ちゃんちき堂。

一風変わった印象的なその名前。私がその名を始めて聞いたのは、とあるイベント会場だった。“とにかくシフォンケーキがおいしい”という噂に惹かれ、店を探したが、すでにその姿はなくその風変わりな名前だけがずっと印象に残っていた。

噂によると、登山客で賑わう奥多摩駅前に現れたり、秋川渓谷の玄関口、武蔵五日市駅前に出没することもあるらしく、ハイカーにも少しずつその名前が知れ渡ってきたらしい。

神出鬼没の「ちゃんちき堂」に会える。「幻のおいしいシフォンケーキ」が食べられる。ほんの少しの下心と一緒にちゃんちき堂の拠点、青梅へ向かった。

ほぼ毎日リヤカーを引き、売り歩く。

ほぼ毎日リヤカーを引き、売り歩く。|「青梅・奥多摩、登山口にも神出鬼没。“幻のシフォンケーキ屋さん”:ちゃんちき堂 久保田哲さん」の1枚目の画像

午前8時、前日に仕込んだシフォンケーキをクーラーボックスに入れることからちゃんちき堂久保田さんの1日は始まる。

ほぼ毎日リヤカーを引き、売り歩く。|「青梅・奥多摩、登山口にも神出鬼没。“幻のシフォンケーキ屋さん”:ちゃんちき堂 久保田哲さん」の3枚目の画像

この日の味は「チョコ」「アールグレイ」「プレーン」「さくら」「ハニココ」「マンデリン」の6種類(季節によって種類が変わる場合あり)。値段は味によって250円~300円。気軽に買える価格設定も嬉しい。

取材当日は快晴。とは言え、青梅の朝は寒い。アウトドア好きで、寒さに慣れているはずの編集部メンバーも震えるような気温。

寒さをものともせず、久保田さんはあくまでマイペースに、リヤカーを引いて歩いていく。青梅・奥多摩を中心に、雨の日以外は日々淡々とリヤカーを引いてシフォンケーキを売り歩くという。

取材当日の目的地は、約9km先の御岳山登山口手前の鳥居。

毎日、目的地も歩く道も違う。久保田さんの気分次第。
神出鬼没のリヤカー販売。これが「幻のシフォンケーキ」と言われる由縁だ。

ほぼ毎日リヤカーを引き、売り歩く。|「青梅・奥多摩、登山口にも神出鬼没。“幻のシフォンケーキ屋さん”:ちゃんちき堂 久保田哲さん」の9枚目の画像
ほぼ毎日リヤカーを引き、売り歩く。|「青梅・奥多摩、登山口にも神出鬼没。“幻のシフォンケーキ屋さん”:ちゃんちき堂 久保田哲さん」の10枚目の画像

久保田さんの後を追いながら、現在のリヤカースタイルに至るまでの物語をお聞きした。

自分の心を救ってくれた、山という大きな存在。

「元々、IT関連の会社に勤めていたんです。ある日社長から、「おいしいラーメンを食べに行こうよ」と言われて。なにも聞かずについていったら、いきなり奥多摩の雲取山に連れていかれたんです。普通は1泊2日するところをいきなり日帰りで。当時、特に運動していなかったので、ものすごくハードでした。でも、山頂で食べるカップラーメンはおいしいし、終わってみたら最高に楽しく思えた。無理して登ったので、下山後は高熱が出ましたけどね(笑)」

「それ以来、もうすっかり山にはまってしまって。体力をつけるために近くの山に登り始めたんですね。青梅の方から順番に、奥多摩を目指す感じで。毎朝、街を走って、毎週末、山に登りに行っていました。」

自分の心を救ってくれた、山という大きな存在。|「青梅・奥多摩、登山口にも神出鬼没。“幻のシフォンケーキ屋さん”:ちゃんちき堂 久保田哲さん」の4枚目の画像

「そんな時期に、鬱病を発症し休職することに。街にいると僕は体の中にいつも重たい鉄の塊があるように感じてました。でも、山に行くと不思議なことにそれがふっと軽くなる。単純に楽しいということもあるし、山に入ることで、無意識のうちに心をケアできるんでしょうね。どんどんのめりこんで、最初は普通の登山から始まり、そのうち山を走るようになりました。できる限り高い山を目指したくて、将来的にはエベレストを目指そうと、トレーニングのつもりでトレランのレースに出たのですが、時期尚早だったのか、今度は膝を壊してしまったんです。」

体の不調や怪我とともにやってきた、人生を変える出会い。それが義母のシフォンケーキ。

「膝を壊して山に入れなくなったことで、よけい鬱が悪化してしまって。そんな時に妻のお母さんが1年をかけてレシピを追求し続けて完成したシフォンケーキを焼いてくれたんです。それがびっくりするくらいおいしかった。僕、甘いものは好きなのに、シフォンケーキだけは嫌いだったんです。そんな僕がおいしいと感じたんだから、これは絶対売れるし、みんなに食べてほしいと思った。「これ、売りましょう!」と、その場で義母に提案しました。それがちゃんちき堂のはじまりです。」

