キャンプや山登りで飲むコーヒーは普段飲むコーヒーの何倍も美味しいものです。それは自然というフィールドがそうさせてくれたり、その過程を楽しむ自由さがあるからなのかもしれません。
今回はアウトドアならではのコーヒーの楽しみ方を紹介します!

生豆を焙煎する。

生豆を焙煎する。|「生豆を焙煎するところから始める!アウトドアでコーヒーを楽しむ方法」の1枚目の画像

普段飲むコーヒーを生豆から焙煎する人はほとんどいないですよね。その理由は道具がなかったり、あるいは”ちゃふ”と呼ばれるカスが飛び散ってしまうなど、理由は様々だと思います。
アウトドアでは”ちゃふ”が飛んでしまって後片付けに困ることもほとんど無いです。「生豆から焙煎する」これこそ、アウトドアでコーヒーを楽しむ最良の方法です。そのやり方を説明していきます。

手網に入れて、火にかける。

手網に入れて、火にかける。|「生豆を焙煎するところから始める!アウトドアでコーヒーを楽しむ方法」の1枚目の画像

まず、生豆を手網に入れて火にかけます。徐々に水分が抜けて黄色っぽくなっていきます。休まず振り続けないとムラができてしまいますので注意。

パチッパチっと弾ける音がし始める。

パチッパチっと弾ける音がし始める。|「生豆を焙煎するところから始める!アウトドアでコーヒーを楽しむ方法」の1枚目の画像

火にかけ続けていくと段々と色が茶色くなっていきます。するとパチッパチっと豆がハゼてきます。酸味が強いコーヒーが好みであるならば、1度目のハゼが終わったあたりで止めるといいです。味の好みによって調整できるのもアウトドアならではですね。

苦味を出すなら、さらにハゼさせる。

苦味を出すなら、さらにハゼさせる。|「生豆を焙煎するところから始める!アウトドアでコーヒーを楽しむ方法」の1枚目の画像

苦味の強いコーヒーが好みの場合はさらに火にかけていきます。すると2度目のハゼが始まります。どちらにせよ、コーヒー豆が茶色に変化したら焙煎の完了です。

コーヒーミルで豆挽き、フィルターで濾す。

コーヒーミルで豆挽き、フィルターで濾す。|「生豆を焙煎するところから始める!アウトドアでコーヒーを楽しむ方法」の1枚目の画像

豆挽きもアウトドアでのコーヒーが美味しく感じるポイントの一つ。自分で豆を挽くからこそ、コーヒーが美味しく感じるのかもしれません。
あとはケトルでお湯を沸かしてコーヒーフィルターを使ってコーヒーを入れていきます。お湯を入れた瞬間に広がるコーヒーのいい香りが満足感を味あわせてくれます。

コーヒーを焙煎するキャンプ道具や焙煎体験できるキャンプ場もあります!

コーヒーを焙煎するキャンプ道具や焙煎体験できるキャンプ場もあります!|「生豆を焙煎するところから始める!アウトドアでコーヒーを楽しむ方法」の1枚目の画像

笑’sというガレージメーカーやユニフレームなどがコーヒー焙煎用の道具を発売していますし、バーナーで焙煎するならば市販されている手網でも可能です。また、いきなり道具を揃えるのは難しいなーという方は、福島県の猪苗代湖の湖畔にあるキャンプ場「猪苗代湖モビレージ」で焙煎体験ができます。まずはお試しがてら、モビレージに宿泊してコーヒー焙煎を楽しむのもありですね!


いかがでしたか?「生豆から焙煎する」というアウトドアならではの体験をぜひ、キャンプ場や山で体験してみてください。
あなただけの最高の一杯をつくりましょう!

この記事を書いた人

佐久間 亮介

日本全国キャンプ場と名所を巡りながら旅する旅人。月間50万PVのキャンプブログ「http://camp-in-japan.com」を共同運営。 キャンプでたくさんの笑顔が生まれたらいいなーっと思いながらブログを書いてます!

みんなのコメント

関連トピック

トピックから記事を探す

 次の記事へ 
佐久間 亮介

キャンプをより身近に、たくさんの人に!

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

人気ランキングをもっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

New Posts

最新の記事一覧

新着記事をもっと見る

特集

.HYAKKEIおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP

ログイン

コメントを投稿するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

ログイン

コメントを通報するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

コメントを投稿

このコメントを通報する