キャンプ初心者の方は、用途と使う場所をイメージしよう!

キャンプ初心者の方は、用途と使う場所をイメージしよう!|「【キャンプ初心者向け】ガスカートリッジってどう使い分けてる?ガス選びの3つのポイント」の1枚目の画像

せっかくキャンプに行くなら、『日帰りだってコーヒーくらい入れてみたい』『美味しい料理を作ってみたい』と感じる方は多いでしょう。しかし、たくさんある種類の中から、『どのガスカートリッジを買っていいのかわからない…』といった初心者の方は少なくありません。
初心者の方はまず、用途と使う場所をイメージして選んでみましょう。

その1.ガスの種類は使う場所の気温で選ぶ

その1.ガスの種類は使う場所の気温で選ぶ|「【キャンプ初心者向け】ガスカートリッジってどう使い分けてる?ガス選びの3つのポイント」の1枚目の画像

ガスカートリッジには、レギュラー・ハイパワー・ウルトラなど(メーカーによって商品名は異なる)、2~3種類のものが存在します。キャンプなどアウトドアで使用されるガスは、ブタンガスを主燃料として、プロパンガスなどがブレンドされて作られています。このガス比率の違いによって、上記のような種類に分けられています。

その1.ガスの種類は使う場所の気温で選ぶ|「【キャンプ初心者向け】ガスカートリッジってどう使い分けてる?ガス選びの3つのポイント」の3枚目の画像

寒い場所ではガスのパワーが落ちるので、使用シーンを想定して選ぶことが大切です。キャンプや冬季以外の登山では、基本的にレギュラーで問題ありません。目安としては、使用外気温10℃を境に、レギュラー・ハイパワーを使い分けると良いでしょう。

その1.ガスの種類は使う場所の気温で選ぶ|「【キャンプ初心者向け】ガスカートリッジってどう使い分けてる?ガス選びの3つのポイント」の5枚目の画像

その2.ガスのメーカーはセットで使うバーナーとそろえる

メーカーによって、ガス口やバーナーの接続部分が異なった作りになっているので、安全面からガスとバーナーは必ず同じメーカーのものを選びましょう。

主にキャンプで使用しているコールマンのツーバーナータイプには、私はレギュラーの470g缶を付けています。寒くなると煮込み料理を作ったり、使用時間が増えたりするので、1泊2日のキャンプには3本(1本は予備)持って行きます。

登山では低山から高山まで、真冬の雪山でも使えるハイパワーを使用しています。コンパクトでパワーのあるバーナーと組み合わせることで、パフォーマンスもぐっと上がります。

その2.ガスのメーカーはセットで使うバーナーとそろえる|「【キャンプ初心者向け】ガスカートリッジってどう使い分けてる?ガス選びの3つのポイント」の6枚目の画像

その3.ガスの容量で使用可能時間の目安を知る

これは使用する季節や、火力などによって違ってくるので、カートリッジの注意書きを読み、連続使用時のおおよその時間を確認します。今まで使ってきた感覚では、どこのメーカーも250g缶で1時間、500g缶で2時間くらい持ちます。低山の日帰り登山では250g缶で、1回につき10分程度の使用時間(コーヒーやカップラーメン1食分)だとすると、5~6回使えることになります。

まとめ

間違ったガスを選んでしまうと、荷物が多くなったり、予定していた料理を作れなくなったりしてしまいます。今回紹介した選び方を参考に、ぴったりなガスカートリッジを選ぶようにしましょう。

この記事を書いた人

三野クリコ

森林、山岳、企業CSRの環境分野など、自然・山に関するライティングを得意としています。趣味は登山、サーフィン、キャンプ、旅行など、自然を体感して体をいっぱいに動かすことが好きです。

みんなのコメント

関連トピック

トピックから記事を探す

 次の記事へ 
三野クリコ

日本の豊かな自然と美しい自然が大好きです。

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

人気ランキングをもっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

New Posts

最新の記事一覧

新着記事をもっと見る

特集

.HYAKKEIおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP

ログイン

コメントを投稿するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

ログイン

コメントを通報するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

コメントを投稿

このコメントを通報する