13 ヒツジグサ 〜野川かさね エッセイ〜

池塘に浮んで咲く。ヒツジグサ。

図鑑を見て、思い描いていたよりも
その花は、ずっと小さく、白い。

もっと近くで見たい。

木道にしゃがみこみ、
池塘に顔をできるだけ近づける。
カメラを構えず、じっと見つめる。

1点を見つめていた視線がふとぶれる。
木道が揺れている。
人が近づいてきた合図だ。
邪魔にならないように立ち上がり、横によける。

通りすぎるの待ち、またもう一度木道にしゃがみ、
ヒツジグサを見つめる。

その小さく白い花の姿の感触を
しっかりと自分のなかへとたぐりよせる。

触れることはできないけれど、
そのかわりにシャッターを切った。

関連記事一覧