北アルプス新表銀座3泊4日山パスタ縦走の準備編です。
山行の様子や山パスタのメニュー、レシピについてはこれまでの記事を御覧ください。

美味しい山パスタを手早く作るために!

北アルプス新表銀座で 美味しい山パスタを手早く作るため に、具体的に3つの方策を考えてみました。

(1)干し野菜の活用
(2)自家製パスタソースの活用
(3)調理しやすい食材パッキング


今回は(3)の「調理しやすい食材パッキング」についてご紹介させていただきます。
(1)干し野菜の活用、 (2)自家製パスタソースの活用 はコチラ☆》

(3)調理しやすい食材パッキング

食材のパッキングでは「食材の鮮度を保つこと」が重要ですが、今回使用した干し野菜の場合は食材の鮮度をほとんど気にする必要がありません。今回最も重視したポイントは「調理のしやすさ」です。

縦走テント泊ということもあり、朝昼はあまり時間をかけられないことが想定されます。そのようなときでも手早く美味しい山パスタを作るには、手早く調理できるようにパッキングしておくことが重要です。

手早く調理できる食材パッキングのポイント

<ポイント1:レシピごとに材料を小分けに!>

そのレシピで使う食材をそのまま使える形で使う量だけ、1食分ずつ小分けにします。

例えば1日目のお昼に食べたペペロンチーノの食材パッキングをみてみます。パスタ、干しアスパラ、干しベーコン、にんにく、鷹の爪、オリーブオイルをペペロンチーノ1食に使う分だけ、小さなジッパー付きビニール袋などに小分けしました。

手早く調理できる食材パッキングのポイント|「手早い調理に欠かせない!便利な食材パッキングをご紹介|初秋の北アルプス新表銀座山パスタ縦走 #10」の3枚目の画像

パスタはフライパンで茹でやすいように半分に折ってあります。パスタに入れる具も小分けにしました。生野菜では難しいですが、携帯性にすぐれた干し野菜なら1食で使う分量だけ小分けして詰めることができます。

<ポイント2:1食分の食材をまとめておく>

小分けにしたペペロンチーノの材料を1つの袋にまとめておきます。こうしておけば、いざ調理するときに、ペペロンチーノに使う野菜、調味料が一目瞭然。食材を切ったり、計量したりする工程もほとんど省略でき、いつもより手早く調理ができます。

手早く調理できる食材パッキングのポイント|「手早い調理に欠かせない!便利な食材パッキングをご紹介|初秋の北アルプス新表銀座山パスタ縦走 #10」の7枚目の画像

画像は左がペペロンチーノ、右がボンゴレ・ロッソの食材パッキングです。ペペロンチーノの食材は40gしかありません(パスタを除く)。干し野菜のおかげで軽量化もできています。

<ポイント3:1日毎にパッキング>

次に1食ずつパッキングした食材を、1日毎にまとめておきます。1泊2日程度ならそこまで分ける必要はありませんが、3泊にもなると約10食分になるので、1日ごとに分けておかないと煩雑になってしまいます。

1日目の食材パッキングです。

手早く調理できる食材パッキングのポイント|「手早い調理に欠かせない!便利な食材パッキングをご紹介|初秋の北アルプス新表銀座山パスタ縦走 #10」の11枚目の画像

<ポイント4:いつでもレシピを見られるように!>

1日毎のパッキング袋にレシピメモを入れておきました。袋を裏返すとレシピを見ることができます。合わせて電子データをスマホに入れておけば万全です。

手早く調理できる食材パッキングのポイント|「手早い調理に欠かせない!便利な食材パッキングをご紹介|初秋の北アルプス新表銀座山パスタ縦走 #10」の14枚目の画像

<ポイント5:調味料を合わせておく>

すべての調味料を合わせておく必要はありませんが、合わせられる調味料はあらかじめ合わせた上でパッキングしておくと時短できます。

例えばオイルサーディンの缶詰に、あらかじめにんにくと鷹の爪を合わせて山に持っていきました。

手早く調理できる食材パッキングのポイント|「手早い調理に欠かせない!便利な食材パッキングをご紹介|初秋の北アルプス新表銀座山パスタ縦走 #10」の17枚目の画像

またパスタを袋詰めする際は茹で塩と合わせておきます。同様にクスクスは鶏がらスープの素と合わせてパッキングしました。

こうしておけば調味料を合わせる工程を簡略化することができます。

<ポイント6:分量がわからない調味料は別に>

それぞれの料理で味を整えるために使う塩や黒胡椒などは、使う分量がわからないので別にしておきます。

手早く調理できる食材パッキングのポイント|「手早い調理に欠かせない!便利な食材パッキングをご紹介|初秋の北アルプス新表銀座山パスタ縦走 #10」の21枚目の画像

何度も使う調味料は袋詰めにすると取り出しにくいので、少量ずつ取り出しやすい調味料入れに入れておくことをおすすめします。

<ポイント7:傷みやすい食材は保冷袋に>

パスタソースなど傷みやすい食材は、保冷剤と一緒に保冷袋に入れてパッキングしました。冷凍できるものは冷凍しておきます。

4日間10食分の食材パッキング

合計重量は約1.9キロになりました。1食平均約190gです。

4日間10食分の食材パッキング|「手早い調理に欠かせない!便利な食材パッキングをご紹介|初秋の北アルプス新表銀座山パスタ縦走 #10」の2枚目の画像

ソライロノート

北アルプス新表銀座で美味しい山パスタを手早く作るために、調理しやすい食材パッキングについて考えてみました。1食分ずつ小分けしておくことで、使う食材や調味料が一目瞭然になり、手順もイメージしやすく、いつもよりも手早く山パスタを作ることができました。

ご参考になるところがありましたら皆様の山パスタ、山ごはんに取り入れていただけたらと思います。

ソライロパスタ

この記事を書いた人

ソライロパスタ

YoutubeやWebサイトにて山ごはん、山パスタの動画やレシピを公開中。フリーズドライやレトルトに頼らない山ごはんを目指しています。 Web:ソライロノヲト Youtube:ソライロパスタチャンネル

関連トピック

トピックから記事を探す

 次の記事へ 
ソライロパスタ

山パスタの伝道師

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

もっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

New Posts

最新の記事

もっと見る

特集

特集・連載コンテンツ

もっと見る

トピック一覧

トピックから記事をさがす

もっと見る
▲TOPへ

ログイン

コメントを投稿するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

ログイン

コメントを通報するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

コメントを投稿

このコメントを通報する