日本全国縦横無尽に広がる山々。

私たちは山に囲まれながら生活をし、その恩恵を知らず知らずのうちに授かっているわけですが、その山々を渡ってみると、そこにある町の文化や暮らしが見えてきます。そんな、町を知るために山々を旅してみるのも日本再発見につながるかもしれません。

静岡県の川根本町。
南アルプスの最南端に位置するこの地で、山をマラソンしながら町を楽しむイベント『南アルプスマウンテンマラソン』が開催されます。

今回は、本イベントを主催する南アルプスマウンテンマラソン実行委員会の伊藤正裕さん(左)・荻野文彦さん(右)にお話をうかがいました。

南アルプスマウンテンマラソン(MAMM)とは?

南アルプスマウンテンマラソン(MAMM)とは?|「南アルプス最南端の自然と町を堪能!走り方自由な『南アルプスマウンテンマラソン』開催」の1枚目の画像

MAMMは、南アルプスの最南端に位置する静岡県川根本町を巡るマウンテンマラソンで、トレイルランナー望月将悟さんがプロデュースする、楽しくもキツいロングトレイルレースです。

南アルプスマウンテンマラソン(MAMM)とは?|「南アルプス最南端の自然と町を堪能!走り方自由な『南アルプスマウンテンマラソン』開催」の3枚目の画像

望月将悟さんは、8/11の山の日に開催されたTJAR2016(トランスジャパンアルプスレース)で優勝し、本大会4連覇を達成したトレランの第一人者。その望月さんと作ったコースは、雄大な大井川の流れと、南アルプスの山々、紅葉や茶畑、SLの走る大井川鐵道など、自然を感じることができ、美しい景観が楽しむことができます。

南アルプスマウンテンマラソン(MAMM)とは?|「南アルプス最南端の自然と町を堪能!走り方自由な『南アルプスマウンテンマラソン』開催」の5枚目の画像

本大会の特徴は、前夜祭の会場や宿泊施設、スタート・ゴールが地元のキャンプ場である、ということです。Camp in Trailというスタイルでただ山を走るのではなく自然の中での滞在型参加を可能し、より町にある資源を活用しています。

極論、歩いたって良い。この地に足を踏み入れ自然を楽しんでほしい

極論、歩いたって良い。この地に足を踏み入れ自然を楽しんでほしい|「南アルプス最南端の自然と町を堪能!走り方自由な『南アルプスマウンテンマラソン』開催」の1枚目の画像

大自然の中で走るのはとても気持ちよさそうですが、トレランというとハードルが高く感じる方も多いかもしれません。実行委員会の荻野さんは、ハードルは高く設定せずに気軽に挑戦してみてほしいと言います。

極論、歩いたって良い。この地に足を踏み入れ自然を楽しんでほしい|「南アルプス最南端の自然と町を堪能!走り方自由な『南アルプスマウンテンマラソン』開催」の3枚目の画像

「”マラソン”という言葉を使っているのもそういった理由があります。大会では25kmと50kmの2つの参加方法がありますが、自分のペースで走ってほしい。速さを追求する人、ゆっくり歩きたい人、豊かな自然に触れたい人、多様な参加者に来てもらいたいですね」

極論、歩いたって良い。この地に足を踏み入れ自然を楽しんでほしい|「南アルプス最南端の自然と町を堪能!走り方自由な『南アルプスマウンテンマラソン』開催」の5枚目の画像

ランナーにとっては嬉しい配慮も。

トレランというと山の中を走り抜けるわけですが、山に入れば入るほど人影は減り孤独な戦いになります。本大会はストイックにゴールを目指すのもそうですが、楽しく川根本町という町や自然に触れてほしいという想いがあるため、馴染みのあるマラソン大会のようにポイントポイントで応援ゾーンがあるんだとか。地元の方やランナーの仲間はそこでランナーたちを応援することができます。

点を線でつなぎ、地元と一体となって大会を、そして町を盛り上げたい

点を線でつなぎ、地元と一体となって大会を、そして町を盛り上げたい|「南アルプス最南端の自然と町を堪能!走り方自由な『南アルプスマウンテンマラソン』開催」の1枚目の画像

