キャンプは夏だけではなくて、しっかりとした備えをすれば冬にだってできるのです。冬キャンプに必要な暖房系のギアの特徴と注意点を紹介します!

冬キャンプでも圧倒的な暖かさ!薪ストーブ

冬キャンプでも圧倒的な暖かさ!薪ストーブ|「必ず押さえたい!冬キャンプで大活躍する暖房系ギアの特徴と注意点まとめ」の1枚目の画像

冬にキャンプをするのであるならば必須の道具といっても過言ではないのが「薪ストーブ」です。焚き火をするのと同様に薪を燃やして暖をとります。薪ストーブのいいところは工夫をすればシェルターの中に薪ストーブを入れられるので、まるで家の中でストーブを使っているのかと思えるほどに暖をとれること、薪の熱源を利用して調理することもできるという点です。
注意点は、薪ストーブ本体・煙突ともに非常に高温になるので、ほんのわずかでも触れると火傷をしたり、シェルターに穴が空いてしまうということです。

冬キャンプで簡単に使えるのが嬉しい!カセットガスヒーター

冬キャンプで簡単に使えるのが嬉しい!カセットガスヒーター|「必ず押さえたい!冬キャンプで大活躍する暖房系ギアの特徴と注意点まとめ」の1枚目の画像

カセットガスを利用して暖をとるストーブ。カセットガスが熱源なので経済的な点、ガスをはめ込んでスイッチを押すだけなので簡単に使用できる点がカセットガスヒーターの良いところです。
ただし、一酸化炭素中毒になる恐れがあるため、テントの中での使用は厳禁です。また、暖をとれる範囲は1人〜2人の足元程度なのでカセットガスヒーター1つだけで冬キャンプを乗り切るのは厳しいです。

オートキャンプならでは?!ホットカーペット

オートキャンプならでは?!ホットカーペット|「必ず押さえたい!冬キャンプで大活躍する暖房系ギアの特徴と注意点まとめ」の1枚目の画像

電源付きサイトのあるオートキャンプならば、ホットカーペットを使うという手もあります。冬キャンプで何が厳しいのかというと、私は寝るときの床冷えだと思います。
それを解消してくれるのがホットカーペット。地面からの冷えがないだけでも劇的なまでに暖かく感じます。
注意点は、低温やけどに気をつけなければいけないということです。カーペットに直接寝るのではなく、必ずキャンプ用のマットなどを敷いて寝ましょう。

冬キャンプ、頻繁にはやらないからまずはレンタルから試すのもアリ!

冬キャンプ、頻繁にはやらないからまずはレンタルから試すのもアリ!|「必ず押さえたい!冬キャンプで大活躍する暖房系ギアの特徴と注意点まとめ」の1枚目の画像

冬キャンプやってみたいけど、夏ほど何回もキャンプやらないのに道具を揃えるのはちょっと・・・という方、まずはレンタルで試してみてはいかがでしょうか。
例えば、わんちゃん連れキャンパーに人気のキャンプ場「オーキャン宝島」では薪ストーブがレンタルできます。他にも施設の整ったいわゆる高規格キャンプ場であればカセットガスヒーターやホットカーペットのレンタルもあります。
まずはレンタルを利用して冬キャンプを味わってみてください!


いかがでしたか?この他にも電池点火式の灯油ストーブを使用したり、湯たんぽを使用して暖をとることもできます。冬のキャンプ場は人がまばらですし、冬ならではの綺麗な景色に巡り合うことができます。ぜひ、今年は冬キャンプを一度お試しください!

この記事を書いた人

佐久間 亮介

日本全国キャンプ場と名所を巡りながら旅する旅人。月間50万PVのキャンプブログ「http://camp-in-japan.com」を共同運営。 キャンプでたくさんの笑顔が生まれたらいいなーっと思いながらブログを書いてます!

みんなのコメント

関連トピック

トピックから記事を探す

 次の記事へ 
佐久間 亮介

キャンプをより身近に、たくさんの人に!

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

人気ランキングをもっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

New Posts

最新の記事一覧

新着記事をもっと見る

特集

.HYAKKEIおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP

ログイン

コメントを投稿するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

ログイン

コメントを通報するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

コメントを投稿

このコメントを通報する