21 ホシガラス 〜野川かさね エッセイ〜

ガァーガァーとしゃがれた鳴き声が森に大きく響き、
黒い鳥が木から木へと飛びうつる。
羽ばたくというよりも、降下してくるように飛ぶ様子は
すこし不器用な動きにも見えた。

葉がすっかり落ちた木々のてっぺんを陣取り、
鳴き声をあげるとまわりを見わたし、また次の木へと移動した。
何回かそんなことを繰り返して、その姿は
もう私たちのいる場所からは見えなくなってしまった。

ガァーガァーという鳴き声だけが
私たちを森の奥へと導いているかのように
響きつづけている。

関連記事一覧