カテゴリ: ブランド

古民家との出会いから運営の決断

古民家との出会いから運営の決断|「古民家とキャンプ場のハイブリッドが生み出すもの ~埼玉県飯能市名栗「古民家ファミリービレッジ」~」の1枚目の画像

この建物は1640年代に立てられたといわれ、すでに350年の歴史を有します。

「地域における観光の掘り起こし、それはやらなければならないと思っていました」
と統括マネージャーの川口さん。

しかしこの古民家との出会いは意外なものでした。


「昨年の9月でしたか、観光協会が行う紅葉祭りのことでこちらに伺ったときです。そのときに何かの“シグナル”があったのです」


そのシグナルとは“このキャンプ場を託したい”という、もの言わぬメッセージ。
実は元々ここは古い小さなキャンプ場が営まれていました。しかし父親である先代から2代目が引き継ぐもなかなか立ち行かず心の中では廃業を密かに決めていたそうです。ここを手放すにも、馴染みのない都市部の企業に任せるのは不安。もし地域の誰かに引き継いでもらえるならそれに越したことはない。そんなときに偶然現れた川口さん。

ケニース・ファミリー・ビレッジをあそこまでにしたこの方なら・・・!

古民家との出会いから運営の決断|「古民家とキャンプ場のハイブリッドが生み出すもの ~埼玉県飯能市名栗「古民家ファミリービレッジ」~」の3枚目の画像

もともと、自治体に向けて地域活性化の計画を提案していたほどの熱意を持っている川口さん。この“シグナル”を敏感に感じ取り、熟考の末、キャンプ場の再生に乗り出すことを決意。

その柱としたのが「古民家」です。ケニーズはその名前からも欧米スタイルのキャンプを提供しているので、こちらは思い切り「和」で振り切ろうと。

懐かしい生活用具とキャンプ道具はリンクしている

懐かしい生活用具とキャンプ道具はリンクしている|「古民家とキャンプ場のハイブリッドが生み出すもの ~埼玉県飯能市名栗「古民家ファミリービレッジ」~」の1枚目の画像

古民家は主にセンターハウスの役目を担っています。
このキャンプ場にくればまず玄関をくぐります。 そう、あの懐かしい田舎の里帰りを味わうことに。

懐かしい生活用具とキャンプ道具はリンクしている|「古民家とキャンプ場のハイブリッドが生み出すもの ~埼玉県飯能市名栗「古民家ファミリービレッジ」~」の3枚目の画像

「こんにちは」というより「ただいま」が似合う空気感。そこには懐かしいものがたくさん待ち受けています。

黒電話、鉄瓶、錠前、木箱、氷削器、ローラースケート・・。

懐かしい生活用具とキャンプ道具はリンクしている|「古民家とキャンプ場のハイブリッドが生み出すもの ~埼玉県飯能市名栗「古民家ファミリービレッジ」~」の5枚目の画像
懐かしい生活用具とキャンプ道具はリンクしている|「古民家とキャンプ場のハイブリッドが生み出すもの ~埼玉県飯能市名栗「古民家ファミリービレッジ」~」の6枚目の画像
懐かしい生活用具とキャンプ道具はリンクしている|「古民家とキャンプ場のハイブリッドが生み出すもの ~埼玉県飯能市名栗「古民家ファミリービレッジ」~」の7枚目の画像
懐かしい生活用具とキャンプ道具はリンクしている|「古民家とキャンプ場のハイブリッドが生み出すもの ~埼玉県飯能市名栗「古民家ファミリービレッジ」~」の8枚目の画像
懐かしい生活用具とキャンプ道具はリンクしている|「古民家とキャンプ場のハイブリッドが生み出すもの ~埼玉県飯能市名栗「古民家ファミリービレッジ」~」の9枚目の画像

「お父さんがお子さんに『昔はこういうのでスケートしてたんだぞ』なんて言って、会話が弾んでいる姿を見ると、これでよかったなと思います」

懐かしい生活用具とキャンプ道具はリンクしている|「古民家とキャンプ場のハイブリッドが生み出すもの ~埼玉県飯能市名栗「古民家ファミリービレッジ」~」の11枚目の画像

面白いのはそれら懐かしの道具に混じってソト遊びの道具が絶妙に混じっているところ。その場所や飾られ方はただ適当なのではなく、古民家の元々有する機能と親和性があるように配置されたりしています。

懐かしい生活用具とキャンプ道具はリンクしている|「古民家とキャンプ場のハイブリッドが生み出すもの ~埼玉県飯能市名栗「古民家ファミリービレッジ」~」の13枚目の画像

そうでなくても、まるで何かの韻を踏んだように、昔のモノたちと溶け込んでいます。

なぜにキャンプ道具たちは古民家と相性がいいのでしょう。おそらく、使い込んで味が出る、その機軸が年代を超えてオーバーラップするからではないでしょうか。

この「共生」感こそ古民家ファミリービレッジが教えてくれる密かな価値のような気がします。

名栗の環境に活かされたロケーション

名栗の環境に活かされたロケーション|「古民家とキャンプ場のハイブリッドが生み出すもの ~埼玉県飯能市名栗「古民家ファミリービレッジ」~」の1枚目の画像

場内は実にこじんまりしており、まるで古民家の縁側か軒先でキャンプをしているような感じです。

名栗の環境に活かされたロケーション|「古民家とキャンプ場のハイブリッドが生み出すもの ~埼玉県飯能市名栗「古民家ファミリービレッジ」~」の3枚目の画像

キャンプサイトは1段下がった川の目の前と、さらに下った川原。

名栗の環境に活かされたロケーション|「古民家とキャンプ場のハイブリッドが生み出すもの ~埼玉県飯能市名栗「古民家ファミリービレッジ」~」の5枚目の画像

目の前に流れる名栗川は驚くほどのエメラルドブルー。
周囲は決して生活感のない場所ではないので、この透明度を保てる環境意識の高い地域であることが窺えます。

名栗の環境に活かされたロケーション|「古民家とキャンプ場のハイブリッドが生み出すもの ~埼玉県飯能市名栗「古民家ファミリービレッジ」~」の7枚目の画像
名栗の環境に活かされたロケーション|「古民家とキャンプ場のハイブリッドが生み出すもの ~埼玉県飯能市名栗「古民家ファミリービレッジ」~」の8枚目の画像

