名護岳には希少な生物がいっぱい

沖縄でアウトドアといえば、海を想像する方が多いと思うのですが、沖縄北部のやんばる(山原)はその名のとおり、深い緑溢れる山々に囲まれた長閑な地域。その入り口とも言われている名護岳を登ってみることにしました。

名護岳には希少な生物がいっぱい|「生命の宝庫、沖縄名護岳で森羅万象を味わえるトレッキングを」の2枚目の画像

入山前に名護青少年の家にて、入山手続きの際頂いた「動植物観察ガイド」によると、平成25年時点で、208種類以上の植物、50種類の鳥類、162種類の昆虫が確認されていて、沖縄にしかいない固有種も30種存在するということ。

さまざまな生物が命を育む名護岳にいよいよ入山。胸は高鳴ります。

さまざまなルートを選び、いろんな命の音に出会えるハイキングコースの楽しみ

ハイキングコースは整備されていて、なだらかで木陰の中を歩けるので、とても涼しく快適。日差しが強い沖縄では木陰を歩けるというのは大きなポイントです。そして山に入るや否や、大音量の鳴き声の共鳴にただただ驚きました。虫の羽音、鳥の鳴き声、木々の揺れる音・・・次第にひとつづつの音が明確に捉えられるようになり、それぞれの音に耳を傾けるのに夢中になりながら、歩みを進めていきます。

ハイキングコースにはいくつかのルートがあり、行きは涼しそうな沢コースを通るルートを選択しました。

さまざまなルートを選び、いろんな命の音に出会えるハイキングコースの楽しみ|「生命の宝庫、沖縄名護岳で森羅万象を味わえるトレッキングを」の2枚目の画像

暑くなったらひと休みして、手足を浸すと、非常に気持ち良いです。沖縄の川の水は冷たすぎないので、長く水と戯れることができますよ。

一億年の年月を経て生き続ける原生林

原生林の美しさ、その存在感にはただただ息をのみます。

一億年の年月を経て生き続ける原生林|「生命の宝庫、沖縄名護岳で森羅万象を味わえるトレッキングを」の2枚目の画像

一億年以上前からあるヒカゲヘゴは、恐竜時代に誕生した、大型シダの生き残りといわれ、時代の移り変わりを見つめ続けてきた圧倒的なその存在に、胸が熱くなります。

何と巨大ワラビのような新芽は食べられるそうです。

一億年の年月を経て生き続ける原生林|「生命の宝庫、沖縄名護岳で森羅万象を味わえるトレッキングを」の4枚目の画像

沢を抜けると、木の階段のアップダウンが続き、なかなかドラマティックな道程。

一億年の年月を経て生き続ける原生林|「生命の宝庫、沖縄名護岳で森羅万象を味わえるトレッキングを」の6枚目の画像

本格的な登山道も楽しめる

ハイキングコースを抜けていよいよ登山道へ。

本格的な登山道も楽しめる|「生命の宝庫、沖縄名護岳で森羅万象を味わえるトレッキングを」の2枚目の画像

ここからはかなりワイルドな道。

本格的な登山道も楽しめる|「生命の宝庫、沖縄名護岳で森羅万象を味わえるトレッキングを」の4枚目の画像

ひたすらロープの急勾配が続き、登山の醍醐味を思う存分満喫できます。身体はヘトヘトになりながらも、山頂に近付くにつれ心は踊ります。

沖縄の美しい海を眺めることができる山頂からのパノラマ

そして頂上へ。

沖縄の美しい海を眺めることができる山頂からのパノラマ|「生命の宝庫、沖縄名護岳で森羅万象を味わえるトレッキングを」の2枚目の画像

標高は低いですが、登り切った満足感は今までの登山を遥かに超えました。沖縄での山登りの醍醐味は、山の上から美しい海を眺めながら、海風に吹かれること。イッキに登山の疲れが吹き飛びます。

帰り道もただ下るだけでなく、アップダウンが続き、こんな狭い道も通るのでアドベンチャー感満載です。

沖縄の美しい海を眺めることができる山頂からのパノラマ|「生命の宝庫、沖縄名護岳で森羅万象を味わえるトレッキングを」の4枚目の画像

亜熱帯の沖縄では日陰でも知らない間にかなり体力を消耗します。特に初夏から秋までの期間はくれぐれもたっぷりの水分補給を忘れずに。

登山のお伴には田芋ジューシーがおススメ

下山後は伊芸SAで購入した田芋ジューシーを頬張りました。

登山のお伴には田芋ジューシーがおススメ|「生命の宝庫、沖縄名護岳で森羅万象を味わえるトレッキングを」の2枚目の画像

抗菌作用が強い月桃の葉にくるまれているので、長い登山には防腐効果もバッチリで、とても美味しくておススメです。


たくさんの生命に囲まれながら生きていることを、身をもって感じることが出来る名護岳登山。改めて、人間、そして自分という存在をとても小さく感じ、普段の生活でも、他の命をリスペクトする気持ちを強く持つきっかけになると思います。また、一年中あたたかいので冬でも比較的軽装で登山が出来るし、春には日本一早い桜を愛でながらの登山が楽しめますよ。沖縄の山の素晴らしさをぜひ体感してみてくださいね。

****
沖縄県立名護青少年の家
http://www.opnyc.jp/

この記事を書いた人

タグチマミ

東京でライブハウスシンガーとして活動後、名古屋でラジオDJを経て、2006年沖縄へ移住。音楽ユニットSalaとしてLIVEを行う他、FM沖縄でラジオDJとしても活動中。登山とキャンプが大好き! http://salaokinawa.com/

関連トピック

トピックから記事を探す

 次の記事へ 
タグチマミ

沖縄の自然を愛する、歌うたい兼DJ

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

もっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

New Posts

最新の記事

もっと見る

特集

特集・連載コンテンツ

もっと見る

トピック一覧

トピックから記事をさがす

もっと見る
▲TOPへ

ログイン

コメントを投稿するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

ログイン

コメントを通報するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

コメントを投稿

このコメントを通報する