• インタビュー
  • キャンプや登山に関わる人々へのインタビュー記事一覧です。自然に魅せられたアウトドアフリーカー、自然と共に生きるアスリート、熱い信念を持つオーナー等、その想いやヒストリー、展望など、写真と共に丁寧にお伝えします。今後の人生の選択肢のひとつとなるヒントが、見つかるかもしれません。

『東京で畑始めました』| #04 夏野菜から秋冬野菜へ。感謝の気持ちで一から畑の土づくり

夏のBBQが終わり、次の目標は冬の鍋パーティに

まだまだ暑い日が続きますが、畑は秋冬野菜の準備の時期です。のんびりしていたら、鍋に使う野菜が作れない・・・!

ということで、秋の苗着け&種植え講習会に参加し、わたくしライターの橋本とアンバサダーのメンバーで秋冬野菜の準備をしてきました。

実演しながら秋冬野菜の準備を

道具や土、肥料など、使うものは全部準備されているシェア畑。定期的に開催される講習会では、マニュアルも用意されています。これはありがたい。

実際に畝作りから、苗付けまで実演をしてくれます。見た通りやれば良いですし、わからないことがあれば質問できるので、ボクのような初心者でもなんとかできそう。

一通り説明を聞いたので、いざ.HYAKKEI畑にとりかかります。

夏の思い出に感謝しつつ、残渣処理へ

かなり大きく育っていたナスを収穫し、感謝を込めて夏野菜を片付けます。

雑草も大量に生えているので、一緒に片付け。これはかなりの作業量だぞ・・・。

ハサミで丁寧に切りつつ作業します。そう、次の野菜を作るためには、片付けをして土づくりから始めなければならないのです。

よく考えれば当たり前のことですが、一年間作物を育て続けるためには、こういった地味だけど大事な作業があるんですよね。

畑作業というと「畑を耕すことからスタート」と、イメージしていたわたしにとって衝撃的な出来事でした。

都会でも、そんな体験ができるのが、シェア畑です。

大分キレイになったぞ!

大分キレイになったぞ!

やっとのことで土づくり

残渣を取ったあと。土がかたく、このままでは何もできません。

土にクワをしっかり入れてフカフカにします。

スタッフの方に(再度)実演してもらいました。慣れていなくてすみません・・・。

なれた手つきで土を慣らしています。

マルチをかぶせたら冬野菜の主役、ブロッコリーとキャベツの苗を植えます。

中央には、4種類の大根やロメインレタス・ナバナ・ミズナなどのタネをまきました。

.HYAKKEI畑物語、第二章開幕です

今年もあと4ヶ月。畑ではいち早く冬に向けての準備を始めました。前回のBBQのように、自分たちで育てた野菜で鍋をかこむ。まだ暑いですが、いまから鍋が楽しみに感じる不思議な体験でした。

10月はいちごを植える作業が待っています。こちらもとっても楽しみです。


畑プロジェクト第一回→『東京で、畑はじめました』|#01 小学生ぶり?の土遊びからはじめる野菜づくり – .HYAKKEI[ドットヒャッケイ]

畑プロジェクト第二回→『東京で、畑始めました』|#02 夏のBBQに向けた、夏野菜の植え付け – .HYAKKEI[ドットヒャッケイ]

育てた野菜でBBQをしました→『東京で、畑始めました』|#03 自分たちで育てた野菜ならBBQがもっと楽しい!.HYAKKEI FARM収穫祭 vol.1 – .HYAKKEI[ドットヒャッケイ]

シェア畑の詳細はこちら→手ぶらで行ける貸し農園「シェア畑」

関連記事一覧