雲か靄なのか判別がつかない白い物体が
谷からあがってきたと思ったら
あっという間に前を歩く人をのみ込んだ。

ドキッとして歩みを早め、追いつくと
白い物体は薄いベールのように
自分たちのまわりを覆っているだけだった。

その場所から、一番近くのピークを見上げる。
頂上はまさに白い物体に覆われるところで
今度は山がのみ込まれた。

「山が消えちゃったよ、どうしよう。」とふざけていい合う。

山と自分たちは白い物体の間、見え隠れして
そこにあったり、なかったりしている。

この先に道は続いているのだろうか、
一体どこへと続く道なんだろうかと
ふざけ半分、でもどこか大真面目に考えながら
歩いた。

野川かさね

写真家

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

もっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

New Posts

最新の記事

もっと見る

特集

特集・連載コンテンツ

もっと見る

トピック一覧

トピックから記事をさがす

もっと見る
この記事を書いた人

野川かさね

山と自然をテーマに作品を発表。著書に「山と写真」、共著に「山と山小屋」「山小屋の灯」「山・音・色」など。ホシガラス山岳会としても出版、イベントに携わる。

関連トピック

トピックから記事を探す

▲TOPへ