「.HYAKKEI大学」とは?

.HYAKKEIでは、これまで「LIFE WITH NATURE」をコンセプトに、アクティビティの体験レポート、インタビュー、ハウツーなど、十人十色のアウトドアライフについて各地へ足を運びながらオンライン上で紹介してきました。この度、編集部が長い間抱いていた「オフラインでの実践の場をつくり、アウトドアに関する深い学びと面白さを読者の皆さんに感じてもらいたい!」という想いから、.HYAKKEI初のアウトドアスクール「.HYAKKEI大学」の開校に至りました。
「LIFE WITH NATURE」のコンセプトはそのままに、アウトドアのフィールドを通じた様々な“遊び方”“生き方”“働き方”をお届けしていきます。

いま、大注目のテーマ「焚き火」!

大分寒さが和らぎ過ごしやすくはなってきましたが、キャンプなどをしているとまだまだ夜は冷え込み、暖をとりたくなってきます。そんな時に欠かせないのはやっぱり「焚き火」。ひとりでも、仲間と一緒にでも、暖かい火を囲んでのんびり過ごす時間は何事にも代えがたいものです。「自分で最初から火をおこすのは難しそう…。」そんなイメージを持っている方も、コツをつかめば、初心者でも焚き火を楽しむことは十分可能です。

この講義では、「焚き火マイスター」として人気テレビ番組への出演も果たしたガイド講師が、都心での座学と、自然の中でのフィールドワークを通じて、焚き火の楽しみ方をカジュアルに、イチからお伝えします。

この講義を通じて得られるもの

・焚き火マイスター直伝のベーシックな火おこしの技術、道具に関する知識
・アウトドア・キャンプ仲間との出会い
・ゆったりと自然に触れる、楽しむ時間

こんな方が対象

・最近キャンプを始めて、焚き火にも興味が出てきた人
・火おこしの仕方など焚き火の基本を知りたい人
・キャンプ・アウトドア仲間が欲しい人
・少しの「非日常」、達成感を味わってみたい人
・じっくりと自然に触れる機会が欲しい人

講義内容

第一回(座学)焚き火マイスターが語る焚き火論!
初回はガイド講師、受講者それぞれが自己紹介をしながら、焚き火やアウトドアの魅力、これまでの経験について共有し合います。


・受講者同士の自己紹介、コミュニケーション
・ガイド講師より講義の進め方や趣旨等を伝達
・焚き火マイスター独自の焚き火論を語る

第二回(座学)ゲストとのトークセッション
.HYAKKEIで運営しているインスタグラムアカウント、「Mt.DRESS」でもおなじみの写真家、飯坂大さんをお迎えします。GHT(Great Himalaya Trail)というプロジェクトで、「ヒマラヤは、世界最大の里山だ」をコンセプトに毎年ヒマラヤ地方への山行に赴いている飯坂さん。本講義では、世界の人々の暮らしの中での焚き火のあり方、火との向き合い方などを、旅のエピソードと写真を交えながら語っていただきます。

・ゲストとのコミュニケーション

・GHTプロジェクトおよび自身の旅、その中での焚き火にまつわる話

・焚き火写真撮影のポイントのご紹介

第三回(フィールドワーク)道具を知って、さわって、使おう!
第一回、第二回の座学で学んだことをおさらいしながら、焚き火に必要な道具について実際に使いながら学びを深めます。この回では、特にバーナーでその名が知られているメーカー「SOTO」(新富士バーナー㈱)の広報を担当されている坂之上丈二さんをお招きし、同社の様々な焚き火ギア、キャンプギアについてご紹介いただきます。実際に触って、試して、ギアの面白さを体感してみましょう。

・ゲストとのコミュニケーション

・焚き火に関連する様々なギア、道具の紹介と実践

いま、大注目のテーマ「焚き火」!|「2019年4月8日、緊急開講!.HYAKKEI大学『焚き火ライフFor Beginners』第二期!」の11枚目の画像

第四回(フィールドワーク)学びを共有しながら、みんなで火をおこし、焚き火を囲もう
学んだことをフィールドで実践します!広いキャンプ場の中、各自で分かれて実際に火おこしをしながら、火の楽しさ、怖さ、大切さを感じてみましょう。色々な道具も試しながら、最後はみんなで焚き火を囲んで学びを共有し合います。講義終了後は、おこした火で五右衛門風呂の足湯と、焚き火料理も楽しみましょう!