川根本町は豊かな自然とそれに付随するアクティビティや観光スポットが豊富にあり、誰が来ても楽しめる町ですが、日本でも有数の高齢化が進んでいる町でもあります。

伊藤さんも荻野さんも静岡県出身。本大会はその地元の方々とも一緒に盛り上げたいという気持ちが強くあるそうです。

点を線でつなぎ、地元と一体となって大会を、そして町を盛り上げたい|「南アルプス最南端の自然と町を堪能!走り方自由な『南アルプスマウンテンマラソン』開催」の3枚目の画像

「よそ者の若い連中が何やら騒ぎにやってきた、みたいに思ってもらいたくはないんです。皆がマラソン大会をするみたいだから応援してあげよう、という風に地元の方にとっても馴染み深い大会にしたいと思っています。そういう意味でも”マラソン”というキーワードは意識して使っています」

点を線でつなぎ、地元と一体となって大会を、そして町を盛り上げたい|「南アルプス最南端の自然と町を堪能!走り方自由な『南アルプスマウンテンマラソン』開催」の5枚目の画像

川根本町は山に沿って縦に広く伸びる町。観光スポットには恵まれていますが、現状はそれぞれが点で存在し、有機的なつながりを持つことはできていません。

点を線でつなぎ、地元と一体となって大会を、そして町を盛り上げたい|「南アルプス最南端の自然と町を堪能!走り方自由な『南アルプスマウンテンマラソン』開催」の7枚目の画像

「MAMMでは、そうして点で存在する町の良いところを線で繋ぐことも意識しています。皆で川根本町の山を走って各スポットを楽しんでもらえたらなと思っています。スタート・ゴールを各キャンプ場に置いているのもそのためでもあります」

今回限りではなく、ずっと続く大会に

今回限りではなく、ずっと続く大会に|「南アルプス最南端の自然と町を堪能!走り方自由な『南アルプスマウンテンマラソン』開催」の1枚目の画像

今回が初開催となるMAMM。他のエリアでも定番化したロングトレイルコースがあるように、川根本町でも今回限りではなく、ずっと続く大会にしていきたいと実行委員のお2人は言います。


ただ走るだけではない、ただ観光しに行くだけでもない。
地元を知る方々と一体となって、その町と自然を知り楽しむきっかけに。

大会当日はタイミングが合えば紅葉が綺麗に色づいているはず。
ご興味のある方は是非参加してみてはいかがでしょうか?

MAMM開催概要


MINAMI ALPS Mountain Marathon
(MAMM)
南アルプスマウンテンマラソン


開催日:
前日祭 2016年11月19日 (土)
レース 2016年11月20日 (日)

エントリー期間:
2016年8月7日 0:00~
2016年10月16日 23:59
ランネットにてエントリー開始
http://runnet.jp

開催地:
静岡県榛原郡川根本町

主催:
南アルプスマウンテンマラソン実行委員会

後援:
川根本町 川根本町商工会 川根本町まちづくり観光協会 一般社団法人エコティかわね 千頭山の会

エントリー/計測:
株式会社アールビーズ
http://runners.co.jp

種目・参加資格:
■50km
男女別高校~29歳、30代、40代、50歳以上
制限時間:9時間
■25km
男女別中学以上
制限時間:5時間

定員:
50km600人
25km400人

参加資格備考:
中高生、未成年者の参加は保護者の承諾が必要

参加料:
50km8000円 (税込)
25km7000円 (税込)

※25kmはスタート地点に戻る大井川鉄道の乗車券を含む
この記事を書いた人

.HYAKKEI編集長 羽田裕明

気になったスポットや情報は足を運んで体験・取材し皆様にお届けします。こんなコンテンツが欲しいなどのご要望やご意見、お待ちしておりますのでお気軽にお問い合わせください!

関連トピック

トピックから記事を探す

 次の記事へ 
.HYAKKEI編集長 羽田裕明

LIFE WITH NATURE!

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

もっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

New Posts

最新の記事

もっと見る

特集

特集・連載コンテンツ

もっと見る

トピック一覧

トピックから記事をさがす

もっと見る
▲TOPへ

ログイン

コメントを投稿するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

ログイン

コメントを通報するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

コメントを投稿

このコメントを通報する