カテゴリ: 体験レポート

※この記事は2015年8月に取材したものです※

日本で最も高所にある野天風呂

標高2,150メートル。夏でもひんやり涼しい風が吹いている「本沢温泉」は、八ヶ岳を縦走する登山者たちが利用する山小屋にあります。山小屋から少し離れた谷間には野天風呂「雲上の湯」、そして山小屋内に内湯「こけももの湯」があるのですが、驚くことに、このふたつの温泉は近くにあるのにまったく別の泉質。二種類の温泉を楽しめるという点で、温泉ファンにも人気があります。

本沢温泉の入り口までのルートとは?

本沢温泉の入り口までのルートとは?|「登山初級者向けの“温泉トレッキング”! 山の秘湯「本沢温泉」へ行ってみた!」の1枚目の画像

では、本沢温泉までの道のりをご案内しましょう。温泉の住所は長野県南牧村。公共交通機関を利用する場合は、JR小海線の小海駅から本沢入り口までタクシーで30分程度です。最寄りの松原湖駅から歩くなら、本沢入り口まで3時間程度。健脚なら駅から歩けますが、途中にトイレや休憩できる場所が少ないのでご注意ください。

車なら中央自動車道長坂IC、または小淵沢ICから国道141号線を北上し、「松原湖入り口」交差点から県道480号線へ。稲子湯温泉方面を目指し、途中で本沢林道に入ります。本沢入り口駐車場と書かれた登山道入り口に、数台分の駐車スペースがあります。

入り口から歩くとゲートまで40分、そこから温泉まで歩いて1時間半程度です。

道幅は広く、坂の傾斜も緩くて歩きやすい林道

道幅は広く、坂の傾斜も緩くて歩きやすい林道|「登山初級者向けの“温泉トレッキング”! 山の秘湯「本沢温泉」へ行ってみた!」の1枚目の画像

それでは、本沢温泉まで歩いてみましょう。温泉までの道のりは、比較的広くて歩きやすい、緩やかな上り坂の林道が続きます。ときおり見える渓谷の対岸には山々が連なり、深い森の中にいることを感じられる登山道です。初級者でも気軽に登れる登山道なのですが、軽装での登山は危険です。登山靴、服装に注意し、地図や飲料、防寒着などの装備はしっかりと整えていきましょう。

道幅は広く、坂の傾斜も緩くて歩きやすい林道|「登山初級者向けの“温泉トレッキング”! 山の秘湯「本沢温泉」へ行ってみた!」の3枚目の画像

途中で何度も、「本沢温泉まであと○○分」のといった看板が出てきますが、これにはあまり惑わされないようにしましょう。正確な時間が書かれている看板とそうでないものがあるようです。キャンプ場が見えてきたら、あともう少し。小川を渡ったらまもなく山小屋の建物が見えてくるはずです。

道幅は広く、坂の傾斜も緩くて歩きやすい林道|「登山初級者向けの“温泉トレッキング”! 山の秘湯「本沢温泉」へ行ってみた!」の5枚目の画像

泉質の違う二つの温泉を堪能

泉質の違う二つの温泉を堪能|「登山初級者向けの“温泉トレッキング”! 山の秘湯「本沢温泉」へ行ってみた!」の1枚目の画像

いよいよ、“温泉トレッキング”の目的地、本沢温泉に着きました。まずは山小屋の受付で、入浴料を払います。野天「雲上の湯」は600円。内湯「こけももの湯」は800円です。記念のチケットを受け取ってからそれぞれの温泉へ。「雲上の湯」は、山小屋からさらに10分ほど歩きます。温泉までの道が少し険しいので、足元に注意して進みましょう。

野天風呂「雲上の湯」は、硫黄の香りがほんのり漂う谷間に作られています。湧き出る源泉に一切手を加えず、そのまま流し込んでいるため、お湯の温度は自然環境によって異なります。通常は少し熱めの42度前後。雨が降った後などで湯温が下がっているときは、38度前後と少しぬるめのときもあります。湯船に浸かって見えるのは、岩肌と森。大自然の中で非日常の開放感を味わうことができます。温泉らしさを感じる酸性泉は、皮膚病などに効果のある療養泉です。

混浴なので女性はタオルを巻いたり、水着を着て入ることも可能ですが、着替えスペースはありませんので、入浴前後の段取りについては各自ご注意ください。

泉質の違う二つの温泉を堪能|「登山初級者向けの“温泉トレッキング”! 山の秘湯「本沢温泉」へ行ってみた!」の3枚目の画像

その一方で、内湯の温泉「こけももの湯」には男女別の浴室がありますので、水着を忘れてしまった方はぜひ内湯で温泉を満喫しましょう。

「こけももの湯」の泉質は、ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・炭酸水素塩温泉。肌のキメを整え、なめらかにする美人の湯です。手作り感のある湯船がまた魅力で、野天風呂の男性的な豪快さと比べて、女性的なやさしさを感じる温泉です。

硫黄岳や天狗岳の登頂を目指す拠点にも

登山道入り口から、入浴も含めて5時間程度の“温泉トレッキング”。途中で入浴をはさむと、トレッキング後の疲労感が軽く感じるのは気のせいでしょうか。自然の中で温泉につかるという非日常体験は、それだけで大きな満足感を得ることができますが、せっかくなので山小屋に宿泊して、硫黄岳や天狗岳の登頂を目指す拠点とするのもおすすめですよ。

本沢温泉(ほんざわおんせん)

住所:長野県南佐久郡南牧村海尻 国定公園内
電話:090-3140-7312
野天温泉「雲上の湯」:入浴料600円
内湯温泉「こけももの湯」:入浴料 800円
宿泊:素泊まり個室6800円から

この記事を書いた人

渡部 郁子

アウトドアナビゲーター・温泉ソムリエ。JFNアウトドア番組「JOYFUL LIFE」パーソナリティほか、TV、雑誌、ウェブなど様々な媒体で、子どもと楽しむアウトドアや温泉の魅力を発信中。 著書「東京温泉案内」「子どもといっしょに行ける家族温泉」ほか。

みんなのコメント

関連トピック

トピックから記事を探す

 次の記事へ 
渡部 郁子

「山」と「温泉」と「音楽」が大好きなアウトドアナビゲーター

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

人気ランキングをもっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

New Posts

最新の記事一覧

新着記事をもっと見る

特集

.HYAKKEIおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP

ログイン

コメントを投稿するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

ログイン

コメントを通報するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

コメントを投稿

このコメントを通報する