• キャンプや登山入門編
  • キャンプや登山の道具、使い方等の記事一覧です。これからキャンプや登山を始めてみたいけど、何から始めたら良いのかわからない!どれを選べば良いのかわからない!そんな入門者の方向けに、アウトドア経験者がキャンプや登山の道具、使い方についてお伝えします。

キャンプ道具をおしゃれに収納したい!家や車への収納術

キャンプ道具をおしゃれに収納したいけど、いまいち決まらない!そんな方に向けて、キャンプ道具の収納の基本や、家での収納、車への積載のコツを紹介します。機能的で統一感のあるキャンプ道具収納を実現して、あなたのアウトドアライフをより充実させましょう。

増えゆくキャンプ道具をスタイリッシュに収納したい!

出典:写真AC

キャンプを始め、道具を集め出すと課題になってくるのが、収納問題。スタイリッシュにキャンプギアを収納したいけど、どうしても乱雑になってしまう。そんな方に、キャンプギア収納のコツを「基本編」「家での収納編」「車への積載編」の3つに分けて紹介します。

キャンプ道具のおしゃれ収納のコツ: 基本編

ポイント①キャンプギアをジャンルごとに仕分けする

出典:写真AC

おしゃれなキャンプ収納の第一歩は、持っているギアの現状を把握すること。キッチン系アイテム、焚き火アイテムといった具合に、ジャンルごとにキャンプギアをまとめていきます。

ジャンルごとにまとまったところで、本当に使う道具を精査しましょう。いつも何となくキャンプに持ち出しているけど使っていない…そんな道具もあるかもしれません。道具を厳選すれば荷物の量も減らせるので、自ずと収納も美しくなります。

ポイント②収納ボックスのテイストやカラーを揃える

出典:ゴードンミラー

収納が乱雑に見えてしまう原因の一つは、テイストや色ばらばらの収納ボックスを使っていることかもしれません。カラフルかつおしゃれに収納するテクニックは上級者向け。自信のない方は、色や素材、テイストを揃えることから始めましょう。

低コストなアイテムでも、これらを揃えるだけで統一感が生まれ、おしゃれ収納に近づきます。

まずは、好きな色や素材を決めましょう。次にナチュラルやミリタリー 、ヴィンテージなど、どんなテイストを目指しているかをはっきりさせていきます。SNSや雑誌で、自分の理想に近いキャンパーさんを見つけて手本にするのもおすすめです。

収納の指針を固めておくと、テイストに合わないものを買わずに済むので、無駄な買い物を減らせます。

ポイント③収納ボックスのサイズを決める

(出典:amazon

収納ボックスのサイズ感も重要な項目の一つです。なるべく同じ大きさのボックスや、スタッキングのしやすいものを選ぶと統一感が生まれるうえ、家や車にもスッキリ収納しやすくなります。

ポイント①で仕分けしたアイテムを収めるのにどのくらいのサイズの収納ボックスがいいか逆算して選びましょう。

ポイント④仕切りや収納袋を活用する

出典:写真AC

大きな収納ボックスに細々としたキャンプギアをそのまま入れると、収納効率が悪くなり、出し入れもしにくくなります。

そんなときは、さらにアイテムを形状や用途でジャンル分けして、さらに小さいボックスや収納袋に入れて収納しましょう。中には「シンデレラフィット」と呼ばれる、メーカーの違う収納アイテム同士がぴったり収まる組み合わせも存在します。

キャンプ道具のおしゃれ収納のコツ: 家での収納編

ポイント①「見せる収納」と「隠す収納」を使い分ける

収納には、「見せる収納」と「隠す収納」の2種類があります。

「見せる収納」は、棚などにものを見栄え良く飾る収納法。お気に入りのランタンや食器など、部屋のインテリアのポイントになりそうなものを並べ、雰囲気作りをします。あまり多くものを並べると乱雑になってしまうのでほどほどに。

一方「隠す収納」は、収納ボックスなどに見せたくないものを収めることで、収納の見栄えをスッキリさせる収納法です。細々としたものは隠してしまいましょう。

この2つの収納法は、キャンプサイトのコーディネートにも役立つので、ぜひマスターしましょう。

ポイント②棚板の高さを変えられるラックを活用する

出典:写真AC

キャンプ道具はテントからストーブまで、形状も大きさもさまざまです。そこで役に立つのが、棚板の高さを変えられるラック。道具や収納ボックスのサイズに合わせてスペースを調整できるので、スッキリ収納できます。

上段は「見せる収納」、下段は「隠す収納」といった具合に、使い分けるのもおすすめです。

ポイント③キャンプ用の家具をインテリアに取り入れる

ポイント③キャンプ用の家具をインテリアに取り入れる
出典:写真AC

キャンプ道具の中でもかさばりがちなアイテムが、テーブルやベンチなどのキャンプファニチャー。こういったアイテムは、いっそのこと家の家具として取り入れましょう。賃貸マンション住まいの方は、引っ越しも楽になり一石二鳥です。

キャンプ道具のおしゃれ収納のコツ: 車への積載編

ポイント①車の荷室のサイズに合わせて収納ボックスを選ぶ

ポイント①車の荷室のサイズに合わせて収納ボックスを選ぶ
出典:写真AC

車への収納をスッキリさせる第一歩は、車のラゲッジスペースの広さを確認することから。メジャーなどで広さを測り、そこから逆算してどれぐらいの大きさの収納ボックスがいくつ入るかを確認しましょう。

ポイント②小物はなるべく袋や箱にまとめる

基本編、家での収納編でも触れた通り、細々としたものは収納ボックスに収めることで、収納をスッキリさせられます。荷物の積み下ろしの回数や時間を減らせるうえ、運転中の荷崩れやギアの破損、車内の汚れを防げるので合理的です。

ポイント③ブランケットを活用する

ポイント③ブランケットを活用する
出典:写真AC

走行中にありがちなのが、荷物が動いてがちゃつくこと。そこで役立つのが、ブランケットやタオルです。硬いものと硬いもの同士がぶつかって音が発生しているので、柔らかいものを間に挟むことで、音だけでなく道具に傷がつくのを軽減できます。

また上からブランケットをかぶせることで、見栄えも良くなるうえ、目隠しになり防犯性もアップします。

キャンプ道具をおしゃれに収納して、快適なアウトドアライフを楽しもう!

おしゃれなキャンプ道具の収納は、出し入れのしやすさや、大切な道具の長持ちにもつながります。収納にこだわり、キャンプシーンから日常まで、住み心地の良い自分好みの空間を作り出しましょう。

キャンプ道具をおしゃれに収納できるアイテム

関連記事一覧