・学びの共有、発表

・これからのアウトドアライフについて計画を立てる

座学は都心、フィールドワークは知られざる秘密の森で

座学会場(第一回・第二回の講義)カドベヤ神南サロン

フィールドワーク会場(第三回・第四回の講義)焚き火ヴィレッジいの

第一回、第二回の講義は都心で行い、第三回、第四回のフィールドワークは今回のガイド講師がオーナーを務める「焚き火ヴィレッジいの」で行います。森の中を抜けると知られざるキャンプフィールドが広がります。ご希望があれば、焚き火を楽しみながらテントで宿泊することも可能です。

ガイド紹介

講師:猪野 正哉 (イノマサヤ)

アウトドアプランナー、モデル。
今回の会場である千葉県にあるアウトドアスペース「たき火ヴィレッジ〈いの〉」も運営・管理する。現在はイベントや撮影場所提供のみだが一般開放できるよう、日々、開墾中。焚き火マイスターとしても活動している。


.HYAKKEI 執筆記事(焚き火バカによるおすすめアイテムレビュー)

https://hyakkei.me/articles-859

https://hyakkei.me/articles-592

https://hyakkei.me/articles-678

https://hyakkei.me/articles-703

第二回ゲスト :飯坂大
(イイザカダイ)

写真家。
国内外を多く旅し、そこに生きる人々や自然に寄り添う暮らしを撮影。山に魅せられ、ニュージーランドやアルゼンチンなど世界各地のトレイルを歩く。『 TRANSIT 』をはじめ、雑誌や広告など様々なメディアで活動している。ネパールを横断するグレートヒマラヤトレイルを踏査する日本初の試み『 GHT Project 』を仲間と進行中。スライドショー、トーク&ハイキングイベントなども全国で開催している。

.HYAKKEIによる、山ファッションスナップサイト(インスタグラム)『Mt.DRESS』も担当している

https://www.instagram.com/mt.dress/

第三回ゲスト:坂之上丈二 (サカノウエジョウジ)

新富士バーナー株式会社 広報担当。
バイクツーリングや山歩きなど、アウトドアで過ごすことが好きで新富士バーナーへ入社。入社14年目。

http://www.shinfuji.co.jp/soto/

概要・スケジュール


■講座名:
焚き火ライフ For Beginners season-2(第二期)

■受講料:
24,000円

■定員:
12名

■日程:
第一回:2019年04月08日(月)19:30~21:00

第二回:2019年04月16日(火)19:30~21:00

第三回:2019年04月20日(土)10:30~12:00

第四回:2019年04月20日(土)13:30~15:00 

※第三回と第四回は同日の午前・午後に分けて行います

※希望される方は第四回の講義終了後、キャンプ場にテントでの宿泊も可能です。
※基本的に雨天決行ですが、荒天の場合は日程を変更する場合があります。

■会場:
・カドベヤ神南サロン(第一回・第二回)

東京都渋谷区神南1-7-9 北谷マンション301

https://www.kadobeya.net/company/

・焚火ヴィレッジいの(第三回・第四回)
千葉県千葉市

※住所などの詳細は受講者の方にのみお伝えします

■受講料に含まれていないもの:
・会場までの交通費
・その他実費が発生する場合はご自身でご負担ください

お申し込みはコチラ
.HYAKKEI編集部 武石 綾子

新しいアウトドア仲間やまだ見ぬ自然体験に出会うお手伝いをします!

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

もっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

New Posts

最新の記事

もっと見る

特集

特集・連載コンテンツ

もっと見る

トピック一覧

トピックから記事をさがす

もっと見る
この記事を書いた人

.HYAKKEI編集部 武石 綾子

.HYAKKEIコミュニティマネージャー。.HYAKKEI大学運営。富士山の麓で生まれ育ち、富士登山をきっかけに山にはまる(最近はキャンプより)。一番好きな登山シーズンは冬。雪山仲間募集中。

関連トピック

トピックから記事を探す

▲TOPへ