「最初は僕のブログで宣伝をしていたのですが、ブログを書いてオンラインで来る注文を家の中でじっと待っているのが鬱の僕には辛かった。お店を持つことも考えたのですが、お店にはどんな人が来るかわからない。多種多様な人が来るのを待つことも、当時の僕には負担が大きく感じたんですね。」

「じゃあ、僕にはどんな売り方があるんだろうと考えた時に、ある程度自由がきくし、有酸素運動や脚のリハビリにもなるし、リヤカーがいいんじゃないかと思ったんです。正直、始めたばかりの頃は、売れなかったですよ。普通の格好で歩いていたし。ちょっと目立つような格好で売り歩くようになったら、だんだんと青梅の人たちは受け入れて、足を止めてくれた。都心とは時間の流れ方が違うし、“面白いことやってるな”って関心を持ってくれたんです。自分に無理を強いて働いたり、頑張りすぎたりしなくても、自分にあったやり方を見つければいいんだって、今は思いますね。」

 体の不調や怪我とともにやってきた、人生を変える出会い。それが義母のシフォンケーキ。|「青梅・奥多摩、登山口にも神出鬼没。“幻のシフォンケーキ屋さん”:ちゃんちき堂 久保田哲さん」の6枚目の画像

歩いていたら広がった、人の輪と事業。

偶然ひらめいたアイディアは、青梅という地域だからこそさらに道が開けたと久保田さんは言う。同じ東京でありながら、都心とは、人と人とのかかわり方が大きく異なるようだ。

「青梅や奥多摩は、良い意味で変わった人が多いんですよ。リヤカーを引いて歩いていたら女性に突然声をかけられて、「空き家があるからなんとかしてくれないか?」と持ち掛けられたんです。取り壊す予定の建物だったんですけど、何か使い道はないのかという話になって。宣伝の意味も含めてクラウドファンディングで資金をためて、シフォンケーキを売るカフェをオープンすることになりました。それが“Caféころん”です。」

「僕の本分はあくまで“リヤカーのシフォンケーキ屋”なので、今は日替わりで店主が変わる、独立支援を行うカフェとしてオープンしています。賃料は1日でシフォンケーキ13個販売すること(笑)。これなら気軽にみんな小さく起業できるでしょ。」

「元々、自分を受け入れてくれた青梅を盛り上げるために地域通貨を始めたいという構想があって、それが「ころん」という名前なんです。カフェを始めたことで、構想から実際の導入に向けて動き始めました。Caféころんは、本格的に地域通貨が導入される際の基地にしようと思っています。」

「青梅や奥多摩の過疎化は進んでいるけれど、とがった人はまだまだ多いし、みんなこの地域を盛り上げたいと思っている。どうしても町は衰退していくけれど、とがった人は残っていく。僕はリヤカーで好きなところを自由に動けることが強みなので、そういう人たちをネットワークする役割を担いたい。面白い人もお店も多いから、遊びに来るのはもちろん、住んでみても面白いですよ。」

「奥多摩の自然の中で事業を始める人も増えていて、新しい遊び方もどんどん生まれています。昔は山、川、里が独立していたけれど、今は山に自転車で走りに行ったり、トレランの後に川でバーベキューをやったり。それぞれの良さを掛け合わせた遊びができるようになっている。まだ知られていないけど、“青梅・奥多摩にしかない遊び方”があることも、このエリアの魅力なんです。」

歩いていたら広がった、人の輪と事業。|「青梅・奥多摩、登山口にも神出鬼没。“幻のシフォンケーキ屋さん”:ちゃんちき堂 久保田哲さん」の11枚目の画像

自身の病気や、膝のけがなどの局面、シフォンケーキとの出会い、青梅という場所。偶然の流れに乗っていそうで、すべてがひとつのストーリーとして、必然的につながっているようにも感じる。

青梅・奥多摩エリアを盛り上げるため、点と点をつなげるようにシフォンケーキを売り歩くちゃんちき堂、久保田さん。その姿はあくまで自由であり、神出鬼没だ。

奥多摩のキャンプや登山に出かけた時、あなたがもし“ちゃんちき堂”のリヤカーに出会えたなら、”幻のシフォンケーキ”をぜひ味わってほしい。


ちゃんちき堂
http://www.chanchikido.jp/

(写真:藤原慶

.HYAKKEI編集部 武石 綾子

新しいアウトドア仲間やまだ見ぬ自然体験に出会うお手伝いをします!

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

もっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

New Posts

最新の記事

もっと見る

特集

特集・連載コンテンツ

もっと見る

トピック一覧

トピックから記事をさがす

もっと見る
この記事を書いた人

.HYAKKEI編集部 武石 綾子

.HYAKKEIコミュニティマネージャー。.HYAKKEI大学運営。富士山の麓で生まれ育ち、富士登山をきっかけに山にはまる(最近はキャンプより)。一番好きな登山シーズンは冬。雪山仲間募集中。

関連トピック

トピックから記事を探す

▲TOPへ