を楽しむことはできますが、できることならさらに美味しい1杯を味わいたいもの。

そんなコーヒー好きの方へ、アウトドアではもちろん、家でも大活躍するコーヒー器具を紹介します。

エアロプレス ゴー

エアロプレスとは2005年に開発された比較的新しいコーヒーの抽出器具です。ゴーと名の付くこちらはそんなエアロプレスをアウトドアでも使いやすいようコンパクトに改良したもの。

従来の方法とは全く異なる「空気圧」を利用して抽出されるコーヒーは香りが高くスッキリとした味わいが特徴的です。またその抽出方法から味のブレが少なく、時間や場所にとらわれず安定した味わいのコーヒーを抽出することができます。

コンパクトに収まる付属品

手のひらサイズのコンパクトな本体ですが、付属品は盛りだくさん。細部に至るまで無駄のない設計となっています。

本体上部を包み込むように覆っているラバー製のリッドを外すとエアロプレス専用フィルターがピッタリと入るペーパーフォルダーが出てきます。

全体を包んでいるこちらは抽出時にはマグカップに。

飲み口の部分が薄く、口当たりの良い設計になっているところに開発者のこだわりを感じます。

マグカップの中からは抽出の主役となるパーツが現れます。

上から順に、抽出時に空気を押し込むプランジャー、お湯を注ぐ際の目安が付いたチャンバー、そしてフィルターをセットするキャップがひとつにまとまっています。

プランジャーの中にはさらに、ヘラと計量スプーンが収納されています。

マトリョーシカのように出てきた付属品を整理すると以下のようになります。(表記は公式サイトより引用)

  • チャンバー
  • プランジャー
  • マグカップ
  • リッド
  • ペーパーフォルダー
  • キャップ
  • マドラー
  • スプーン

使い方

これだけの付属品があると使い方が難しいのではないかと身構えてしまいますが、実はやり方さえ覚えてしまえばハンドドリップよりも短時間でコーヒーを抽出することができます。

〈レシピ〉
1人前 目安時間2分
・コーヒー豆 14g
・お湯 200ml

計量スプーン1杯分の豆(約14g)と沸騰直前のお湯200mlを用意します。

豆の挽き具合は好みによりますが、今回はこのくらいの中細挽きで。

ペーパーフィルターをキャップにセットし、一度リンス(湯通し)を行ないます。

リンスをすることによりフィルターの臭いがなくなり、よりスッキリとした味わいのコーヒーを抽出することができます。

キャップをチャンバーの底面にしっかりとはめ込みます。ここが緩いと抽出時に空気圧で外れてしまうことがあるため注意が必要です。

コーヒー豆をチャンバーに入れた後、①のラインを目安にお湯を注いでいきます。

ヘラでゆっくりとコーヒーの粉とお湯を混ぜ合わせ、30秒ほど待ちしっかりと蒸らします。

お湯を③の位置まで注ぎ、再度ヘラで10回ほどかき混ぜたらプランジャーをセットします。

プランジャーに体重を乗せてゆっくりと押し込みながら抽出をしていきます。

この際、30〜60秒ほどかけて均一の力加減で押し込むことにより雑味の少ないコーヒーができ上がります。

最後まで押し切ったところで完成です。ヘラで全体を混ぜ合わせた後、好みに合わせて少し差し湯をして味を整えることでより美味しいコーヒーになります。

味の特徴

ハンドドリップをはじめとした他の器具に比べ、エアロプレスで抽出したコーヒーは香りが格段に良く仕上がります。

また雑味も少ないため、浅煎りや中煎りの華やかな豆を楽しみたいときにオススメです。

豊富なアレンジレシピが嬉しい

アウトドアにエアロプレスをオススメしたい理由はコンパクトさの他にもう1つ。

これさえあればさまざまなアレンジレシピを楽しむことができるというのも嬉しいポイントです。

ストレートなコーヒーを抽出する際、前述した方法の他にインバート(逆さ)式というものがあります。こちらはその名の通りプランジャーを通常と逆、下に位置するようにセットして抽出をします。

この方法ではお湯を注ぎキャップをセットした後、コーヒーがこぼれるギリギリまで空気を押し出すことにより「真空に近い状態」でコーヒーの旨味を抽出することができます。

通常の淹れ方はハンドドリップにも似た味わいですが、インバート式で抽出したコーヒーはエアロプレスでしか出せない独特な爽やかさがあり、慣れてきた方にはこちらもオススメです。

またお湯ではなく水を使って抽出することでお手軽にコールドブリューを作ることや、豆をエスプレッソ用の細かく挽いた深煎りのものに替え、お湯を②の位置まで注ぐことでエスプレッソを作ることもできます。

アウトドアで飲むコーヒーはレシピがマンネリ化してしまうという課題がありましたが、エアロプレスなら気分に合わせてさまざまなコーヒーを楽しめます。

抽出量が少ないところが気になる

1回の抽出で1人分しか作れないため、複数人でコーヒーを楽しみたいときには少し不便かもしれません。

同時に作る場合、人数分に合わせたコーヒー豆の量であえて濃いめに抽出をして差し湯をするという方法もありますが、やはり通常のコーヒーと比べると香りが損なわれるので、1杯ずつ淹れることをオススメします。

後片付けが簡単

抽出後はこのように、キャップを外すとコーヒーの粉がペーパーフィルターに覆われた状態になっています。ゴミ箱に向けて押し出すことで手を汚すことなく片付けられるため、家ではもちろんのことアウトドアでも非常に便利です。

基本情報

価格5940円(税込)
重量448g
材質ポリプロピレン・シリコーン・紙
サイズW100×D110×H175mm
製品仕様抽出器具
※ペーパーフィルター350枚同梱

エアロプレス ゴーで新しいコーヒー体験を

エアロプレスの国内での認知度はまだそれほど高くありませんが、2008年からは世界大会が行われるほどコーヒー業界ではムーブメントを起こしています。

そして、そんな世界大会優勝者のレシピを簡単に再現できてしまえるというのも、エアロプレスの抽出方法ならではの嬉しいところ。雄大な景色と共に世界最高峰のコーヒー体験をしてみませんか。

created by Rinker
エアロプレス(AEROPRESS)

関連記事一覧