カテゴリ: アウトドアギア

WILDO(ウィルドー)のフォールドアカップ

WILDO(ウィルドー)のフォールドアカップ|「小さくなって持ち運びやすい「WILDOのフォールドアカップ」|目から鱗の『一石山鳥』な道具 #05」の1枚目の画像

水、コーヒーやスープを飲むカップ。
ご飯や麺を食べるお椀サイズのカップ。

スウェーデンのブランド「WILDO」のフォールドアカップなら、軽くて小さくなるから持ち運びがとても簡単です。

WILDO(ウィルドー)のフォールドアカップ|「小さくなって持ち運びやすい「WILDOのフォールドアカップ」|目から鱗の『一石山鳥』な道具 #05」の3枚目の画像
WILDO(ウィルドー)のフォールドアカップ|「小さくなって持ち運びやすい「WILDOのフォールドアカップ」|目から鱗の『一石山鳥』な道具 #05」の4枚目の画像
WILDO(ウィルドー)のフォールドアカップ|「小さくなって持ち運びやすい「WILDOのフォールドアカップ」|目から鱗の『一石山鳥』な道具 #05」の5枚目の画像

こんな風にコンパクトに折りたためてスタッキングできます。

アウトドア:シンデレラフィットでパッキングが楽チン

WILDO(ウィルドー)のフォールドアカップ|「小さくなって持ち運びやすい「WILDOのフォールドアカップ」|目から鱗の『一石山鳥』な道具 #05」の8枚目の画像

偶然にもピッタリ収まることをシンデレラフィットと呼びます。

登山などのパッキングをする時は、余計な隙間が無く詰めるようにするのですがWILDOのカップとビッグカップは折りたたんだ状態で綺麗に重ねることができます。

さらにエバニューのチタンウルトラライトクッカー1などにもピッタリ収まります。

WILDO(ウィルドー)のフォールドアカップ|「小さくなって持ち運びやすい「WILDOのフォールドアカップ」|目から鱗の『一石山鳥』な道具 #05」の10枚目の画像

そしてビッグカップの内側には100ccごとにメモリが付いており、擦り切り600ccの容量となっています。

登山やキャンプでは計量器を持っていくことはあまりないで、このカップを調理道具として使うこともできます。

耐熱温度は125℃なので熱々の料理もこのカップで食べることができます。

普段使い:携帯歯磨きセットと共に

WILDO(ウィルドー)のフォールドアカップ|「小さくなって持ち運びやすい「WILDOのフォールドアカップ」|目から鱗の『一石山鳥』な道具 #05」の13枚目の画像
WILDO(ウィルドー)のフォールドアカップ|「小さくなって持ち運びやすい「WILDOのフォールドアカップ」|目から鱗の『一石山鳥』な道具 #05」の14枚目の画像

仕事のお昼休憩、ランチを食べたら歯磨きをされる方も多いと思います。

自宅とは違って思うように「口をゆすげない」ことがあります。
そんな時にカップがあれば楽にゆすぐことができます。

そして、コンパクトになるから鞄の中に入れておきやすいのも嬉しい。

イザという時:ラップと組み合わせて

WILDO(ウィルドー)のフォールドアカップ|「小さくなって持ち運びやすい「WILDOのフォールドアカップ」|目から鱗の『一石山鳥』な道具 #05」の17枚目の画像

災害時、水が使えないこともあります。
そうすると洗い物も満足にできないこともあります。

そんな時はラップを被せて、その上から食べ物を盛ると洗い物をしなくて済むので便利。

WILDOのカップの素材はポリプロピレンなので陶磁器のように割れる心配も無く、イザという時にも安心して使うことができます。

最後に

最後に|「小さくなって持ち運びやすい「WILDOのフォールドアカップ」|目から鱗の『一石山鳥』な道具 #05」の1枚目の画像

初めてこの道具を見た時、「何かのフタ?」と思ってしましました。

使い方を知って、その軽さ小さ便利さに驚きました。
登山だけではなくトレイルランをされている方でも使っている方がいます。
軽さや携帯性も重視するトレイルランの道具としても選ばれるのは、WILDOのカップの優秀さを示すことだと感じます。

そしてカラーが豊富で選ぶ楽しさもあるのがWILDOの良さでもあります。

小物をお好みのカラーで揃えるのはテンション上がります!


一石山鳥とは

一石山鳥とは|「小さくなって持ち運びやすい「WILDOのフォールドアカップ」|目から鱗の『一石山鳥』な道具 #05」の1枚目の画像

イッセキサンチョウ。
アウトドア、普段使い、イザという時。この三つのシーンから見た一石三鳥な道具を、仙台にあるインドア&アウトドア雑貨店ENstyleの川村峻介が紹介する連載コーナー。

アウトドアを絡めて紹介していくので、一石三鳥の三を山としました。

この記事を書いた人

川村峻介

雑貨店を開業しようと準備をしていた時に2011年の震災に遭い、見ず知らずの人たちと共同生活をすることに。 その時に「アウトドア道具があれば良かった」と強く感じ、アウトドア道具を普段から使う生活を提案する雑貨店を開業することを決意し、2015年の9月に仙台市で「ENstyle(エンスタイル)」をオープン。

【WEBサイトはこちらです!】
enstyle.net

【Facebook、毎日更新中!】
facebook.com/enstyle.sendai

みんなのコメント

関連トピック

トピックから記事を探す

 次の記事へ 
川村峻介

仙台市でインドア&アウトドア雑貨店「ENstyle」やってます。 Facebook、毎日更新中!

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

人気ランキングをもっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

New Posts

最新の記事一覧

New Posts

特集

.HYAKKEIおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP

ログイン

コメントを投稿するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

ログイン

コメントを通報するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

コメントを投稿

このコメントを通報する