カテゴリ: 体験レポート



こんにちは!.HYAKKEIライターの弥山ひかりです。
今日の屋久島は、くもりです。

これまでの記事で、屋久島の森は、繋がることでその人のありのままの姿を浮かび上がらせる、不思議な生命力があるとお話しました。さらに、 森と繋がる上でまず訪れたい場所についても、すでにご紹介した通りです。

いよいよ、濃ゆ〜い生命力を感じられる“森の海”へ潜っていきましょう!今回ご紹介する「白谷雲水峡(しらたにうんすいきょう)」は、「もののけ姫」の舞台のモデルになったことでも有名な森。意外と知られていませんが、そもそも屋久島の森は「風の谷のナウシカ」に登場する“腐海”のインスピレーションの元でもあります(豆知識)。

それほど特別な森の魅力は、どんなところにあるのでしょう?

深い森の海「白谷雲水峡」

深い森の海「白谷雲水峡」|「【第3回】森が人を呼ぶ屋久島trip|「海の底を歩く、白谷雲水峡の森」」の1枚目の画像

「スゥゥー…」と、森そのものが深呼吸をしているような、清涼で濃厚な緑の香りが広がる白谷雲水峡。標高600m地点に森の入り口があり、白谷川の清流が流れる潤いに溢れた森です。森の息づかいに同調して、訪れる人の呼吸も不思議と深くなるでしょう。

今回のルート

今回のルート|「【第3回】森が人を呼ぶ屋久島trip|「海の底を歩く、白谷雲水峡の森」」の1枚目の画像

原生林歩道経由で太鼓岩へ。帰りは、江戸時代に作られたという石畳の上を歩く楠川歩道経由で入り口へ。往復:約3〜4時間。

約400ヘクタールに及ぶ自然休養林のなかを、眺望の開ける「太鼓岩」(標高1,050m地点)を目指す一般的なコース。あまり動き回るより、お気に入りの場所を見つけて佇み、時間をかけて堪能するのがおすすめです。

森のベンチに腰掛けて

森のベンチに腰掛けて|「【第3回】森が人を呼ぶ屋久島trip|「海の底を歩く、白谷雲水峡の森」」の1枚目の画像

近年では外国人登山客が増加しており、なかでも欧米人が、ベンチや岩の上などでスケッチをしたり、瞑想したり、ランチをしている姿をよく見かけました。ここでは急ぐ足を止め、森をじっくり味わってみましょう。

“緑色”に目を向けて

“緑色”に目を向けて|「【第3回】森が人を呼ぶ屋久島trip|「海の底を歩く、白谷雲水峡の森」」の1枚目の画像

森をまじまじと見つめているうちに、初めはどれも似たような緑色にしか見えなかった世界が、日が当たる場所と木陰では、実はまったく違う色をしていることがわかります。

小さな命にそっと触れてみる

小さな命にそっと触れてみる|「【第3回】森が人を呼ぶ屋久島trip|「海の底を歩く、白谷雲水峡の森」」の1枚目の画像

さらに小さな世界に目を向けてみると、倒木を覆うスギゴケが雨のしずくをアクセサリーのようにまとって、キラキラ光っています。

小さな命にそっと触れてみる|「【第3回】森が人を呼ぶ屋久島trip|「海の底を歩く、白谷雲水峡の森」」の3枚目の画像

このように、森全体から小さな命へ目を向けていくと、漠然とした緑色が、無数の命からできていることにハッと気づかされます。多様な緑色の違いを感じることは、森の生命力を味わうことでもあるのでしょうね。

杉の長老たち

杉の長老たち|「【第3回】森が人を呼ぶ屋久島trip|「海の底を歩く、白谷雲水峡の森」」の1枚目の画像

原生林歩道の奉行杉。樹齢は不明ですが、ある程度年齢を経た杉には、神様が宿っていると言われています。まるで苔の衣をまとっているようですね!

まるで、海の底

まるで、海の底|「【第3回】森が人を呼ぶ屋久島trip|「海の底を歩く、白谷雲水峡の森」」の1枚目の画像

森が深くなるにつれ、まるで海の底を歩いているような気分に。木々の葉の天井が海面に、そこから差す木漏れ日が海中にこぼれる光のような錯覚に陥ります。時折吹く風は、まるでさざ波のように森をなでていきます。

島の内側が見える太鼓岩

島の内側が見える太鼓岩|「【第3回】森が人を呼ぶ屋久島trip|「海の底を歩く、白谷雲水峡の森」」の1枚目の画像

森から飛び出る太鼓岩では、島の内部にそびえる奥岳を一望することができます。天気が良い時は、ここまで足を伸ばしてみるのもいいでしょう。

島の内側が見える太鼓岩|「【第3回】森が人を呼ぶ屋久島trip|「海の底を歩く、白谷雲水峡の森」」の3枚目の画像

辻峠を楠川分かれ方面へ降りて、5分ほどのところに「辻の岩屋」が。体力と時間に余裕がある時は、ぜひ立ち寄ってみましょう。

◆協力金
高校生以上:300円、団体15名以上:250円

◆白谷雲水峡へのアクセス
・宮之浦港から路線バスで35分
・駐車場40台
この記事を書いた人

弥山 ひかり

ライター。アウトドア誌、評論誌等で執筆。北アルプスの山小屋に勤務、のち3ヶ月かけて屋久島中のトレイルを練り歩く。最近は島登山にハマっています。

みんなのコメント

関連トピック

トピックから記事を探す

 次の記事へ 
弥山 ひかり

麓の神社で参拝してから、山頂を目指すのが好きです☆

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

人気ランキングをもっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

New Posts

最新の記事一覧

新着記事をもっと見る

特集

.HYAKKEIおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP

ログイン

コメントを投稿するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

ログイン

コメントを通報するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

コメントを投稿

このコメントを通報する