古民家の裏側には同テイストのバンガロー群。廃校になった小学校の建築材を再利用して建てられています。

名栗の環境に活かされたロケーション|「古民家とキャンプ場のハイブリッドが生み出すもの ~埼玉県飯能市名栗「古民家ファミリービレッジ」~」の10枚目の画像
名栗の環境に活かされたロケーション|「古民家とキャンプ場のハイブリッドが生み出すもの ~埼玉県飯能市名栗「古民家ファミリービレッジ」~」の11枚目の画像
名栗の環境に活かされたロケーション|「古民家とキャンプ場のハイブリッドが生み出すもの ~埼玉県飯能市名栗「古民家ファミリービレッジ」~」の12枚目の画像

キャンプ場の施設を彩るものには地元で長く使われていたものが多数あります。

キャンプ場だからこそできる古民家の在り方

キャンプ場だからこそできる古民家の在り方|「古民家とキャンプ場のハイブリッドが生み出すもの ~埼玉県飯能市名栗「古民家ファミリービレッジ」~」の1枚目の画像

「これですか?いわゆる“篩(ふるい)”です。逆さまにしてこれも使われなくなった何かの脚を重ねてテーブルにしてしまいました」

これです。このキャンプ場の潜在能力とイコールです。

通常古民家といえば伝統的建造物として「保護」されます。いわばアンタッチャブル。しかし、センターハウスがそうであるように、乱暴な言い方をすればこのキャンプ場はどんどんいじってしまえばいいのです。

そして、そのアイデアと創造を、この先「キャンパーと共に」出来たら、思わぬものがどんどん生まれていくでしょう。

キャンプ場だからこそできる古民家の在り方|「古民家とキャンプ場のハイブリッドが生み出すもの ~埼玉県飯能市名栗「古民家ファミリービレッジ」~」の3枚目の画像

例えばこのバーベキュー施設。もちろんバーベキューをする場所として機能しながら、同時に、地域に残る伝統を体験するワークショップとしても最高の場所です。

この地は西川材というヒノキの名産地。狭山丘陵から連なるお茶処。武州の地である手打ちうどん、さらにはこの古民家のそもそもの由来である養蚕等々、地域の人々を巻き込んでいく創造はいくらでもできるでしょう。

キャンプ場だからこそできる古民家の在り方|「古民家とキャンプ場のハイブリッドが生み出すもの ~埼玉県飯能市名栗「古民家ファミリービレッジ」~」の5枚目の画像

このまっさらな和室。何もありません。
もしここを彩るものを、訪問したキャンパーによって残されていくようになったらなんと素敵でしょう。

キャンプ場だからこそできる古民家の在り方|「古民家とキャンプ場のハイブリッドが生み出すもの ~埼玉県飯能市名栗「古民家ファミリービレッジ」~」の7枚目の画像

このキャンプ場を世に送るに当たってどういうネーミングにするか議論になったそうです。
近頃、「古民家」という世の中のイメージには、きらびやかで洗練されたものがあり、この建物はすこし違うのではないかという指摘でした。

が、川口さんは断固として譲らなかった。「これが古民家じゃなくて、何が古民家なんだ!」と。

確かに一部では古民家カフェなどお洒落イメージが先行しているところもあります。しかしここではそんなことより大事なものが脈々と引き継がれていいます。

それは生活感です。
「古民家」という空き家の間借りではなく、人の出入りで活気を作り出す「“古い”民家」だということです。


「観光資源の掘り起しとは、人の集まる場所を作り、人の交流をそこに作ることだと思っています」


人の集まる場所、交流をする場所、しかも生活感をにじませながら。それは「キャンプ場」そのものではないですか。

「古民家ファミリービレッジ」は器としてだけではない古民家を、キャンプというコンテンツを使った新しい在り方をきっと示しくれることと思います。

古民家ファミリービレッジキャンプ/バーベキュー場

埼玉県飯能市上名栗87
TEL:042-978-5455
WEB:http://kominka-camp.com/

※12月初旬~3月初旬までは冬季休業


この記事を書いた人

SAM

アウトドアライター&キャンプブロガー 一般社団法人 日本オートキャンプ協会公認インストラクター 光学機器マーケティングディレクター アウトドア誌、企業広報誌、新聞・テレビなど各メディアへの取材協力・執筆活動も行っている傍ら、キャンプ体験・キャンプ料理レシピをまとめた自身のWEBサイト「 Sam-Home Sam-Camp / キャンプの宝物を探そう!」を運営。2001年開設以来多くのキャンパーに利用されている。一方多くのキャンプ場等で星空を案内している「星のソムリエ®」でもある。

みんなのコメント

関連トピック

トピックから記事を探す

 次の記事へ 
SAM

キャンプのいろいろおつたえしますよ~

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

人気ランキングをもっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

New Posts

最新の記事一覧

New Posts

特集

.HYAKKEIおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP

ログイン

コメントを投稿するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

ログイン

コメントを通報するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

コメントを投稿

このコメントを通報する